「ほっ」と。キャンペーン
ブログトップ

旅行・映画ライター前原利行の徒然日記

mahaera.exblog.jp

<   2013年 08月 ( 17 )   > この月の画像一覧

新作映画レビュー『マン・オブ・スティール』ハイスピードが売りのノーラン版だが、アクションは食傷気味

マン・オブ・スティール
2013年/アメリカ

監督:ザック・スナイダー
出演:ヘンリー・カビル、エイミー・アダムス、マイケル・シャノン、ケビン・コスナー、ダイアン・レイン、ラッセル・クロウ
配給:ワーナー・ブラザース映画
公開:8月30日より新宿ピカデリー他


世界各国で初登場1位を記録した本作は、
アクションに次ぐアクション、まさにクライマックスの連続だ。
観客がすでに知っている幼少時代の話は
回想シーンにして、映画の前半からスーパーマンが活躍する
などダレさせない工夫も見られる。
すでに成人しているスーパーマンが、過去を回想するのだ。

地球から遠く離れた惑星クリプトン。
高度な文明を誇っていたが、滅びの日を予期し、
科学者のジョー=エルは生まれたばかりの息子カルに
未来を託して地球へと送り出すが、
直後に反乱を起こしたゾッド将軍により命を落としてしまう。
カルは農場を営んでいるケント夫妻に
クラークと名付けられて育てられるが、
驚異的な力を持つ自分に悩むようになる。
やがて青年となったクラークは、
北極の氷下に埋まっていたクリプトンの宇宙船を見つけ、
そこで自分の出生の秘密と使命を知ることに。
しかし、その結果、ゾッド将軍たちを
地球に呼び寄せてしまうことになる。

これまでに幾度となく映画化されてきた“スーパーマン”。
しかしその再映画化の道のりは長い間難航していた。
それを今回実現させたのがクリストファー・ノーラン
今回、ノーランは製作と脚本に回り、監督を担当したのは
『ウォッチメン』のザック・スナイダー
アメコミの映画化で成功している2人の組合わせによる
“新スーパーマン”に期待が集まらない訳がないだろう。
ノーラン版のバッドマンはさほど感心していない僕だが、
『ウォッチメン』はかなりはまってしまったので。。

で、結論から言うと、ドラマ部分が浅い!
「スタトレ」新作もそうなんだが、アクション多すぎで、
もう途中で疲れてしまう。
ヘビメタ聴いていると眠くなってくるのと同じ効果で、
ある程度の尺があるものはメリハリが大事。
それを飽きさせないように、ドラマ部分を回想シーンにして
アクションのつなぎとしてやっているんだが、
90分ぐらいの作品ならまあいいが、、、
おかげで、最後のゾッド将軍との戦いも、
「長いなー」と思いながら見てしまった
ビル群の破壊のシーンも、もういいかげん見飽きてしまったし。
マイケル・シャノンのゾッド将軍はいい感じだけど、
ラッセル・クロウ死んでからも出過ぎとか、
エイミー・アダムズでいいのか、
主演は若いクセにオッサン顔だなーとか。
スーパーマンの葛藤も薄っぺらいしね。
次回は、もちっとドラマを見せてね。

★★☆
[PR]
by mahaera | 2013-08-31 11:33 | 映画のはなし | Comments(0)

オリジナル・ミニアルバム CD『Maha-era Volume One』発売中!

告知です。

b0177242_0574364.jpg


3年ほど前からやっている僕のバンドMaha-eraの1stミニアルバム
『Maha-era Volume One』が完成しました。
1 バックパッカーブルース
2 重荷
3 大人になるってこと
4 恋は君のもの
5 冷たい雨が今日も
6 冬の陽だまり
の6曲入りで、収録時間は27分です。

よかったら聴いてください。定価1000円です
今の所は、手売りか、郵送による販売をしています。
mahaera@hotmail.com
または
mahaera@yahoo.co.jpに

連絡をいただければ
ゆうちょ銀行、三菱UFJ銀行、三井住友銀行の
いずれかの振込先をお知らせしますので、
1000円(郵送料込みです)ぽっきりをお振り込み、
送付先をお知らせください。
メール便にて、数日以内に送付致します。

まあ、僕を知っている人しか買わないと思いますが(笑)、
お願い致します。
[PR]
by mahaera | 2013-08-29 01:05 | ぼくの音楽・バンド活動 | Comments(0)

新作映画レビュー『エンド・オブ・ウォッチ』犯罪多発地域で働く警官をドキュメンタリータッチで描く

エンド・オブ・ウォッチ
2012年/アメリカ

監督:デヴィッド・エアー
出演:ジェイク・ギレンホール、マイケル・ペーニャ、アナ・ケンドリック
配給:プレシディオ
公開:8月17日より丸の内TOEIほか にて公開中


刑事や捜査官が主人公の映画は多いが、
本作は珍しく地元住民のイザコザの処理や、
パトロールに明け暮れる制服姿の警官が主人公だ。
監督は『トレーニング・デイ』などの脚本で、
警察ものを得意とするデヴィッド・エアー。

ロサンゼルスの犯罪多発地域サウス・セントラル。
白人巡査テイラーとメキシコ系巡査ザヴァラは
今日も任務に就いていた。ふたりは警察学校からの同期で、
仕事のパートナーとしての絆も強かった。
ザヴァラの妻はもうすぐ初めての子どもを出産する予定で、
またテイラーは恋人ジャネットとつき合い始めたばかり。
危険を顧みず積極的に行動して行く彼らは、
署内でも抜群の検挙率を誇ったが、
そのためメキシコ麻薬カルテルの逆鱗に触れてしまう。

ドキュメンタリー的なリアルさを狙い、
手持ちカメラやパトカーに取り付けられた
記録カメラなどの映像を多用した
作りは、
ちょっと狙い過ぎの感もあるが。迫力は十分。
人によっては、揺れ動く画面に酔ってしまうかもしれない。
ポリス・アクションでは警察の腐敗なども描くのが定番だが、
ここではそれには触れず、シンプルに昇進を願い
真面目に働く警官コンビを描いている。
犯罪の最前線にいるような距離感が、警察に密着取材した
TVドキュメンタリーのバイオレンス版のようだ。
ジェイク・ギレンホール、マイケル・ペーニャともに
いい仕事をしていると思う。
もったいないのが、ドキュメンタリー的手法に徹しきれず、
犯罪者側の映像(撮影スタイルは同じだが)部分が、
ドラマドラマしてしまうことか。

★★★
[PR]
by mahaera | 2013-08-28 14:44 | 映画のはなし | Comments(0)

新作映画レビュー『スター・トレック イントゥ・ダークネス』映像は3DIMAXで見たいとうならせるが…

スター・トレック イントゥ・ダークネス

2013年/アメリカ

監督:J.J.エイブラムス
出演:クリス・パイン、ザッカリー・クイント、ベネディクト・カンバーバッチ、サイモン・ベッグ、ジョン・チョウ、ピーター・ウェラー
配給:パラマウント ピクチャーズ ジャパン
公開:8月23日より公開中


2009年に日本以外では大ヒットした前作
『スター・トレック』に続く、シリーズ第2弾。
監督は前作に引き続きJ.J.エイブラムスが担当。
今やアメリカでは、第2のスピルバーグと言われ、
上り調子のヒットメーカーだ。
『スターウォーズ』の新作の監督にも決まり、
同じく監督の『ミッション:インポッシブル』シリーズと、
ヒットを約束されている3つのシリーズを現在手がけている。

宇宙艦隊の支部を狙ったテロが起きた。
事態を収拾するため、サンフランシスコの
宇宙艦隊総司令部に指揮官たちが集まった。
そこを突然の銃撃が。
犯人は艦隊の将校ジョン・ハリスンだとわかるが、
その動機や目的は謎。逃走したハリスンを追い、
カーク率いるエンタープライズ号とそのチームは、
クリンゴン帝国の領土にある惑星クロノスに向かう。

第1作ではエンタープライズ号のメンバー紹介的な所があったが、
今回は2作目なので各キャラの見せ場も前作以上にしっかり。
「シリーズ物はたいてい2作目が面白い」のセオリーが働き、
冒頭からすぐにドラマに突入。
この夏の大作はすべて3Dだが、とくに3Dでなくてもいい作品が大半。
しかし本作のオープニング10分のシークエンスは、
3Dと大画面を生かした画面作りが周到に計算され、
「もうこれは3DのIMAXで見たい」と試写室でうなった。
レンタルまで待っていたら、絶対後悔するね。

さて、ストーリーは前作から続くもので、
今回は謎の男“ジョン・ハリスン”との戦いが軸になっている。
主人公はもちろんカークやスポックだが、宣伝ではこの
ベネディクト・カンバーバッチ演じる敵役が大きく
クローズアップ。敵が強くて魅力的なほど、主役も引き立つと
いうセオリー
。アメリカのSFやファンタジーは、
敵役のキャラがいつも弱いのでこれは大歓迎。
そして、ジョン・ハリスンの正体は?
これは試写では「ネタバレしないで下さい」と口止めされたが、
このネットの時代、みんな書きまくっているよなー。
仕事じゃない人は、まあ、「オレ先に知っちゃっているもんね」
って感じなんだろう。もちろん僕は知らないで観たから
「じぇじぇじぇ」となりましたが。
でも、前シリーズやテレビ見ているよほどのファンじゃなきゃ
「誰、それ?」って感じだとも思うけど。

さて恋するスポックやコメディリリーフのスコッティ、
意外にきりっとした面を見せるスールーなど、
ファンにはお楽しみのシーンがあり、
申し分のない作りなんだけど、
やっぱり、僕はいつもJ.J.エイブラムスに感じる、
優等生が作ってソツない仕上がりだけど、
魂こもっていない何かを感じる。
何か、ドラマが上っ面というか。

後半の畳み掛けるドラマ、アクション、アクションも
次から次へと出されると、緩急ついてない感じ。
なんかしっとり見せるシーンがないんだよね。
良くはできているし、面白いけど、
後に全く残らないという。まあ、前作もそんな感じ。
スケール大きいようで、狭い登場人物の中で完結しているし。
見る価値はあるし、新作ができたらきっと見るけど、
愛着はわかないかも。

★★★
[PR]
by mahaera | 2013-08-27 10:57 | 映画のはなし | Comments(0)

「昆虫アート展」開催中 9/1まで神楽坂の光鱗亭ギャラリーにて

本日が初日の「昆虫アート展」のようすです。神楽坂でやっていますので、お近くに来たらどうぞ。無料です。
http://www.kagurazaka-kourintei.com/

b0177242_1554135.jpg
b0177242_15534963.jpg

[PR]
by mahaera | 2013-08-24 15:54 | ムシや自然のはなし | Comments(0)

新作映画レビュー『ムービー43』有名スターたちが下品なネタのコントに出演。役者根性に頭が下がる

ムービー43
Movie 43
2012年/アメリカ

監督:ピーター・ファレリー、ブレット・ラトナー、グリフィン・ダン、ジェームズ・ガン、他
出演:ハル・ベリー、ジェラルド・バトラー、リチャード・ギア、ヒュー・ジャックマン、クロエ・グレース・モリッツ、ケイト・ウィンスレット、エマ・ストーン
配給:アスミック・エース
公開:8月10日よりヒューマントラストシネマ渋谷にて公開中


アメリカでは全批評家から酷評されたという
オムニバスコメディ映画。日本公開の際はその悪評を逆手にとり、
キャッチコピーを「レッツ!ドン引き」に。
しかしもう公開中だが、当たっているのかな。
んなわけないか。

基本は、各監督が一話ずつ10分程度の短編コメディをとり、
それをいちおうつながるようにする、外枠のストーリーがある。
ハリウッドのプロデューサー(グレッグ・キニア)のオフィスで、
デニス・クエイド扮する脚本家が映画企画を売り込もうとしていた。
しかしそのどれもが下ネタ満載の下品なもの。
というか、狂っているような話ばかり。

最初の話はケイト・ウィンスレット扮するキャリア・ウーマンが
成功者したビジネスマン(ヒュー・ジャックマン)と
ブラインドデートするが、彼の喉には“アレ”にしか見えない
2つの玉がぶら下がっていた。。。
しかしその2つの玉は彼女にしか見えないようだ。
で、下品でヒドいネタなんだが、出ている俳優は一流。
『ウルヴァリンSAMURAI』で稼いでいるんだから、
ヒュー・ジャックマン、自分の喉に喉ちんこぶら下げなくても。
と思うのは我々。きっと、俳優と言うものは、
自分の役者人生にまったくプラスにならない作品でも、
やりたいんだろうか。

教育熱心な夫婦(リーヴ・シュレイバーとナオミ・ワッツ)が
自分の息子に教える独自の教育とは? 
ナオミ・ワッツの母親が女子高校生のコスプレをして、
息子のファーストキスを奪う、ヒドい話。

友人の誕生日プレゼントは、
口の悪い「アイルランドのこびと妖精」だった…。
ジェラルド・バトラーに本人だとわからないような
“こびと”を演じさせることに何の意味があるのだろうか。
というか、何でバトラーはこの役をやったのか?

出会い系サイトで知り合ったカップルが始めたゲームが、
意地の張り合いで人体改造にまで発展。
ハル・ベリーがどんどん醜いメイクをほどこしていって、
もうそこまでやらなくても、というやり過ぎ感満載。
これもまず、この役をやった役者の神経を疑う。

クロエ・グレース・モリッツのジーンズのお尻を
初潮の血で真っ赤にさせたりしたコントをやらせ、
彼女に一体何のメリットがあったのか。

『メリーに首ったけ』のファレリー兄弟が作りたかったのは、
下品でナンセンスなギャグを盛り込んだ短編オムニバス。
70年代の伝説のコメディ映画『ケンタッキー・フライト・ムービー』
が念頭にあったようだが、あれはほとんど無名の俳優が出ている
低予算映画。こちらは一流俳優ばかり。しかしレベルはヒドい。
みんな息抜きをしたかったのだろうか。
俳優たちは本当に楽しんでこれらの役を引受けたのだろうか
と思って見ていると、つくづく俳優と言うものは、
どんなヒドい役でも、演じることが楽しいんだろうと
妙になっとく。これでよく有名俳優が、ヒドい作品に
出ている訳がよくわかった。ヒドい作品というより、
何でこんな役を、といったほうが正しいかも。

どちらかといえば、レンタルで借り
話が分かる友人たちと酒でも飲みながら、
「ひどい!」と言いながらみるのが一番かな。

★★☆
[PR]
by mahaera | 2013-08-24 01:48 | 映画のはなし | Comments(0)

昆虫アート展 明日から開催! 神楽坂・光鱗亭ギャラリーにて

現在、明日からの昆虫アート展の準備中。

b0177242_17515041.jpg


くぼやまさんの「偽昆虫」です。実物は来てご覧下さい!

b0177242_1752956.jpg


http://www.kagurazaka-kourintei.com/

b0177242_17523387.jpg


これはガラスで昆虫を作る、角田さんの作品。見事としかいいようのないできばえ。

b0177242_17532384.jpg

[PR]
by mahaera | 2013-08-23 17:54 | ムシや自然のはなし | Comments(0)

昆虫好きなら、是非いらしてください。週末の8月23日から9月1日まで昆虫アート展開催!

帰国しました。

今週末から来週にかけては、東京・神楽坂の光鱗亭ギャラリーで行われる、
「昆虫アート展」のため、ギャラリーに月曜日を除き毎日行っていると思います。
よろしかったら、お寄りください。
入場務料です。

b0177242_11274271.jpg


昆虫写真家ムシメセンさんによる、トークイベントも行います。
ぜひ、あわせてお越し下さい。

b0177242_11283262.jpg

[PR]
by mahaera | 2013-08-22 11:32 | ムシや自然のはなし | Comments(0)

ジャワ島のマランから 2013年8月18〜19日

Facebookに掲載しているものをまとめて、アップしています。
ネット事情が悪いので、数日おきです。

8月18日
b0177242_9411231.jpg

日本でも終戦記念日前後は、いろいろと戦争関係の番組が放映されているのだろう。僕はここインドネシアのマランで独立記念日を迎えたが、日本の敗戦はこの国に取って新しい歴史の始まりだ。その2日後、独立宣言が発布され、オランダからの独立戦争が始まるのだから。
さて、新しくできた「マラン市の歴史博物館」的なところに行って来た。ちょうど、日本の占領時代のところの展示を手直ししているところみたいで、人形のジオラマの中にはしごがある。

b0177242_9413537.jpg

壁に展示してある雑誌の表紙を眺めているうちに、時間がたってしまう。「日本から来たの! ほら、ちょうど日本の展示だよ」と館員の若者が屈託なく話しかけてくる。「歴史の一部」としてこうして壁に貼付けられてしまうと、彼にとっては、日本の占領時代も、そのあとの独立戦争も、昔のマジャパヒト王国時代も同じようなのだろう。

8月19日
b0177242_9421917.jpg

ジャワの街で見かけた日本語シリーズ。バスの側面にあるこれ、たぶん映画の一場面じゃないかな。前にも、バイク屋で「YAKUZA」というのを見かけたことがあり、きっとカッコいいんだろうね。で、ヤクザといえば入れ墨と日本刀なんだろう。

b0177242_9432698.jpg

昨夜はインドネシア最後の夜、ということでお隣の高級ホテル、トゥグ・マランで夕食。でも洋食でなければ、意外にそんなには高くはない。

b0177242_9435961.jpg

何気なく買ったポテチの絵がのり巻き。寿司味かと思ったら、海苔風味というだけだった。それを説明するのにのり巻きが一番わかりやすいのか。
さきほどマラン市内の軍事博物館で、京都大学のサイクリング部の人たちにあう。8人でジャワ島を走っているんだとか。

さて、今夜の夜便で日本へ戻ります。明け方は寒いぐらいのジャワから帰ると、東京のほうがものすごく暑くて寝苦しいんだろうなあ。帰ったらすぐに「昆虫アート展」やります。観に来てください!
[PR]
by mahaera | 2013-08-21 09:45 | 海外でのはなし | Comments(0)

ジャワ島のジョグジャカルタからマランへ 2013年8月16〜18日

Facebookに掲載しているものをまとめて、アップしています。
ネット事情が悪いので、数日おきです。

8月16日
b0177242_20403086.jpg

ジョグジャカルタを夜行列車で出る前の最後の夕食は、トリップアドバイザーで1位ののクスマ・レストランへ。調べると宿から歩いて5〜6分のところで、何度か前を通り過ぎていたが、ガイドブックライターのくせにノーチェックだったのが恥ずかしい。旧家を利用したガーデンレストランだが、そんなに広くないので、僕の後から来た人たちは予約なしだとみな断られていた。裏道のこんなところにも、ちゃんと日本人観光客が来ていてすごい。料理は上品なインドネシア料理で、ソースもコクがあり、外国人の口にも合う。オーナーはフランス人のオリバーさんで、客席を回ってきめ細やかにチェックしていた。なかなか感じのいいところで、また行きたくなりました。
b0177242_2041817.jpg

料理はタイのフィレ。ビールと合わせて1200円程度。

8月18日
b0177242_20422122.jpg

ジョグジャから夜行列車で移動。昨日の朝、マランに到着。たった標高400mなのにかなり涼しく感じる。昨日はインドネシアの独立記念日だったので、駅から歩いてホテルへ行くと、目の前の市庁舎で記念式典が。
b0177242_20425484.jpg

通行止めの広場をバックパック背負って歩くの、目立って恥ずかしかったです。ホテルに着いたらひと眠りしようと思っていたけど、目の前で式典やっているのでベランダから鑑賞。

b0177242_20431941.jpg

日本にいるとなかなかじっくりと小説を読む機会がない。だから今でも旅に出る時は必ず文庫本を持って行く。i podやPCを持って行くようになって、読書量は格段に落ちたが、交通機関の遅れの時は読書が一番。と言う訳で、パガンダラン→ジョグジャカルタ→マランの移動で、『ミレニアム1 ドラゴン・タトゥーの女』上下を読み終わる。映画は先に見ていたが、映画はかなり原作に忠実だったことがわかる。長い小説を2時間に縮めるのは大変だが、それほどエピソードを刈り込んだ気がしないのは、脚本が良かったのかな。映画でもちょっと冗漫に感じた、クライマックス後のシーンはこちらのほうが長いし。それでも小説のほうが面白く感じたのは、主人公のミカエルのキャラが、映画のダニエル・クレイグと大違いだから。映画だと“007弱すぎ”と感じたが、小説では柔和なキャラで、男性嫌いのリスベット(ドラゴン・タトゥーの女)が警戒しないようなオッサンなのだ。
[PR]
by mahaera | 2013-08-18 20:44 | 海外でのはなし | Comments(1)