「ほっ」と。キャンペーン
ブログトップ

旅行・映画ライター前原利行の徒然日記

mahaera.exblog.jp

<   2014年 05月 ( 5 )   > この月の画像一覧

最新映画レビュー『ビヨンド・ザ・エッジ 歴史を変えたエベレスト初登頂』 初登頂を描く再現ドキュメント

ビヨンド・ザ・エッジ 歴史を変えたエベレスト初登頂
Beyond the Edge
2013年/ニュージーランド

初めて世界最高峰に立った2人の男。
その登頂の過程を当時の映像と再現映像で追うドキュメント。

監督:リアン・プーリー
出演:チャド・モフィット、ソナム・シェルパ
配給:KADOKAWA
公開:6月28日より角川シネマ有楽町、ヒューマントラストシネマ渋谷にて
上映時間:91分
公式HP:tenku-itadaki.jp


インドのダージリンにある「ヒマラヤ登山学校付属博物館」
に行った事がある。そこには戦前の英国領時代からの
ヒマラヤ遠征の歴史についての展示がされ、
敷地内にはエベレスト初登頂に成功した、
チベット人シェルパのテンジン・ノルゲイ像が立っていた。
そのことをこの映画を見ていて思い出した。

世界最高峰8848mの高さにそびえるエベレスト。
そこに登頂する試みが何度も行われていたが、
第二次世界大戦による中断、技術力の至らなさ、
ネパールの鎖国、中国のチベット併合などにより、
なかなかその登頂は果せなかった。
1953年、英国隊は今度こその想いを込めて、遠征に出発する。
養蜂を営むニュージーランド人のエドモンド・ヒラリーと、
それまで6回もエベレスト遠征隊に加わっていた
シェルパのテンジン・ノルゲイもその中にいた。
第1次アタック隊が失敗し、下山して来たとき、
ふたりに登頂のチャンスが回ってきた。

別にヒマラヤ登山に限らず、
登山に強い関心がふだんからあった訳じゃない。
登山本も読まないので知識はほとんどないが、
こうして映画としてあると、つい引き込まれてしまう。
誤解していたのが、初登頂したヒラリーが
博物館の展示などではいつも「ヒラリー卿」として
紹介されていたので、つい最初からイギリスの貴族階級出身
だと思い込んでいたが、この映画で
ニュージーランドの養蜂家と知り、意外に感じた。
ふつうの人だったんですね。
しかも195cmというから、かなりの長身というのも
イメージとちがった。そして第一次アタック隊が
成功していればヒラリーたちの初登頂はなく、
彼の人生はまた違ったものになっていたろう。
まさに栄光は偶然の産物でもあったことを知った。

このドキュメンタリーは、エベレスト初登頂に
成功したヒラリーやテンジン・ノルゲイの人となりに
ついても語られるが、興味深かったのは
当時の山岳登頂がどのようにして行われるかということだ。
何しろ現在と違って初めてづくしのことだったので、
エベレスト初登頂への試行錯誤や手探り感がよく伝わってくるのだ。
そんな高所に立った人間は今までいなかったのだから、
どんなことが身体に起きるか誰も予測できなかった。
つまり「死んでしまうかもしれない」というぐらいの
覚悟がなければ、隊員たちはエベレスト登頂にチャレンジできなかったろう。
そうした登山の過程を、きちんとステップを踏んで説明し、
自分もこの登山隊に参加しているような
疑似体験が味わえるのがこの映画なのだ。

本作が映画として息づいているのは、
新たに撮り下ろされた「再現映像」があるからだろう。
この部分が3Dになっていて、臨場感あふれる映像になっている。
ドラマのような感動はないが、
一冊新書を読み終えた充実感はあるだろう。
(★★★)
[PR]
by mahaera | 2014-05-26 16:21 | 映画のはなし | Comments(0)

5/31土曜日、セッションのお知らせ 西荻窪ヘブンスドア

セッションのお知らせ

次回の西荻窪ヘブンスドアでの、
前原仕切りセッションの日時が決まりました。
5/31土曜日19:30〜。ノンジャンル、
曲さえもやらないこともある(やることもある)、
即興OKのセッションです。まあ、メンツをみて、
流れを作ってやるので、どうなるかは当日まではよくわかりません。
楽器、置いてあるので手ぶらでもOK。
1ドリンク付き2000円。
見学の方は入口で「見学です」というと半額になります。

曲やりたい方は、事前に前原までネゴしてください(笑)
いちおう、リズム隊は用意するので、
どんな楽器でもいらしてください。
セッション初心者の方も、どうぞ!

http://live.oyaji-rock.jp/
[PR]
by mahaera | 2014-05-24 15:29 | ぼくの音楽・バンド活動 | Comments(0)

生ラッセル・クロウを見る 「ノア約束の箱舟」舞台挨拶

ラッセル・クロウはとくに好きな俳優ではないが、
いい仕事を選んでおり、見かけより頭はいい人だと思う。
ただ、そのため自分に似合わない役柄もときどきあるが、
自分に似合う役しかやらないトムよりは、
スターより俳優の道を選んでいるのかな。
昨年観たB級活劇「アイアン・フィスト」の主人公とか、
久しぶりに「ラッセルいいな」と思った(太ったとも)。

さて、昨日19日、新作「ノア約束の箱舟」の宣伝のため、
そのラッセル・クロウが緊急来日。舞台挨拶を行うことになった。
カンヌから故郷のオーストラリアに帰る途中、
自家用ジェットでわずか10時間の滞在という。
その会場となる、六本木ヒルズに向かった。
b0177242_1100100.jpg


予定より15分ほど遅れた19時前に、ラッセル会場に到着。
登壇して、司会者の長ーい質問に突っ込み。
映画の撮影の苦労話などを語ったが、そちらはあちこちのサイトに
書かれているので省略だが、終始ユーモアまじり。
b0177242_1131595.jpg


ラッセルはシドニーのラグビーチームのオーナーということで、
そのキャップを被っている会場のファンをめざとく発見。
会場からの質問に、その女の子を指名するだけでなく、
客席に降りて行って、後ろのその子たち(大学生ぐらい?)
と握手やハグ。その後も一周して、ハグや握手をしてファンサービス。
スターのオーラを放ちながら退場して行った。
こうして、会場のすべての女性を味方につけてしまうのはさすが。

仕切りに「日本のサケをいろいろ飲みたい」と言っていたラッセル。
結局、予定を変更して、一泊して帰ることにしたようです。
[PR]
by mahaera | 2014-05-20 11:08 | 映画のはなし | Comments(0)

ポール国立競技場ライブ中止に関して思うこと

5月17日土曜日、ポール延期の知らせを知ったのは、
大江戸線新宿駅。警備員がたくさんいて、
いろんな人と話していたから、何なのだろうと思ったら…。
しかし、けっこう素早い対応だったのね。
最初気がつかず改札通った所で、アナウンスが。
スマホで事情をチェック。

延期発表が開場後だったのは、
ギリギリまでポールがライブをやりたかったからだろう。
プロ根性ある人だから、ドクターストップがかかったとか。
ファンとしては残念だけど、もう高齢なんだから「無理しないで」と思う。
国立競技場では「遠くから来たんだから宿泊代出せ!」と
くってかかっている人がいたらしいが、まあファンではないんだね。

5月18日、日曜日。
ポールの今日の体調が気になり、twitterでチェック。
「サウンドチェックまだ始まっていない」
「メンバーはスタンバイしているが、ポールはまだホテル」とか、
みんながネットにアップしていること。
日比谷のペニンシュラで出待ちのファンや、
リハが見られるVIPチケットの人が待合室でツイートしているためだ。
余計気になって、仕事にならん。

ポールの公演の行方を追っていて、何となく疲れたので、
缶チューハイを飲むことにする。本当は今日やるはずだった仕事も、
結局届かなかったので何だか気抜けしてしまったなあ。
主催者からメールで「延期」の知らせが。
「中止」じゃなくて期待を持つ。

ずっと前の話だが、中国へ初めて行ったとき、
ウィルス性の腸炎にかかった。吐くし、下痢もヒドく、
ようやく戻った香港で、トイレにいきっぱなしだった。
体力も落ちたし。ポール、よほどヒドくなければ、
中止にはならないので、やっぱり良くないんだろう。

人間って難しいのは「しょうがない」と思っていても、
怒りの対象を求めてしまうんだろうなあ。
今回の中止だって、ツィッターを見る限り95%の人が脱力しつつも
「しょうがない」思っているが、やはり怒っている人いるしね。
ただ、今までチケット買ってライブが見られるのは
当たり前だと思っていたけど、「絶対」じゃないことを再認識。
予定通りに行くことに慣れ過ぎていたのかもね。

b0177242_345671.jpg

[PR]
by mahaera | 2014-05-19 03:04 | 音楽CD、ライブ、映画紹介 | Comments(0)

先月の話ですけど、自分仕切りセッションしました。at 西荻窪ヘブンズドア

ちょっと前の話だが、4月17日に西荻窪のロックバー、ヘブンズドアで
自分仕切りのセッションをしました。

その前後は地獄のように仕事で忙しい日々。
まあ、ディランに毎晩行っていたこともあるのだけれど(笑)

何とか一ヵ月ぶりぐらいにフルで休みの日を作り出して、
昼は知り合いに頼んで、スタジオで録音。
夜はそのメンツで移動してセッションという二本立てをもくろんだ。
しかしせっかく録音に人を呼んでいるので、新曲も必要だと思い、
前日の夜に1曲作ってカラオケと歌詞を作り、
朝に自分のボーカルを部屋で録音、
そのまま午後は西荻窪のスタジオへ。

ギター&ペット、シタールのおふたりを呼んで4時間のレコーディング。

夜はその勢いで自分主催?のセッションになだれこむという
朝から晩まで音楽漬け。
セッションは、知らない方や飛び込みの方も来て、
いろんな方向へ行き、取り留めなかったが、それがセッション。
次はもっとフリーにやろう。

次は5月31日です。ドラム、ベース、ギターのリズム隊は
いちおう用意してありますので、セッションは成り立ちます。
ぜひきてください。

場所はこちら。ジャンルはノージャンルでやります。
他の日とちがって、あまり曲はやらないと思います。

http://live.oyaji-rock.jp
[PR]
by mahaera | 2014-05-19 02:52 | ぼくの音楽・バンド活動 | Comments(0)