ブログトップ

旅行・映画ライター前原利行の徒然日記

mahaera.exblog.jp

観ました! ザ・ローリング・ストーンズ『シャイン・ア・ライト』その2


キースのコーナー終了。場内暗転した中で、お馴染みのパーカッションのイントロ。ライブ後半戦、14曲目は「悪魔を憐れむ歌」だ。ステージにミックの姿はない。どこから出てくるの?と思っていると、客席後方のドアが開き、まぶしいライトをバックにしたミックがそこに立っていた。通路を通ってミック舞台へ。後半でキースのソロあり。観客、盛り上がる。フーッ、フーゥ!

15曲目、ここで最後のゲスト。クリスティーナ・アギレラ登場。ミックと掛け合いで歌うは「リヴ・ウィズ・ミー」。これも名盤「Let It Bleed」からの選曲。ルックスはかなり違うんだけど、アギレラの動きは何となく、ティナ・ターナーの動きを彷佛させる。腰に手を回したりと恒例のセクシー絡みあるが、なんか「芸風」という感じで、それほどいやらしくない。
実際のライブでは、この後に初日は「黒くぬれ!」、2日目は「ホンキー・トンク・ウイメン」を演奏したが、映画ではなぜかカット。

16曲目はあのイントロが。「スタート・ミー・アップ」だ。リアルタイムで聴いたときは、それほどいい曲だとは思わなかったが、年月を重ねて行くうちに、確実にかっこいい曲になっていった。音もオリジナルとはほど遠い、いいひずみ具合だ。

前にも書いたが今回のミックスでは、ベース、キーボードやブラスなどのサポートメンバーの音量は控えめ。そうしたバランスのアルバム『ア・ビガー・バン』のツアーということもあるのだろうが、ギターバンドとしてのストーンズを前面に出しており、それがワイルドでかっこいい。スライドさせてコードへ行くところでちょっとリズムが悪かったりするところをカメラはアップで押さえ、わざわざミックスでその部分を強調していたりするのだが、そこがまたかっこいい。今までのライブアルバムに比べると、リズムやバランスが悪いかもしれない。リズムが悪いといっても下手というのではなく、リズムマシーンとかスタジオミュージシャンの叩く無個性なドラムじゃないという褒め言葉だ。そんな域に達しているストーンズを見ていると、もしビートルズがまだ活動していたら、ひとまわりしてこんな感じのバンドになっているんじゃないかと感じた。ちょうど「レット・イット・ビー」のアップル屋上ライブのような、ドライブ感なのだ。

本編終了。ここからアンコール2曲。まずは「ブラウン・シュガー」。ストーンズ屈指の名曲。ロニーのギターソロ。観客大盛り上がりの、イェーッ、イェーッ、イェーッ、フゥー! そして低音弦強調のリフにした「サティスファクション」。試写場大盛り上がりと書きたいところだが、体を揺らす人もいない。残念。僕だけ興奮状態でライブ終了。

バックステージへ駆け込むメンバー。狭い通路にスタッフやらカメラがひしめいている。スコセッシの姿も見える。いつのまにか画面は通路をいく、メンバーの主観カットになっている。裏口のドアが開く。外に待ち構えている群衆。そしてライトとカメラを従えたスコセッシが「撮れ!撮れ!」と煽っている。カメラはコンサート会場の看板を映し、ニューヨークの空へと舞い上がって行く。そこに映画のタイトルにもなった「シャイン・ア・ライト」が被さる。初日の10曲目に「Faraway Eyes」の代わりにやった『メインストリートのならず者』からの曲だ。
こうして映画「シャイン・ア・ライト」は幕を閉じる。

日本公開は12月5日、TOHOシネマズ系で公開。それまでサントラ版で楽しんで下さい。
[PR]
# by mahaera | 2008-09-06 22:48 | ぼくの音楽・バンド活動 | Comments(0)

観ました! ザ・ローリング・ストーンズ『シャイン・ア・ライト』その1

日本では12月公開のザ・ローリング・ストーンズの
ライブ・ドキュメンタリー『シャイン・ア・ライト』の
マスコミ試写に昨夜行ってきました。
場所はこんなことでもなければ行かない(笑)六本木ヒルズ。
並んでいたら隣の30歳ぐらいの青年たちが、
「今日はオールドファン集合かね」なんて話していたが、
僕の前に並んでいる60歳くらいのおじさんこそオールドファンだろっ!
などと思っているうちに入場。満席で早めに行ってよかった。

映画はいきなりコンサート、
ではなくステージ設営までのやりとりからスタート。
完璧主義者の監督スコセッシは、曲ごとに細かいカット割りを作りたく
早く曲目リストを手に入れたがっているが、全米ツアー中のストーンズからは返事なし。ステージセットにもなかなかOKの返事を貰えない。
やきもきしている中、とうとう当日になってしまう。
曲順はいいからせめて曲目だけでもくれというスコセッシ。
そりゃそうだよね。
「ブラウンシュガー」とかキースのリフで始まる曲なら、
カメラはその前から、キースの手もとに
張り付いていなけりゃならないんだから。
会場にはクリントンやらヒラリーやらがきて、
ストーンズの面々があいさつに出る。
「やあ、ミック。久しぶりだねっ。と親しげなクリントン」
クリントン、大統領やめてすっかりいい表情。
対照的なのが、まだ民主党の大統領候補戦中のヒラリー。
ストーンズの面々、ヒラリーのママと握手。

ようやくセットリストが決まったのが開演30分前。
スコセッシの手に紙が渡る。一曲目は…。
ジャッ、ジャーン、ジャララージャララー。
そう「ジャピン・ジャック・フラッシュ」だ。
じらされた甲斐あって、待ってました!と心の中で叫ぶ。
中野サンプラザぐらいの会場、総立ち。
ミック、じいさんとは思えないほど動きが良すぎる。

続いて2曲目「シャッタード」のイントロが始まる。
このあたりで気付いたのが、この映画の音楽のミックスは
サントラCDと異なること。ギターが映るとギターの音量が大きくなり、
チャーリー・ワッツによると、ドラムの音が大きくなり、
あとはオフ気味。
つまり内臓マイク付きのビデオカメラで、バンドを撮っているように、
ショットが切り替わる度に、微妙にバランスが変わるのだ。
つまりロン・ウッドを映すと、ソロを弾いているわけでなくても
彼のバッキングのギターの音量がちょっと上がるというわけ。
主観ショットならぬ、主観ミックスとでもいうべきか。
寄った映像が多いこともあり、ストーンズのライブを
最前列で観ている気分だ。

続いて3曲目「シー・ワズ・ホット」。
あまり聴くことのなかったアルバム『アンダーカバー』収録。
なんてことのない単純な曲だが、ノリがすごくいい。
ギター2本を中心とした現在のストーンズは、
80年代のツアーの時よりもずっといいのだ。
この曲、後半にかけてグイグイと盛り上がる。

4曲目「All Down the Line」と5曲目「loving Cup」は
「メインストリートのならず者」からの選曲。
「loving Cup」ではホワイト・ストライプスのジャック・ホワイトがゲストで参加。掛け合いのボーカルを聴かせてくれる。

曲と曲の間、6070年代のインタビュー映像が挟み込まれる。
飽きさせないようにするためだろうが、DVD買ったら飛ばすだろうなあ。
その分、曲を増やしてくれた方がうれしいんだけど。

6曲目、「この曲を作った時、恥ずかして他人に歌ってもらった」
とミックが言って始まるのが「As Tears Goes By」。キースはこの曲ではアコギ。
エンディングのミックの「♪ムームムー」のスキャットもあり。
実際のライブではこの後で「I'm Free」になるのだが、映画ではカット。

7 曲目「Some Girls」8曲目「Just My Imagination」9曲目「Faraways Eyes」はいずれも1978年のアルバム『Some Girls(女たち)』から。2曲目の「シャッタード」もそうだから、今回のステージ18曲中4曲がこのアルバムから選ばれて最多。珍しい。久しぶりに聴いた曲ばかりだ。

10曲目でミックが「マディ・ウォーターズの曲をやるぜ」とか言って、2人目のゲストのバディ・ガイを紹介。「Champagne & Reefer」という曲だ。相変わらずの太い声を聞かせてくれるバディ。演奏が終わった後、キースがバディに自分のギターを手渡す。明らかに声はアフレコなのだが、「このギターをあげるよ」という声がかぶさる。この映画、意図的だがそういったところがいくつかあり、例えば携帯で写真を撮るファンのショットでは、シャッターを切るカシャッと言う音が被る。実際は聞こえるはずもないのだが、あくまで「聞こえた」という主観に基づいている。キースがバディに何を言ったかは観客に聞こえるはずもないし、マイクで拾っているはずもないのだが、「観客にはそう聞こえた(願望)」、だから音を足したという作りなのだ。

正直言って8-9曲目ぐらいで、少しだれていた僕だが(コンサートの中盤の魔の時間)、次の曲イントロ一発で目が覚める。11曲目「ダイスをころがせ」だ。ライブの定番曲で「メインストリートのならず者」からの選曲。このアルバムからは3曲目。やはりキースのねばっこいリフがかっこいい。

ここでバンド紹介。実際は長めのところを、編集で手際良くつないで短くしている。そして恒例のキースのコーナー。珍しくギターを持たないで、マイクスタンドに向かったキース。ロングコートを羽織り、タバコをすいながら歌う姿はかっこいい。「何もしないでもアウトロー感」は他のメンバーには絶対出せない。歌うは「You Got The Silver」。名盤「レット・イット・ブリード」の名曲だ。渋い。まるで役者だ。続いて、ギターを手にとり、「Connection」を歌う。あまり聴くことがないアルバム『Between The Buttons』からの曲だ。別の日には「Little T & A」をやっていたようだ。キースのギターは、やっていることは高校生のアマチュアバンドのレベルぐらいなんだろうけど、もう老舗のブルースマンの域なのか、コードひとつ鳴らしただけでも味わい深い領域に達している。

続く
[PR]
# by mahaera | 2008-09-05 22:50 | ぼくの音楽・バンド活動 | Comments(0)

やっぱり中国でなのか 毒入りギョーザ

昨日の新聞、今日の新聞に出ているので読んだ方も多いと思うが、
中国公安が例の「毒入り冷凍ギョーザ」事件を、
中国国内で本格的に調べているらしい。

これに関しては、サミットの時に日本側に
「中国でも被害者が発生していた」ことが伝えられ、
それをしばらく黙っていた日本政府が非難を浴びた。

都合の悪いことは隠すというのは日本も同じで、
サミットが終わるまで言わなかった日本政府も、
オリンピックが終わるまで例
の食品会社から「横流し」された冷凍食品に毒が入っていたことを
発表しなかった中国政府も大して変わらない。

ただ、中国政府の上のほうでは、
この事件をいつものようにうやむやにせず、
ハッキリさせたいという姿勢らしく、それはありがたい。

ただ、ウイグルでのテロを取材中の記者が暴行を受けた時のように、
末端の役人までそうした姿勢が伝わるのは難しいだろう。
今回も、公安警察はうやむやにしようとしていたのだから。

悲しいのは、「愛国無罪」な一般の人々で、
「あれは日本で混入した。日本の陰謀だ」と叫んでいた人々。

そろそろ「自分の国が一番で、間違っていない」的な発想から
抜け出て欲しい。

僕が中国に行き始めた8090年代に出会った中国の人々は、
自分たちの政府に対して、もっとさめていた気がする。

オリンピックでの少女の口パクとCG使用は、
そんなに騒ぐほどのことじゃないと思う。

だってあれ、テレビを生で見ていた時、
CGってわかったし、口もずれているのにも気づいた。

たぶん、みんなわかったけど、
「まあ、そんなものか」ぐらいに感じただけだったんじゃないか。

それよか、もっと注意を向けなくてはならないことが、
競技場の周辺でもっと起こっていたのではないかと。


先日、中国のジーンズ工場を取材した
「女工哀歌」というドキュメンタリーを見た。
オリンピックの影では、タダのような賃金で使われて
働いている労働者たちがいる。

文句があっても、政府が作ったような労働組合しか認められず、
政府の役人が仕事を辞めた後に工場経営などしているのだから、
下の声はつぶされるばかり。

この映画については、そのうち「旅行人」の旅シネに書きます。
しかし中国は、革命以前の世界に、逆戻りしているのだなあ。
[PR]
# by mahaera | 2008-09-01 22:52 | 海外でのはなし | Comments(0)

せっかくオリンピックが始まったのに、グルジアで戦争


オリンピックの開催日に、ロシアとグルジアで戦争が始まった。
ところでグルジアって知っていますか?
カスピ海と黒海に挟まれた地峡の、カフカス(コーカサス)山脈の南側にある小国です。英語名は「ジョージア」。そう、アメリカの州と同じ名です。
国の名前はキリスト教の聖人「聖ジョージ」に由来したもので、
この国は古くからキリスト教を国教として定めていました。

その位置から、時代によって西のローマやビザンチン帝国、オスマン朝、
東のペルシアの統治下にあり、近代ではロシアの支配下に。
ロシアがソ連になると、引き続きソ連の一部に。

国土は山岳地帯が多いこともあり、多くの少数民族が住んでいます。
もともとグルジア人は山のほうに住んでいたようで、
首都のトビリシなどは、20世紀初頭までアルメニア人の人口のほうが多かったと言います。

僕は仕事もあり、この国へ2回ほど行っていますが、
この国の人は周辺に比べても、気性が荒い感じです。
町中での喧嘩、強盗の多発、マッチョ指向があげられ、
今でも地方では山賊が出ます。
(知り合いは乗っている車に山の中で発砲されました)
ロシアソ連時代は軍人を多く輩出し、
有名な独裁者スターリンもグルジア出身です。

ソ連の崩壊後、グルジアも周辺諸国同様に独立しましたが、
今度はグルジア国内の少数民族がさらなる独立を要求し、
内戦状態になっていたこともありました。
といっても国が小さいので、「関東地方から埼玉が独立したい」
といっているほどのスケールなんですが。

ここ数年、グルジアはロシア離れを目指しています。
アメリカに近付いたり、NATO加盟を求めたりと。
それに反発したロシアが、グルジアからの出稼ぎ労働者を追い出したりと、険悪な感じはあったのですが、
とうとう戦闘が始まってしまいました。
しかもオリンピックの開会式で各国首脳が集まっている時に。
首脳たちのメンツも丸つぶれでしょうが、
あえてメンツを潰す覚悟で、軍人たちが先走ったような感じです。

ちなみにグルジアは料理がおいしいところ。
かなり落ちる隣のアゼルバイジャンから行くと、天国でした。
そして安くておいしいワイン。。。。

また行ってみたい国の一つです。
ちなみに日本人はビザなしで行けます。
[PR]
# by mahaera | 2008-08-12 22:55 | 海外でのはなし | Comments(0)

最近の仕事 8月

7月中旬以降、仕事をするペースが落ちた。
かといって、がんがん遊んでいるわけでもないのだから、
夏バテで集中力が落ちているんだろうなあ。

今月は、とくに僕がやった紙関係は出ません。
今書店に並んでいる月刊PLAYBOYは、
僕が書いた「中国美女」の記事よりも、
メインの詩の特集が面白いので、そちらもおすすめです。


WEB記事
地球の歩き方HP取材日記
http://blog.arukikata.co.jp/guidebook/s_article/archives/2008/07/post_41.html
「ホイサラ朝の寺院群とジャイナ教の聖地」をアップ
これで春に行ったインド取材の、Web記事はおしまいです。

旅行人「旅シネ」
http://www.ryokojin.co.jp/tabicine/meinfuhrer.html
『わが教え子、ヒトラー』を8/10にアップしました。
小品ながらなかなか面白い作品です。

9/7から10/4までタイの取材が決まりました。
日本を留守にしますが、タイなのでネットカフェでブログの更新をします。
[PR]
# by mahaera | 2008-08-12 22:54 | 仕事のはなし | Comments(0)

中国はいったいどうなっているか

オリンピック効果もあり、新聞やテレビのニュースは連日中国からの報道。
こんなに中国に日本人が注目しているのは、天安門事件以来じゃないかと
感じるほどだ。

ただし報道から受ける中国の印象は悪い。
急激な経済発展による貧富の格差、公害、少数民族への圧迫、
自由にものがいえない社会、官制デモ、地方での暴動…。
個人的な感想だが、中国は世界一の資本主義国家、いや「資本」というと語弊があるか、要は「お金がものをいう国」だと思う。日本もそうだといえるが、中国に比べればまだマシだろう。

時給7円の女工から700円の高給取りまで、労働の対価の差は100倍。
7円じゃ、いくら物価の安すぎる中国でも厳しい。
町のラーメン食べるのに3時間働かなきゃ。
マクドナルド行くのに一日分の給料だ。
でも田舎じゃ上海や北京に比べてそのぐらいの経済格差がある。
社会主義国なのに貧乏人は病院にも行けない。
数年前、取材で中国の地方都市に行ったとき、交通事故らしく
道でバイクと人が倒れていたが、ドライバーはただよけただけ。
他の車もみな無視して走っている。
助けなくていいのかと言うと、「気にしなくていい」との答え。
後で知ったが、うっかり病院に運ぶと、治療費が払えるのかと
うるさいらしい。金がなければ、そのままだ。

中国の経済発展は、10年ぶりに訪れた西部で痛感した。
立派な高速道路、広場などの公共施設はみな新しくなり、
デパートがメインストリートに立ち並んでいた。
でも立派な高速道路ができても、人々の多くはいまだにその脇を走る
一般道を行く。高速料金が払えないからだ。

この10年で反日感情が高まったのも確かだ。
といっても、それほど過激なものではない。
「流行り」のようなものだ。
大学生とか、ちょっと問題意識があるような人の間では、
今、「反日」がかっこいいのだ。
でもほとんどの中国の人は、外国のことなど関心がないと思う。
いまなんか、とくにそうだろう。

中国国内にはいろんな問題があるが、それでも中国の人は昔に比べ
今のほうがいいと思っているし、誇りもある。
その感じは昭和30年代の、高度成長期の日本みたいなものだろうか。
オリンピックが開かれ、黒部ダムや霞ヶ関ビルを自力で造り、
世界に誇れる新幹線が、東名高速が開通したのもこの頃か。
中国も今、そんな状態で、毎日のように新しく、すばらしいものができていて、人々は国が発展しているのを実感している。
ただ、日本ではその裏で公害が起きていたように、
中国でも同じようなことが起きているはずだ。
しかし中国人自身が、そうしたことに関心を持つのには、
もう少し時間がかかるだろう。
オリンピックが終わり、経済発展が一段落したあとだ。

とりあえず、いまは浮かれて騒いで、前へ進む。
そんな時期も必要なのだろう。
日本だって、今から思えば多くの失敗をしてきているのだから。
[PR]
# by mahaera | 2008-08-07 22:57 | 海外でのはなし | Comments(0)

暑い、暑い

なんだか、今年はとても暑い気がする。
湿気が多いのかもしれない。
先月から雨が降りそうで降らない天気が続いていたが、
ここ一週間、一か所にどっと降って、
それ以外はふってもちょびっとだ。

単に歳なので体力が落ちたのかもしれないが、
今でこんな夏バテなら、60になった時、どうなるのやらと
憂鬱な気分になる。

そんな訳で、頭も冴えず、仕事もあるのだが、なかなかはかどらず
あきらめてビールを飲んで寝てしまうこのごろ。
テレビでは「熱帯化している」というが、
熱帯のほうがよっぽど涼しいところもあるぞ。
[PR]
# by mahaera | 2008-08-06 22:58 | 日常のはなし | Comments(0)