ブログトップ

旅行・映画ライター前原利行の徒然日記

mahaera.exblog.jp

<   2013年 05月 ( 6 )   > この月の画像一覧

最新映画レビュー『三姉妹〜雲南の子』 地の果てのような雲南の村で、ただひたすら生きる子供たち

三姉妹〜雲南の子

2012年/フランス、香港

監督・撮影・編集:ワン・ビン(『無言歌』)
配給:ムヴィオラ
公開:5月25日よりシアター・イメージフォーラム他、全国
上映時間:153分
公式HP:www.moviola.jp/sanshimai


びゅうびゅうと風が鳴る丘の上にその村はある。
インイン(10歳)、チェンチェン(6歳)、
フェンフェン(4歳)の3姉妹が簡素な家で暮らしていた。
母は大分前に家を出て行方不明、父親は町に出稼ぎに行っていない。
村には伯母さんの家族やおじいさんがいるので、
家畜の世話をしたり畑仕事を手伝ったりして、
食事を分けてもらっている。しかし基本的には、
インインが母親代わりになり、この家で3人だけで暮らしている。
ある日、父親が町から戻ってくる。3人に笑顔が浮かぶが、
まもなく父親は町へ再び行くことになる。経済的な理由から、
連れて行けるのは下の2人だけだ。
インインは村に残され、ひとり父親の帰りを待つ。

世界のあちこちを旅していると、
時おりかなり辺鄙な場所を通り抜けて行く。
たとえば峠の上の小さな村。町の生活とは無縁そうな、
粗末な家に暮らす人たちを通りすがりに見ていると、
そこからいろいろな想いがよぎる。あの人たちは、
ふだんどんな生活を送っているのだろうか。
この『三姉妹〜雲南の子』を観て、
初めて雲南に行った20年近く前を思い出した。
あの頃でさえ僕が通ったのは、山道とはいえバスが通る道だ。
この映画に出てくる荒涼とした3200mの高地より、
まだ下界に近かったろう。

この映画を観て思い出したのは、タル・ベーラ監督の
『ニーチェの馬』
だ。あれはドラマだが、
このドキュメンタリーとよく似た空気だ。
この『三姉妹』はカラーだが、撮影が冬場ということも
あるのだろうが、この世界には色がない。
人はそこでは、ただ生きるのが精一杯だ。
画面に映る農家では多くの家畜を飼っている。
ブタ、ヤギ、ヒツジ、ニワトリ、アヒル、ロバ、ウマ、
ウシ、イヌ、ネコ…。
そしてそれらの動物に混じって、人が生きている

カメラはまるでずっと前からそこにあったかのように、
彼女たちの日常を映し出す。
逆光で映し出される、家屋の中の湯気が美しい
すばらしい報道写真を見ているかのようだ。
生きて行くという行為が、ただ淡々と映し出されて行く
とはいえ、その姿が悲惨というわけではない。
もしこの姉妹たちが暮らすのが都会だったら、
そう感じるかもしれない。しかしこの村では、
誰もが同じ環境なのだ。だから、姉妹たちも、村人たちも、
淡々と日々の生活をこなして行く。
バブルで浮かれ騒ぐ中国の都市部の生活は、
彼らにとってはまるでSFの世界かもしれない。

“ひとりっ子政策”が進められている中国で、
女の子ばかりの3人というのは、
ほとんど見捨てられた状態なのかもしれない。
農村で後継ぎがいない状態というのもどうなのだろう。
映画はまったく説明を排しているので、想像するしかない。
世界に見捨てられたような村で、さらに必要とされない子供たち。
しかし彼女たちは、ギリギリで生きてはいるものの、
子供ながらのポジティブさは失ってない
そして生きることに何の疑いを持つこともないだろう。
ただ、長女のインインの10歳にして孤独な表情は、
強い印象を残した。
2時間半の上映時間中、この子供たちの家で
ホームステイしていたかのような体験をした。

その存在感は、並の映画を軽く凌駕している。
(★★★☆)

■関連情報
本作は、2012年ベネチア国際映画祭のオリゾンティ部門のグランプリを受賞。また、2012年ナント三大陸映画祭でもグランプリと観客賞を受賞している。
[PR]
by mahaera | 2013-05-30 01:39 | 映画のはなし | Comments(0)

最新映画レビュー『イノセント・ガーデン』 一流キャストで描く『オールド・ボーイ』の監督の米デビュー作

イノセント・ガーデン

2012年/アメリカ

監督:パク・チャヌク
出演:ミア・ワシコウスカ、マシュー・グード、ニコール・キッドマン、ジャッキー・ウィーヴァー
配給:20世紀フォックス映画
公開:5月31日よりTOHOシネマズシャンテ


『JSA』『オールド・ボーイ』など
韓国を代表する監督パク・チャヌク
本作は彼のハリウッドデビュー作にあたる、
サスペンス・ミステリーだ。
決して好きな作風ではないが(『渇き』など)、
妙に心に引っかかるし、インパクト大の映像だ。
でも、“痛い”シーンは勘弁してくれ

18歳の誕生日の日、インディアの父が不審な死を遂げた。
広い庭を持つ屋敷に住むインディア・ストーカーは、
繊細で五感が鋭く、家でも学校でも孤立している少女だ。
母のエヴィとは幼い頃から心が通わず、
唯一の理解者であった父が死んでしまったのだ。
父の葬儀の日、長年行方不明だった叔父のチャーリーが突然現れる。
チャーリーはそのままストーカー家に泊まるようになるが、
その日から周辺の人々が姿を消すようになる。
チャーリーの目的は? 
そしてインディア自身に隠された秘密は?

ハリウッドで注目されたというこの脚本を執筆したのは、
TVシリーズ「プリズン・ブレイク」の主人公
マイケル役で知られるウェントワース・ミラーだ。
えっ、あの人がこんな脚本をと意外な感もある。
ただ、この作品、監督によりだいぶタッチが変わったと思う。
たとえば、父の死と入れ替わりに現れた叔父は、
多才で教養があり、魅力的だが、どこか謎めいている。
ヒッチコックの『疑惑の影』を彷彿させる設定で、
そんな感じに描くこともできたと思う。
ちなみに叔父の正体は、途中であっさり明かされるので、
謎というほどのことでもない。

しかしそうしたサスペンスより、たとえば『モールス』のような
緊張感あふれるスタイルになったのは、
チャヌク監督の緻密な演出のおかげだろう。
ミステリアスな主人公インディアを
『アリス・イン・ワンダーランド』のミア・ワシコウスカが、
母親にニコール・キッドマン、出番は少ないが
アカデミー助演女優賞候補にもなっているジャッキー・ウィーヴァー
ベテランを配して紡ぎ出される俳優たちの演技はテンションが高い。

ミア・ワシコウスカ演じるインディアの中性的なイメージが、
観客の推理のミスリードを生み、意外な結末へと向かって行く。
「花は自分の色を選べない」
残酷で切ないラスト。
『白い家の少女』とか思い出した。
よくできた映画だと思うが、やっぱり好きなタイプの映画ではないなあ
チャヌク映画、2度観たことないもの。
(★★★)
[PR]
by mahaera | 2013-05-24 10:56 | 映画のはなし | Comments(0)

『ポール・マッカートニー&ウイングス/ロックショウ』を六本木で数十年ぶりに観る

泣いた!
昨夜、仕事をさぼって昨夜六本木へ(笑)
『ポール・マッカートニー&ウイングス/ロックショウ』を観に行った。
平日夜なんでガラ空きかと思って5分前にいったら、
もう最前列ぐらいしか空いてないほぼ満席。
そして場内を埋め尽くすビール片手のオヤジども(若干のおばはん)。

上映前に、今のポールのメッセージが入る。
老けたポール。でも観客はみな自分に語りかけられている
ように温かく聴いている。
続いて本編が始まった。
「ヴィーナス&マース」が流れた途端、
観客全員が公開時の30年前の少年少女に戻った。

リストアされた映像を大画面で見ると、
以前わからなかったことがいろいろわかってくる。
ひとつの曲中でいくつかの会場の絵をつないでいる。
あと大画面なので、会場やセッティングのディテールもよくわかる。
そしてどの楽器よりもデカいポールのベースの音が身体に響いてくる。
「ヴィーナス&マース〜ロックショウ〜ジェット」
と黄金の展開。ポールのベースがブンブンいう。
「レット・ミー・ロール・イット」は最近はポールは
ギターを弾いている印象があるが、ここではベース!
続いてデニーの「遥か昔のエジプト精神」ってどんなタイトルだ。
で、人のバックに回ったときのポールがまた、
いいベース弾くんだ。続いてジミーの「メディスン・ジャー」
デニーはキーボード。
この申し分のない流れから、ポールがピアノへ行き、
「メイビー・アイ・アメイズド」
恋することのもどかしさ」そして「ハートのささやき」と
何度も日本語タイトルが変わった
が、名曲中の名曲。
この曲だけ、昔バンドでやったことがあるが、
100点満点の曲だと思う。
涙。
ここからしばらくポールがピアノを弾く曲が続く。
「コール・ミー・バック・アゲイン」「レディ・マドンナ」
「ザ・ロング・アンド・ワインディングロード」
「007/死ぬのは奴らだ」。
その次がアコーステイックコーナー。
このあたりで、ビール飲みすぎたおじさんたち、トイレに行き始める。
いや、ビール追加かも。僕もがっつり飲んでいる。
ゆったりとした「ピカソの遺言」からメドレーで
ポール・サイモンの「リチャード・コリー」。
唯一のカバー曲だけど、なんでこの曲選んだのだろう。
「ブルーバード」は原曲よりキーをあげているみたい。
「12年前の曲だけど」と言って始めたのが(ライブは76年)、
「夢の人」
この曲、このウイングスのライブで大好きになった曲だ。
続いて「ブラックバード」
こちらは原曲よりキーを落としているみたい。
ちゃんと2フィンガーで弾いているのがよくわかる。
「イエスタデイ」は、耳タコになってしまったが、
このライブを聴いた時は、それだけでうれしかった。
今回よく聴くと、オリジナルの弦楽四重奏を、
ホーンの四重奏にアレンジしてやっている。いやはや。

この後でバンド形式に戻り、「幸せのアンサー」に。
こういうタイプの曲、「ハニー・パイ」もそうだけど。
ポール節前回! やっぱりすばらしい。
ビートルズでもやっていそうな曲だ。
続いてポールがエレピに移り、「磁石屋とチタン男」
リズムを刻み出す。
「磁石屋とチタン男」って当時は何のこっちゃと思ったけど、
今じゃわかる。マーベルコミックの悪役キャラのことなだね。
ちなみに「磁石屋」は「Xメン」のマグニートーのことだ。
とほほ。
そしてデニーのムーディー・ブルース時代のヒット曲「ゴー・ナウ」。
いい曲だなあと当時から思っていた。
ポール再びピアノに向かい「マイ・ラブ」「あの娘におせっかい」
デニーの弾くベースもいい。とにかくデニーとジミーがベースを弾いても、
全員マッカートニー化している。あ、この曲も昔やったなあ。
「幸せのノック」の後はデニーの「やすらぎの時」
ああ、こんな曲あったなあって、もう何十年も忘れていた。
懐かしい。。。。
そして大名曲「心のラブソング」。もう感涙。。。
ちょうどロックを聴き始めた頃、ラジオでよくかかかっていた。
シンプルな曲がら聴くたびに、すばらしいと思える。
100点満点の曲。
3つの違うメロを重ねるサビに、すごいって思ったもんだ。
そして、もうロック史上最高の部類に入るグルーヴィーな
ベースが聴ける。
続く「愛の証し」。あまり聴かなかった曲なので懐かしさ全開。
いい曲だな。。
もう書くのが疲れて来たが(笑)、
「ワインカラーの少女」「バンド・オン・ザ・ラン」で本編終了。
会場のオヤジたちが、ワイワイ言い始める。
そして「ハイ・ハイ・ハイ」〜「ソイリー」の怒濤のアンコール
「ソイリー」最髙!
久しぶりに聴いたが、実にいい曲だ。
ペースラインが、ドリフ、あるいはボンジョビのあの曲みたいだけど。。
ハードロック!
エンドクレジットが流れ、場内に拍手が巻き起こった。
仕事はさぼっても取り返しがつくけど、
本作はもしかしたら劇場公開は僕の人生最後かもしれない。
観に行かずにいて、後悔しなくて良かった。
[PR]
by mahaera | 2013-05-22 00:22 | 音楽CD、ライブ、映画紹介 | Comments(0)

新作映画レビュー『G.I.ジョー バック2リベンジ』キャスト一新して、ギャラを抑えた大人の事情が。。

G.I.ジョー バック2リベン

2013年/アメリカ

監督:ジョン・チュウ
出演:ブルース・ウィリス、イ・ビョンホン、ドウェイン・ジョンソン、エイドリアン・パリッキ、チャニング・テイタム
配給:パラマウント ピクチャーズ ジャパン
公開:6月8日より全国


G.Iジョー2を見ることになったので予習で前作観たら、
中身はないけどスピーディーだけど大人向きの演出で
意外と面白かった。まあ、監督は「ハムナプトラ」の人で、
よくある展開を今風に大人も楽しめるようによく作っていた。
銃器アクションとSFコミックのバランスも悪くないし。
ただ、脇役がわりと豪華で個性的な俳優を揃えているのに、
肝心の主人公たちのキャラが弱いのが難と言えば難。

大統領によりG.I.ジョー抹殺の命が告げられた。
実は大統領は、世界征服を狙うテロ組織“コブラ”の
一員にすり替わっていたのだ。たG.I.ジョーは数人を残して壊滅する。
一方、コブラの暗殺者ストームシャドーにより、
コブラの最高司令官コブラコマンダーが脱出。
コブラは世界征服に向けて動き出す。
突然の攻撃を受け、生き残ったG.I.ジョーたちが
助けを求めに行ったのは、伝説の司令官で
“初代ジョー”のジョー・コルトンだった。。。

さて、今回の「ジョー」だがその1のキャストはほぼ出ない
監督も脚本家も変わり、何か「大人の事情」を強く感じさせる。
前作の主要キャラはほぼ死んだか触れられず、
いちおう前作の主人公チャニング・テイタムは本作の最初から
引き続き主人公ぽく登場しますが、
始まって20分ぐらいで死亡してしまいます。。。

おいおい。

最初の20分はアクションもあるが、
本作で初登場となるドウエィン・ジョンソンと
テイタムとの友情が描かれ、主役の交替を観客に納得させるため。
前作のあと、ここ数年の間にテイタムのギャラが上がったため、
殺してしまったのかと邪推したくもなる。
いや別にテイタムがいいとは思わないんだが、
そりゃあ、ないでしょ。まるで
『エグゼクティブ・ディシジョン』を見た時のようなショックだ。

引き続き登場は、レイ・パーク(ダースモールの人)扮する
スネークアイズですが、マスクを被っているしセリフないので、

それにねえ、ネタバレというか最初のほうなので書いてもいいが、
前作の悪役の親玉デストロは、本作の冒頭で
幽閉カプセルから出されることなく、
コブラコマンダーに「お前はもう用済みだ」と見捨てられる
ので
出番無し。これもおいおい。
前作ラストで、クリストファー・エクルストンが
いきなり顔にやけどしてマスク被せられて
「お前はデストロだ〜」って
ほとんど意味不明だったけど、その伏線もばっさり切り捨て。
ちなみに、コブラコマンダー、
前作はジョゼフ・ゴードン・レヴィットだけど、
今回はずっとマスクなので、他人が演じている。
これもここ数年で、彼のギャラが高騰したため?

また、話もぐっと幼稚になってしまって、
マスクを被ったコブラコマンダーの目的が「世界征服」(笑)
いまどきショッカーじゃないのだから。。。
それも裏で政府を動かすとかじゃなくて、
堂々とホワイトハウスにコブラの旗を立てたりして、
とほほ。。コブラの戦闘員もほぼショッカーみたいだし。

もっとも、ビョンホンのおかげか、映画は大ヒットしているらしい。
(海外がアメリカの2倍)。
第3弾も決まった。
今まで「アイアンマン」や「ソー」など
マーベルもので稼いでいたパラマウントだが、
それをすべてディズニーに持っていかれたいま、
なんとか「スタトレ」と並ぶ人気シリーズにしたいのだろう。

もっとも、ビョンホンのハリウッド次作は、ディズニーの
『RED2』(笑)
そうそう、ウィリスの出演シーンは全部足しても10分ぐらい。
たぶん、拘束4日間ぐらいの仕事です(笑)
ウィリスもきっと、自分を安売りしているんだろうなあ、
ちなみに2012年米国公開作品では6本、2013年は5本の
作品に出ている。それまでは年2本ぐらいだったのに。
(★★)
[PR]
by mahaera | 2013-05-14 01:24 | 映画のはなし | Comments(0)

最新映画レビュー『オブリビオン』ディック的世界をT・クルーズ主演のビッグバジェットで描く

オブリビオン
Oblivion
2013年/アメリカ

監督:ジョゼフ・コシンスキー
出演:トム・クルーズ、オルガ・キュリレンコ、モーガン・フリーマン
配給:東宝東和
公開:5月31日より全国


映画のタイトル「オブリビオン(忘却)」
表されているように、本作はSF映画であると共に、
記憶を失った男の、アイデンティティ探しの物語でもある。

2077年、地球は“スカブ”と呼ばれるエイリアンによって壊滅した。
侵略者は撃退したものの、自然災害や核戦争により地球は荒廃し、
人類は他の惑星へ移住を果していた。
荒廃した地球に残っているのは、高度1000mの管制塔に
勤務するジャックとその妻ヴィクトリアだけだった。
彼らの任務は地球から残された資源を集める機械と、
無人偵察機を管理すること。
機密保持のために、記憶を消されて送り込まれた2人だが、
ジャックは毎夜、見知らぬひとりの女性の夢を見ていた。
勤務期間終了まであと2週間に迫ったとき、
パトロール中にジャックは地下に潜むスカブの攻撃を受ける。
しかしなぜかスカブたちはジャックを生け捕りにしようとしていた。
数日後、地球に宇宙船の救助カプセルが墜落。
その中に眠っていた女性は、
ジャックが毎夜夢に見ていた女性だった。。。

映画の中盤までは、登場人物はジャックとそのパートナーである
ヴィクトリアのみ。無人の地球で、時おり“スカブ”の
攻撃を受けたりして故障した偵察機の修理をしているジャック。
自分の任務に関して何の不満も疑問もなく、
宇宙空間にある母船との交信だけが外界とのつながり。
記憶を消されたはずのジャックだが、夢の中にはいつも
同じ女性が登場する。しかも場面は
生まれていないはずの壊滅前のニューヨーク、
エンパイアステートビルの屋上だ。

出だしはいくつかの謎が散りばめられていても、
荒廃した地球をSFXで見せてくれるスペクタクル
注意を引かれて、主人公ジャックと同様に
映画を観ている私たちもさほど疑問には感じない。
それが変わるのは、中盤、“スカブ”たちの誘導電波により、
宇宙船の救命ボートが地球に落下するところから。
救助カプセルの中には、ジャックが毎夜夢見る女性が。
そして、彼女はジャックのことを知っているようだ。

勘のいい人なら、このあたりで謎の答えに気づくだろうが、
映画はさまざまな展開を用意し、観客の気をそらして、
答えを後半まで先延ばしして行く。
そして、私たちは後半になり、この映画は
“自分はいったい何者なのか”という
フィリップ・K・ディック的世界の映画化であることに気づく。
ディックの映画化で有名なのは『ブレードランナー』だが、
監督のリドリー・スコットは原作を全く読んでなかったので、
あまりディック的な感じはそこにはない。
主人公のハリソン・フォードも
自分自身について悩むキャラにはみえない。
むしろ『トータルリコール(追憶売ります)』
『スクリーマーズ(変種二号)』
『クローン(にせもの)』
『ペイチェック消された記憶(報酬)』
や、ディック作品ではないが『マトリックス』の1作目、
『月に囚われた男』などにその影響を感じる。
そういえば、クルーズが前に出た
SF『マイノリティ・リポート』もディックが原作だった。

トム・クルーズ主演ということで、抵抗がある人もいるだろうが、
それを抜きにして考えれば、内容はかなりハードなSF。
むしろ彼が出ることにより予算が増えたことで、
スケール感が出るCGや、未来のメカなどの
造形デザインがかなりお金をかけて凝ったものになり、
そちらも楽しめるようになっている。
悲しくも希望の持てる結末は、なかなか僕好みでもある。

人類がいなくなる前に建てられた小屋で
クルーズが針を落とすアナログレコード。
何の曲がかかるのかなと思っていたら。
レッド・ツェッペン「ランブルオン」
プロコルハルム「蒼い影」
という選曲でした。なぜ?
(★★★☆)
[PR]
by mahaera | 2013-05-09 11:10 | 映画のはなし | Comments(0)

GW中はどう過ごしたか

連休の真ん中に3日間、ふつうの日が入ってしまったためか、
今年はあまり連休って感じはしなかったかな。
途中、仕事をしていた日もあったりして。
自分のために遊んだ日は、前半に1日、後半に1日しか
なかったような気がする。

天気が良く、けっこう暖かかったのに、
遠出ができなくて残念だった。
個人的にはなんか落ちつかなかった連休だった。
仕事、一段落したと思ったけど、
全然ヒマになっていないし。

そういえば5/4に吉祥寺で行われた
成蹊大学AMPのOBイベントに行ってきた。
これはロック系のバンドサークルで、
僕が在学していたときのひとつふたつ上の先輩たちが
中心になって、バンド演奏をすると言うもの。
できれば出演したかったが、
現在、バンド浪人の身なので、今回は見る側に回った。
なんか、みんな元気で演奏しているだけで、
ありがたいと思うよ。この歳になると。
大学の頃のように必死じゃないけど、
余裕を持って音楽に向き合っているのがわかるし。

久しぶりに会えた人たちもいて、
楽しい時間を過ごせた。
[PR]
by mahaera | 2013-05-07 01:41 | 日常のはなし | Comments(0)