ブログトップ

旅行・映画ライター前原利行の徒然日記

mahaera.exblog.jp

<   2013年 09月 ( 7 )   > この月の画像一覧

最新映画レビュー『ウォーム・ボディーズ』ゾンビが主人公のラブコメがあってもいい!

ウォーム・ボディーズ
Warm Bodies
2013年/アメリカ

監督:ジョナサン・レヴィン
出演:ニコラス・ホルト、テリーサ・パーマー、デイヴ・フランコ、アナリー・ティプトン、ジョン・マルコヴィッチ
配給:アスミック・エース
公開:9月21日よりシネクイント、新宿武蔵野館


バンパイア映画に比べると、男子度が高いのがゾンビ。
そりゃ、イケメンゾンビっていないよね。
超人的パワーもないし、臭いし、腐ってるし。
描かれ方も、「キャラがないその他大勢」。
まとめていくらって扱われ方だから、女子に人気がない。
“バンパイアもの”が進化をとげ、
「トワイライト」シリーズのようにラブロマンス化が進む一方、
「次はゾンビだ!」とばかりに本作が作られたのかな。

人類の多くが死滅した世界。
生き残った人々は壁の中で、壁の外ではゾンビたちが暮らしていた。
青年ゾンビ“R”は、ある日人間たちのグループを襲撃する。
全員食べてしまう所、なぜか人間の女の子ジュリーに一目惚れ。
ジュリーを助け出し、自分の暮らす旅客機の中にかくまうR。
やがてジュリーも、Rの優しさに気づいていくようになる。

“汚くてイケてない”ゾンビ
本作ではそれをくつがえそうと、主人公を
“比較的”清潔感があるゾンビの青年にしている。
(草食系男子といいたいが、肉食)
バンパイアに対して「一途でカワイイ」キャラにしたのがポイントだ。
そういえば、今となっては忘れられた映画だが、
彼女がゾンビになってしまい、彼女も彼氏を食べるのを必死で
ガマンする映画があったな。『バタリアン・リターンズ』だ。
あっちが男向けに対して、本作はラブコメなんで怖いシーンは
あんまりない。そして2人の恋の解決方法も、
恋をしたことによって「死んだハートが動く」と、
さほど深刻にならないのがいい。
ホラー映画が苦手な人も、カップルも安心して観られるゾンビ映画だ。
んなわけないだろう、と突っ込みを入れる人もいるだろうが、
ゾンビ自体の存在がすでにファンタジーなんだから。
ヒロインの食われちゃう彼氏がジェームズ・フランコの弟の
デイヴ・フランコ。
まあまあ、楽しめた。
★★★
[PR]
by mahaera | 2013-09-24 00:36 | 映画のはなし | Comments(0)

最新映画レビュー『オン・ザ・ロード』J・ケルレアックの小説「路上」の映画化。成功したのかは微妙

オン・ザ・ロード
On the Road
2012年/フランス、ブラジル

監督:ウォルター・サレス
出演:ギャレット・ヘドランド、サム・ライリー、クリステン・スチュワート、キルスティン・ダンスト、ヴィゴ・モーテンセン
配給:ブロードメディア・スタジオ
公開:8月31日よりTOHOシネマズシャンテにて公開中


ジャック・ケルレアックが1957年に発表した
小説「路上/オン・ザ・ロード」は、
多くのアーティストたちに創作意欲を湧かせ、
熱病のように多くの人を熱狂させた。
特にミュージシャンにその信奉者は多く、
ボブ・ディラン、そして日本では佐野元春が代表格。

しかしビート小説の代表格にも関わらず、
映画化されたことがなかったのは、
明快なストーリーがないことが大きいだろう。
僕もこの原作を読んだのは1回だけだが、
ストーリーはハッキリ覚えていない。
しかし、ただ、ただ、その何かに急かされるような、
スピード感だけは忘れられない。
映画にする場合、その原作のスピード感を
どう生かすかも問題だ。
原作ファンはおそらく誰が監督しても
自分の「路上/オン・ザ・ロード」とは違うことに
不満を抱くだろう。

ストーリーはこんな感じだ。
1940年代後半のニューヨーク。
若き作家サルは西部から上京して来た
型破りな青年ディーンと出会い、大きな影響を受ける。
やがてサルはデンバーに戻ったディーンに会いに、
ヒッチハイクを重ねてアメリカを横断。
再会したディーンは愛し合っている女性メリールウがいるのに、
カミーユという女性とサンフランシスコで結婚するという。
サルはニューヨークへ戻るが、やって来たディーンや
メリールウと共にルイジアナへと旅に出る。
そこで彼らは作家バロウズと会う。

さて、コッポラ製作、ウォルター・サレス監督による、
この初の映画化はどうだろうか。
自由気ままな行き当たりばったりの旅を続ける青春。
その疾走感は全編にあるが、印象は原作を読んだときと大きく異なった。
本作を観て“青春の終わり”を強く感じたのだ。
原作を読んだとき、僕はこの小説の登場人物たちと同じ20代。
ただ、ただ、走りたかった。走り出したかった。
そんな気分にかられた。

それから20年以上が経った。
もう僕たちは大人になった。そしてふと気づく。
あの“路上の日々”は永遠には続かないことを。
“青春の通過儀礼”とし、いつかは“家”に戻らなければならない。
その視点は原作にもあったのだろうが、僕はまったく気づかなかった。
映画化に際し、コッポラやサレス監督はその視点を最後に放り込んだ。

主人公のサルは帰る家のある男。
だからいくらどんちゃん騒ぎをしても、
戻ったあとの生活が待っている。
そしてディーンは帰る家のない、No Direction Home。
ふたりの関係は永遠には続かない。
サルの心の中にディーンの居場所はあっても、
現実の生活の中にはない。

最後は、なんだかさっきまで新宿でみんなで騒いでいたのに、
終電を逃した友人を路上において
終電に間に合うように電車に乗るような気分。
その疲労感を狙ったのだろうが、
実はその前に眠くなってしまったんだよね。
やっぱり興味を引きつけて観るには、この展開は長過ぎ。
また登場人物が1940年代の若者に見えないという指摘があり、
それも言われてみればそんな感じ。
サレス監督なので丁寧には作っているが、パンチに欠けるのと
冗長な感じは否めないのが残念。

なぜか脇役が豪華。
ウイリアム・S・バロウズとその妻が
ヴィゴ・モーテンセンとエイミー・アダムズだし、
キルステイン・ダンスト、テレンス・ハワード
久しぶりのスティーブ・ブシェミが出ている。

★★☆
[PR]
by mahaera | 2013-09-18 02:07 | 映画のはなし | Comments(0)

最新映画レビュー『キャプテンハーロック』邦画のアニメリメイクで成功した試しがないことをまたもや実証

キャプテンハーロック

2013年/日本

監督:荒牧伸志
声の出演:小栗旬、三浦春馬、蒼井優
配給:東映
公開:9月7日より全国公開中


この記事を書く今まで、この映画を観たこさえ忘れていた。
ちまたでは、「『ガッチャマン』がひどい!」
と話題だが、なんで邦画のアニメのリメイクは昔から
失敗続きなんだろう。
お金をどぶに捨ててもいい、と思っている投資家の人たちが
たくさんいるのか。だったら映画業界て、税金対策で
お金を捨てるのにいい場所過ぎる。

たしかに出来不出来は作ってみないとわからないが、
それでも何億円とお金がかかる娯楽大作の場合、
多くの出資者がいるわけで、出資者はたぶん利益を上げたい
と思って出資している訳だから、
もっと映画の中身に、真剣に口を出したほうがいいと思う。
ハリウッド大作の場合は、それが口を出し過ぎで、
バランよくまとめられてつまらない映画になっている
というのはあるが、邦画の場合は、
「途中で誰か何とか言わなかったのかなあ」と
疑問に思う作品も多い。
比較してしまうのは乱暴かもしれないが、
太平洋戦争のときも、そんな空気だったのだろう。
いや、映画だからまだいいけど、戦争じゃ困るよね。

で、この「キャプテンハーロック」。
いちおうストーリー書いておきます。

未来。人類は宇宙の果てまで進出した人類は、
目標を失い地球へと戻り始め、
居住権を巡る“カム・ホーム”戦争を引き起こした。
それを調停するため作られた組織
「ガイア・サンクション」は、地球を聖地として立入りを禁止する。
その100年後、海賊船アルカディア号を率いて宇宙を荒らす
キャプテンハーロックがいた。
そこにガイア軍の長官イソラの実弟である
ヤマが秘密任務を受け、潜入する。

知っているようで知らないキャプテンハーロック。
でも今回はキャラを借りたオリジナルストーリーなので
まあ知らなくても問題ない。
物語は実質的な主人公であるヤマがアルカディア号に
専修する所から始まり、世界観の設定は
冒頭のナレーションですまされる。
これも「アフターアース」や「パシフィックリム」同様、
さっさと物語の中に入る手法で、問題ない。
で、本作はモーションキャプチャーアニメなのだが、
いまだに人の顔や演技をCGでやっているのに馴れない。
なんか、そこは実写でやって、CG合成すればいいのに
と思うのだが。あとはカートゥーンらしく人間も
体の比率をデフォルメすればいいんだが、妙にリアルだが
人間ではないので、どうも感情移入できない。

で、込み入ったスートーリーがあるのだが、
もっとシンプルにして良かったのでは?

それと、元ネタが「パイレーツ・オブ・カリビアン」という
のも、わかりすぎ。
「不死の身体を持つ呪われた海賊」
じゃあ、ふつうの人間の他の乗り組み委員たちは?
と突っ込みを入れたくなるが。
エンディングもママ、「パイレーツ・オブ・カリビアン」。。

暗い画面の中での戦闘、
宇宙規模の戦いが兄弟ゲンカと三角関係に集約
一貫性のないキャラクターと
途中からどんどんどうでもよくなってしまい、
「こんな話をファンは期待していたのだろうか」
とファンでもない僕が心配になる。
いろいろあるだろうけど、「スタートレック」とか、
ちゃんと周囲の突っ込みを取り入れて、
整合性のある作りをしていると思うよ。

声優については、とくに問題はない。
これは脚本の問題だと思う。。


[PR]
by mahaera | 2013-09-12 09:43 | 映画のはなし | Comments(0)

9.5 ZEP TOKYO DIVER CITYに斉藤和義とレキシを観に行く

9.5 斉藤和義、レキシ(ZEP TOKYO DIVER CITYに)

初めて行ったZEP TOKYO DIVER CITY。
息子とお台場ガンダム見ながら、ライブ会場へ。
斉藤和義とレキシだが、最初に出たレキシのほうが
明らかにオーディエンスを乗せて盛り上がっていた。

後ろから見ていると客のノリ具合がよくわかる。
レキシの池ちゃんの盛り上げ方を見ていると、
昔よく行ったダディ竹千代&東京おとぼけCAT'Sのライブを思い出した。
レキシのCD聴いた時はあまり面白いとは思わなかったが、
ライブだとちょうどいい感じ。
ファンクなんで1曲10分以上やってちょうどいい。

それと対照的なのが、斉藤和義。
とっても地味なのだ。
ただ黙々と曲を演奏していて、
ロックスターっぽいあおりとかもない。
奥田民生とかもそうだけど(笑)
後ろから見ると、盛り上がっているのは前のほうだけ。
でも、まあ後ろのほうの人たちも退屈している訳ではなく、
曲を「聴く」って感じなんだろうけど。
でも何となく、ステージ上の斉藤は
斉藤自身も居心地が悪いような感じだった。

しかし立ちっぱなしのライブは疲れるなあ。
[PR]
by mahaera | 2013-09-11 08:54 | 音楽CD、ライブ、映画紹介 | Comments(0)

8.26「手島いさむ50祭 ワシも半世紀」に行く

●8月26日 「手島いさむ50祭 ワシも半世紀」
昆虫アート展の合間に、武道館で行われたユニコーンの
イベントに行って来た。
メンバー(ギター)の手島いさむが、
8/25で50になることを記念してのライブイベント。
武道館は行く度に小さくなって行くなあ。
チケットはインドネシア取材中、夜にせっせかネットで
とりました。しかし最近はチケット発売、直近です。

出演は最初はユニコーンの川西(ドラム)、EBI(ベース
と手島のトリオで組んでいる「電大」
ちなみにバンド名は3人の出身大学だそうです。
小さなライブハウスだったら面白いと思うけど、
曲がいまいちかなあ。

2番目は「阿部民バンド」とあるが2人を中心としたセッション。
1曲目は奥田民生の「御免ライダー」。
民生はどこにいるのかと思ったら、ドラム叩いていた!
ギターには真心の2人。
ということで、地球三兄弟の「呼びにきたよ」もやり、
阿部のソロ曲もやり、「WAO !」もやり、
というなかなか楽しめた。やっぱりボーカルで
差がついてしまうね。「電大」には悪いけど。
01.御免ライダー
02.SUN SET SUN
03.呼びにきたよ
04.愛する人よ
05.SO SO GOOD
06.WAO!
07.おせわになりました

3番目は手島おさむバンド
「THE 世界遺産」のような壮大なギターインストに始まり、
フォークやアイドル交えてのポップとバラエティに富んだ
曲を5曲演奏していたが、逆に「なにやりたいんだろ」
と感じたことも確か。まあ、お祭りだからワザとだろうけど。
曲があまり面白くないのが、テッシーには悪いがちょっと退屈。

そして最後はお待ちかねユニコーン
再結成後、初めてみるというか、前回観たのが
「嵐のケダモノ」ツアーだから(笑)、20年ぶりぐらい?
1曲目は映画「宇宙兄弟」のテーマ曲「Feel So Moon」
ど派手に始まって、「新曲中心かな?」と思うと、次は
「ケダモノの嵐」と先が読めない展開。
01.Feel So Moon
02.ケダモノの嵐
03.裸の太陽
04.オッサンマーチ
05.WAO!
06.服部
07.オールウェイズ
08.新・甘えん坊将軍~21st Century Schizoid Man
09.オレンジジュース
10.ヒゲとボイン
11.すばらしい日々

という感じで、新旧取り混ぜた選曲。
テッシーの曲中心かと思ったが、そうでもなく、
ほとんどが民生ボーカルで、EBIや川西ボーカルなし。
で、10時までに演奏終わらせなくてはならなかったみたいで、
途中で巻き入ってました(笑)
アンコールは2曲。
En1.ゴジュから男
En2.HELLO

やっぱりユニコーンは曲がいいね!
会場が一番盛り上がったのは「服部」。
個人的には「オレンジジュース」と
「HELLO」
が聴けたのがうれしかったなあ。

手島がまだまだユニコーンをやりたいのに対し、
クールな民生の姿がバンド内の温度差を感じた。
また、阿部が非常に大人しかったのも気になるな。。

ともあれ、18:30に始まり22:00に終わったイベント。
楽しみました。
またユニコーンで会いたいな。
[PR]
by mahaera | 2013-09-10 10:31 | 音楽CD、ライブ、映画紹介 | Comments(0)

ブラッドベリ「黒いカーニバル」。窪美澄「ふがいない僕は空を見た」

たまには本の話題を。

b0177242_98962.jpg
先日のインドネシア取材中に、
久々にこのブラッドベリの処女短編集を読み直した。
もし作家になるのだったら、
こんな短編が書けたらいいのにと思っていたことを思い出した。
引っ越しなどで、いまはブラットベリの本は持っていないので、
買い直そうかな。「ウは宇宙船のウ」とか。手塚治虫の短編とか、
昔のマンガでSFファンタジーっぽいのは、
絶対ブラッドベリの影響を受けている。
あと、伊藤典夫氏の翻訳も抜群。


b0177242_982991.jpg


ギャラリー仕事が終わり、
しばらくは先月のインドネシア取材のまとめで家作業。
生活のリズムを戻すため、朝の「あまちゃん」放映に
合わせて起きることに。さて、ギャラリー毎日通いの間、
読書が進む。電車の中ではやはり音楽より読書が僕向きだ。
この「ふがいない僕は空を見た」は映画で見て、
かなり強いインパクトを受けたが、この原作もすばらしい。
映画と違うのは、それぞれ主人公が異なる独立した短編が、
ひとつの世界を構成して行くという作り方。
映画オリジナルのエンディングは、今から思うと監督の優しさだったのだろう。
[PR]
by mahaera | 2013-09-09 09:11 | 読書の部屋 | Comments(0)

本日最終日、17時まで「昆虫アート展」神楽坂にて

ひつこいですが、本日終了です。
b0177242_8483292.jpg


神楽坂光鱗亭ギャラリーで行っている「昆虫アート展」。
17時までなのでいらしてください。

http://www.kagurazaka-kourintei.com

b0177242_8501350.jpg

[PR]
by mahaera | 2013-09-01 08:50 | ムシや自然のはなし | Comments(0)