「ほっ」と。キャンペーン
ブログトップ

旅行・映画ライター前原利行の徒然日記

mahaera.exblog.jp

<   2014年 08月 ( 10 )   > この月の画像一覧

2014.08.13バヘリーニャスからボートで川を下って大西洋へ

b0177242_21233365.jpg
 
今日は一日ボートツアーで、大西洋に近い小レンソイスにまず行った。
やはり「小」だけあって昨日ほどでかくもない。
また砂の色がやや茶色がかって、昨日の感動には及ばなかった。

 そのあとは海辺にも近い灯台に登って周囲の景色を見る
うーん、あっちは大西洋か。
b0177242_2125448.jpg


 海辺でかなり高い値段な設定のレストランで食事。
高いので「メディア(半分)」にしたが、それでも食いきれん。どういうことだ。
b0177242_21264178.jpg


 そのあとは歩いて大西洋の浜辺へ。
アマゾン川を下って、とうとう大西洋まで来たよ。
b0177242_2128171.jpg

[PR]
by mahaera | 2014-08-14 21:29 | 海外でのはなし | Comments(0)

2014.08.11レンソイス国立公園で大砂丘を堪能

b0177242_19315188.jpg

現在、ブラジル東部、大西洋に面したレンソイス国立公園に来ています。
長い年月をかけて、石英を中心とした砂丘が広大なエリアに形成され、
雨季の3か月のみ、その砂丘の合間に水がたまり、
池ができる場所です。今日はその砂丘に行って、
池で泳いでサンセットを見るツアーに参加してきました。

b0177242_19345363.jpg

いや、ここはまさに絶景でした。
どこまでも続く砂丘の風景は、ほかにもありますが、
ここは水とのコンビネーションが最高です。
基点となるバヘリーニャスの町も、のんびりしていて治安もよく、いい感じです。
b0177242_19364521.jpg


世界中、どこでもこういうことやる。
b0177242_1939163.jpg

[PR]
by mahaera | 2014-08-12 19:40 | 海外でのはなし | Comments(0)

2014.08.10アルター・デ・ションを出る

b0177242_1928173.jpg

三泊したアマゾンのビーチ、アルター・デ・ションを出て
夕方、飛行機でブラジル北東の大西洋に面した町、
サンルイスに移動。

b0177242_19223763.jpg

木曜は僕しかいなかった宿が、
金曜はけっこうにぎわった。
庭の木ではイグアナがのっそり、花にはハチドリがやってくる。
ここから歩いて5分ほどの、教会前の町の広場が
無料WiFiが使えるので、連日広場で仕事中。
b0177242_19242770.jpg

8/9はビーチに行ったら、同宿のデンマーク人たちがいたので、
ビールを飲んで仕事はあまりはかどらず。
夕刻、ふ頭で地元の人たちが音楽に合わせて踊っていました。
そのあとは広場の教会で、結婚式に遭遇。南米に入って、
はじめてのんびりできた町。
b0177242_19261680.jpg

[PR]
by mahaera | 2014-08-12 19:28 | 海外でのはなし | Comments(0)

2014.08.08アマゾンのビーチ、アルター・デ・ションから

 日本は朝でしょうが、ブラジルはちょうど日が暮れるころです。
b0177242_22192293.jpg


いまはどこに来ているかというと、「アルター・デ・ション」というビーチ。
「アマゾン川にビーチが?」とお思いでしょうが、あるんです。
川と湖の間に、砂浜がのびた観光ビーチが。
地元ではけっこうな観光地らしいですが、外国人は少ないですね。
この砂浜、もっと伸びているらしいですのが、
今は水位が高いようで、けっこう水没してしまっています。
b0177242_22211367.jpg

 このビーチには、村からボートで5分。

こんなところでもビールを飲みながら仕事です(笑)
ノマドワーキングというのでしょうか。
b0177242_2224624.jpg

 村ものんびりしたところで、明日町には戻らす、そのままここから空港に行こうかなと思っています。
b0177242_22261299.jpg

 最後の写真は「タカカ」という地元料理のスープ。
ブラジル人も「これは何だ」と聞いていたので、全国区ではない料理なのでしょう。
タピオカと青菜とエビが入っていますが、ものすごく酸っぱいスープです。辛くないトムヤンクンといえば、近いかもしれません。
[PR]
by mahaera | 2014-08-10 22:25 | 海外でのはなし | Comments(0)

2014.08.07アマゾンの船旅 マナウス~サンタレン

b0177242_228161.jpg

アマゾン川の船旅終了。
船ではやることなく、デッキで昼間からビールを飲んで、仕事してました(笑)

b0177242_2294344.jpg


40時間と聞いていたのですが、なぜか旅行会社が言っていたのと違う船だったのか、30時間で着いてしまいました。おかげで船2泊の予定が1泊。
夕方のんきにしていたら、いきなり「もう着くぞ」と言われてあわてて、荷造り。
もう日が暮れかかっていたので、バスではなく、タクシーで目的地へ移動しました。

 まあ、アマゾン川を船で移動しながら仕事、というのも贅沢ですね。
b0177242_2211556.jpg


まあ、仕事をしてしまうのが、日本人ですが(笑)

b0177242_22132173.jpg



 港に近づくと、ときおり、イルカの背びれが見えます。
そんな時、「ああ遠いところまで来てしまったなあ」と感じます。
[PR]
by mahaera | 2014-08-10 22:14 | 海外でのはなし | Comments(0)

2014.08.05アマゾン日帰りツアー

アマゾン日帰りツアーから帰ってきました。
b0177242_926169.jpg

写真は、ななめってますが、二つの川の合流点です。
ここまでがコロンビアから来た色の黒いネグロ川と、ペルーから来た茶色いソリモインス川が交わらず流れていて、その先でこれが一緒になってアマゾン川になるとか。

そのあと、お約束の原住民の村へ行ってのダンス見学。
b0177242_9281886.jpg

ハダカの女性に思わずドキッですが、女性たち、
ショーが終わった後はブラジャーをつけて帰ってました(笑)んなもんですねえ。

その後は、みなさんお待ちかねの、
アマゾンカワイルカとのふれあいタイム。
b0177242_9295898.jpg

イルカを大勢で囲んでますねえ。
餌付けされたイルカらしいですが、あんまり可愛くはなかったです。

明日から48時間の、アマゾンの船旅です。
あまり風景に変化はなさそうですが、これも「お約束」ということで(笑)
歳なのでハンモックは辞退して、飛行機より高いですが、
キャビンを予約しました。船室でWiFiが使えない限り、
今度、みなさんに連絡するのは数日後になるでしょう。
それでは、また。
[PR]
by mahaera | 2014-08-06 09:30 | 海外でのはなし | Comments(0)

2014.08.04アマゾンのジャングルツアーから戻る

アマゾンの2泊3日ツアーから帰ってきました。
b0177242_9562037.jpg

しかしマナウスはけっこう都会で、ジャングルツアーのロッジまで片道2時間以上。
そのくらい離れないと、けっこう人が住んでいるようです。
アマゾン川を船で越えるときに、アマゾンカワイルカの背びれが見れてラッキー。
ツアーは安いのに申し込んだので、いまいちだったのですが、
まあいち日あたり、100米ドル以下なので、文句は言えないです。
おのぼりさんらしく「ピラニア釣り」に。ビギナーズラックか、これはすぐ釣れました。
そのあとは餌を取られてばっかりでしたが。
b0177242_9535758.jpg


あとはこれもお約束のカイマン(ワニ)とのツーショット(笑)
b0177242_9551568.jpg


ジャングルロッジで出会った、モロッコ系のフランス人男ふたり組(たぶんゲイ)のうちのひとりは、異常に目がキラキラ輝いていた。そして日本文化が大好きだと言って、突然、平井堅の歌を日本語で歌いだした。あなた何者?
5分おきにチューをする熱烈カナダ人カップルの男性のほうは、日本で1年間寿司修行をしていたといい、温泉にはまっていたという。。
b0177242_1012158.jpg


しかしこの時期、出会う旅行者はたいていワールドカップを見てからブラジルを回っているという人たち。日本人も出会った人たちはみなそうでした。
b0177242_958258.jpg


しかしブラジル、景気がいいようで、食事代が非常に高い。
夕食とか2000円ぐらいになってしまう。かといって屋台ばかりも辛い。
この写真は、ブラジル旅行で二か月たった日本人のおじさんと行った
日本料理店の冷やし中華。これが1900円です(涙)
b0177242_9593514.jpg

[PR]
by mahaera | 2014-08-05 10:01 | 海外でのはなし | Comments(0)

2014.08.01国境を越えてブラジルへ。マナウス到着。

国境を越えてブラジルへ。
b0177242_9455126.jpg

ブラジル側に入った途端、イミグレ職員まで愛想がいい。簡単な日本語で声をかけてくるし。国境からボアビスタの町までは、乗り合いタクシーで2時間。人家のほとんどない平原を100キロ以上のスピードで走る(約1500円)。バスもあるが、本数は少ない。困ったのは、国境に両替所がないこと。ATMは壊れて使えない。なので、そこらの人に両替を頼むことに。
 ボアビスタの町は思ったよりも大きかったが、そのまま2時間待てば夜行バスでマナウスまで行けることが分かったので、直行することに。両替金は少ないが、カード払いできるのでなんとか。バスは所要12時間。かなりデラックスだが、夜中に冷房の効きすぎで、寒くてまいった。約6400円とそれなりの出費。
b0177242_9465554.jpg


 朝6時半、マナウス着。市内はすでに通勤ラッシュが始まっている。ATMでお金を降し、タクシーで市内の宿へ。タクシー代1500円とふつうにかかるが、バスで行くほど根性なし。
 タクシーで着いたホステルは、部屋に虫が出たとかで消毒中。いきなり荷物を担いで数ブロック歩いて別なホテルへ。しかし心配したほど、町は荒れてはおらず、いたってふつうの感じだった。ホテルで朝食を食べ、さあ、洗濯だ。
 ひと息ついてジャングルツアーに申し込み、町の中心にあるアマゾナス劇場見学。まだバルセロナにいるようだ。
b0177242_9484344.jpg

[PR]
by mahaera | 2014-08-05 09:49 | 海外でのはなし | Comments(0)

2014.07.31ベネズエラのサンタエレーナから

国境の町サンタエレーナで朝を迎えました。ネットが遅いので、画像があげられませんが、そのうちトライしたいと思います。
エンジェルフォール観光の起点となる村カナイマまでのアクセスは飛行機のみで、ロッジと空港しかないようなところでした。エンジェルフォール近くまで行くには、そこからさらにボートで四時間川をさかのぼります。僕たちはそこにあるキャンプで宿泊(ハンモックのみ)し、翌日、カナイマ村へ戻りましたが、日帰りで強行するツアーもあるようです。
村にもいくつか滝がありますが、滝の裏側に入っていくのがかなり楽しかったです。全身びしょ濡れになりながらですが。滝の幅が広いので、かなり豪快な風景でした。
戻る日は時間があったので、セスナの遊覧飛行に誘われました。初めての体験に久しぶりに大興奮。テーブルマウンテンを間近に見られ、かなりの迫力。残念ながらエンジェルフォールの上部は雲の中でした。45分のフライトですが、最後は少し飛行機酔いしてしまいました。
b0177242_22472877.jpg

[PR]
by mahaera | 2014-08-01 22:47 | 海外でのはなし | Comments(0)

2014.0730ベネズエラにいます

現在、ベネズエラに来ています
。「危険」と名高い首都カラカスは空港だけにして、
そこで目的のエンジェルフォール行きのツアーに申し込み、二泊三日のツアーから帰ってきて、今日はブラジルへの国境へ移動してきたところです
殺人件数が日本の250倍という恐るべき国ですが、今のところ、人々の親切に支えられて、なんとかなっています。闇両替のある国も久しぶりで、公定レートと実勢レートの差は10倍。
なので闇チェンしてゲストハウスに泊まると、一泊5~8ドル。
20ドルも出せば、快適な中級ホテルに泊まれました。
食事も一食3~5ドルぐらいでしょうか。
ようやく物価に慣れてきたところです。
ビールはスーパーで6缶パックが250円ぐらいでした。
目的の「世界最大の落差がある滝」エンジェルフォールは、
近くに比較対象物がないので、
本当に900m以上あるのかどうかよくわかりませんでした。
ただ、近くで見上げると首が疲れました(笑)

b0177242_22425926.jpg

[PR]
by mahaera | 2014-08-01 22:44 | 海外でのはなし | Comments(0)