ブログトップ

旅行・映画ライター前原利行の徒然日記

mahaera.exblog.jp

映画『20世紀少年』を観て

帰国翌日の日曜日、楽しみにしていた映画『20世紀少年』を観に近くの劇場へ行ってきました。
なぜか小学生の息子も観たいらしく、一緒に連れて行きました。
予告編の覆面や、巨大ロボット、「せかいせいふく」にひかれたから?

映画は三部構成で公開される第一回目。
膨大な原作マンガの67巻ぐらいまで。時代でいうと「2000年12月31日の事件」です。
で、率直な感想。

マンガと同じ。

映画ならではのオリジナリティは皆無。監督や製作者たち、金は使っても頭は使っていない。
連載マンガだと毎回、次に興味をつながなくてはならないので、
とにかく(あとでがっかりされても)引っ張りや盛り上がりを作らなければならない。
しかし映画は、2時間ぐらいを標準に、クライマックスを作っていかねばなりません。
観始めて一息つく20分過ぎ、45分ごろにも小さな盛り上がりも必要で、最後2030分ぐらいに一気にクライマックスへと持っていく。

しかし原作マンガをほぼ忠実に映像化したこの作品では、そんな映画鑑賞時間の起伏を無視しており、
まるで大河ドラマの総集編のように事件がだらだらと連ねられ、途中で集中力がなくなってきてしまう。
そして原作でも弱かった「ともだちの正体は誰か」「過去にいったい何があったのか?」という謎解き部分が、よりどうでもよくなっている。
ふつうよくできたミステリーの場合、最初に登場人物たちをさらりと紹介し、その中から犯人を探す。
原作でも少年時代の秘密基地の友人たちの中に、カルト教団「ともだち」の首謀者がいるのではないかという設定があるが、
しかしマンガでは、あとから「あ、あいつもいた」「もうひとりいた」と増やしてしまっており、これでは謎解きにならない。
映画ではそれがいっそう進み、主人公たちは事件に対応しているだけで、一向に過去の謎解きをしようという気配がない。
主人公たちが謎解きをしないので、こちらもそんな設定は忘れてしまい、ただ、事件が起きて、流れていくだけになる。

原作の連載が始まったのは1999年ごろで、カルト教団「ともだち」の描写は、ロックコンサートを開いたり、選挙に出たり、テロを起こしたり、「絶交(ポア)」したりと、オウム真理教そのままだ。
オウムの発想自体が、小学生の考える世界観と同じことに、作者はインスピレーションを得て、「これはやばい」と思ったのだろう。
地下鉄における毒ガス・テロなんて、まるでショッカーのやることだし。
ただ、オウムが現代的だと思ったのは、それまで赤軍派にしても違法で隠れて活動していたのに対し、秘密組織でも何でもないこと。
まさかそんなオープンな組織がテロを行うとは誰も思っていなかったのだ。

マンガでも、そのカルトぶりやそれに気づかずに受け入れてしまう社会の怖さの描き方はいまひとつだったが、
映画ではそのあたりを意識的に切り捨ててしまい、「ともだち」が単なる秘密組織になってしまったのが残念。
教団員の日常とか幼児性、そして何で入信者が多いのかをもっと説得力を持って描けば良かったのに、
あれじゃショッカーに洗脳された戦闘員で、怖いというより、笑ってしまう。

マンガで僕が印象的だったエピソードや小ネタが消え、残念な部分もある。
オッチョも何でタイであんなことをしていたのか、呼ばれたら迷わず日本に来てしまったりとか、説明省きすぎ。
キャラクターの描写がないまま、エピソードを消化していくので、たぶんマンガを読んでいない人には感情移入できないのでは。

原作マンガを最後まで読んでいないので、今後どうなるかわからないが、
第一章を見た限りでは、それなりに楽しめたけど、「映画」としてはなってないとハッキリ言える。
100点満点で40点ぐらいだ。
[PR]
# by mahaera | 2008-10-09 10:03 | 映画のはなし | Comments(0)

ひどかったなあ 泣けません 映画『手紙』

ケーブルテレビで日本映画『手紙』を観た。
少し前に話題になった作品で、新聞連載小説が原作。
殺人を犯して服役中の兄を持つ弟が主人公。
兄弟二人暮らしの兄が、弟を大学へ行かせるお金のために殺人を犯してしまう。
弟は大学を辞め、世間の冷たい目を避けながら仕事を転々として暮らしている。
殺人犯の弟とわかればアパートも借りられず、また会社もクビになるからだ。
ある地方の工場で働く彼を、食堂で働く沢尻エリカが好きになる。
しかし彼はその気持ちを受け取れない。
弟にはお笑いで成功したいという夢がある。
東京へ出た彼は、お笑いコンビで成功し始める。そして富豪の娘とも恋仲になるが、
有名になることはまた兄が服役していることが暴かれることでもあった。
お笑いをあきらめ、富豪の娘とも別れた彼を支えるのは、沢尻エリカだった。
兄を憎む弟は出紙を書くことを止めるが、兄からの手紙は続く。。。

ものすごいベタな映画だった。
映画というより、昼の帯ドラマのような感じ。
登場人物たちの次のセリフが予想通りだし、悲しければ泣く、辛ければ暴れて部屋のものを壊す、
陳腐としかいいようのない展開と表現で、泣けるどころか、途中から失笑という感じになってしまった。

ここまでやらないと、みんなストーリーとか、登場人物の心情がわからないのかなあ。
たぶん、、登場人物の心情は全部脚本にセリフかアクションで書かれているのだと思う。
でも映画でしょう。
画面の人物は笑っているんだけど、観客は「本当は心の中では辛いんだろう」と思って泣けるわけで、
先に号泣されちゃうとねえ。

犯罪者の家族が社会の冷たい視線を受けながら生きていくというのがテーマなのだろうが、
スターが沢尻エリカだけなせいか、彼女のアップやショットが多すぎで、画面が散漫。
脇役なのに出すぎなのだ。
主人公への偏見もベタで、「いまどきなあ」の感もある。
主人公と恋仲になるのが富豪の娘(大きなテーブルにワインを給仕する雇い人がいたりする描写には失笑)というのも。。。
案の定、彼女には婚約者がいて、その婚約者が幸せな2人の部屋に押しかけ、
「こいつの兄は犯罪者だ」「二度と彼女に近づかないでくれっ!」と叫ぶ。まるで韓国ドラマかっていう展開。

最後は主人公が兄の気持ちを思いやり、かつての相棒と再びコンビを組んで刑務所に慰問公演に。
兄の前で芸をする。弟の舞台に立つ姿を見て、手を合わせて号泣する兄。涙ぐむ弟。って違うだろ。
そこは兄は弟のお笑いに受けて笑っている顔をしているが、心で泣いていると想像させるとか、
弟だって泣きたい気持ちを隠しながら芸しているとか、そういうところが本来感動を呼ぶんじゃないかと。

ここ一年ぐらいに観た映画の中では『涙そうそう』『ラブソングができるまで』ぐらい酷かったが、
ネットで見ると、みんな感動して泣いているようだ。
ここまでわかりやすくしなけりゃわからないようなら、小津安二郎の『東京物語』みてもチンプンカンプンだろうねえ。

点数つけるなら、マイナス20点。
[PR]
# by mahaera | 2008-10-09 10:02 | 映画のはなし | Comments(0)

『20世紀少年』 タイの島にて思う

タイの島の浜辺で、夕食とビールを楽しんでました。

そこでぼーっと考えていたのが、浦沢直樹のマンガ『20世紀少年』。
今まで読んでいなかったのですが、タイのメーソートの宿に16巻まであったので、そこまで読みました。
途中までしか読んでないので、結末はまだわからないのてすが、たぶん作者は僕とほとんど歳は同じ。
共感するところは多いのですが、違うところもあり、
日本社会の中であまり声を大きく出していない世代に属している僕としては、複雑な気持ちになりました。

このマンガで重要なものに、空き地の秘密基地が出てくるのですが、東京でこんなものを作った最後の世代ぐらいなのかなあ。
たぶん60年代末の東京はまだ過渡期だったのでしょう。
空き地はいたるところにあり、そこは子どもたちの秘密の遊び場でした。
子どもたちは今とちがって、同じ年齢の子とだけ遊ぶのではなく、近所の子と遊ぶので、上下関係もありました。
お兄ちゃん格がいたので、子どもたちだけでどこかへ行くことにも大人は鷹揚で、
別の小学校の学区や公園にも遠征したし、また銭湯にも子どもたちだけで行くこともありました。
開いたばかりの早い時間の銭湯は、まだ子どもと老人しかいなかったので、
プール代わりに遊んでも、あまり怒られることもありませんでした。

『20世紀少年』では、その秘密基地を利用していたうちの誰かが、カルト教団の教祖となり悪事を働くのですが、
今から思えば、日本中を吹き荒れていた8090年代にかけての新興宗教の嵐はなんだったんでしょう。
このマンガはちょうどオウム事件のころか、その後ぐらいに連載が始まったと思いますが、
子どものころに思っていた「こうなるはずだった未来」にこだわっています。
10年ぐらい前か、ちょうど『クレヨンしんちゃん モーレツ大人帝国の逆襲』というアニメがありました。
これも、もうひとつの『20世紀少年』で、すばらしかった70年ごろに時代をフィックスして、進歩はいらないというカルト教団が日本を支配するという話です。

これらの作品は、きっとバブル期の80年代に大きな違和感を感じたから生まれてきたような気がします。
日本中が浮かれたあの時代、僕は大学を出て働いていましたが、まったく乗れませんでした。
学生運動をテレビで見て、「学生はあんな感じなのかなあ」と期待して中学に入ったら、学生運動はすでに終了。
世の中はすでに祭りのあとの片づけをしているころでした。
きっとこれが、上の世代に不信感をいだいた最初かもしれません。
そしてバブル。その時働いていた会社の社長が「今の時代の流行は僕らの世代が作っている」と豪語。
余計に反感が募りました。
こんな未来だったんだっけ。
大学の友は新興宗教、英会話、アムウェイの勧誘に引っかかり、当時やっていたバンドもそんな誘惑に負けたメンバーがいました。

あっという間の30代、その半ばでバブル崩壊。
僕にはあまり関係なかったけど、一番高い時にマンションを買った友もいました。ちょうど結婚や働き盛りの時だったし。
それでも、周りを見回すと、友人の多くはバブルにも流行にも関係なく過ごしているような気がします。
だから久しぶりに会っても「あのころは良かった」とも言わないし。

ちょっと前、高校時代の後輩からメールが来ました。
卒業以来、一度もあってもしないし、とくに仲が良かったわけでもないのですが、元気でやっていることがとてもうれしかったです。
一緒に自主制作映画を作っていた仲なのですが、あの時のメンバーが今どうしているか、気になりだしました。

ま、つれづれなるままにいろいろ書いてみました。
[PR]
# by mahaera | 2008-10-04 10:06 | 海外でのはなし | Comments(0)

『ゲリラになろうとした男』

ついでに書いておくと、高校の時に作った映画は、『ゲリラになろうとした男』というものです。
僕がいた芝学園の映画研究部で作ったものですが、監督とお金を出したのはひとつ下の後輩の樋口尚文という男。
クラブは協力しましたが、実際は彼の製作作品です。
僕は出演しただけで演出などには関わっていません。
物語の前半は僕を中心に進みますが、途中で死ぬか倒れるかして、中盤から主人公は今回連絡がついた後半の西英一くんになります。
学生運動に乗り遅れた男が、ゲリラになろうとしますが、反抗すべきものが見つかりにくい中、学校、制度、親などと対立していくという八ミリ映画。
最後に見たのがずっと前なので、詳しい筋は忘れましたが、当時、ぴあフィルムフェスティバルで評価された記憶があります。
監督をした樋口尚文君は、大学卒業後電通のクリエイターになり、多くのCFを作っているそうですが、今は交流がないのでどうしているのやら。

やはり出演していた小山登美夫くんは、美術館系に進み、今はギャラリーをやっているとネットで知りました。
ネットはこういう時、便利ですね。
他のメンバーはどうしているのやら。もう30年近く前ですから。。
一度、機会があったら会って、また映画の話でもしたいものです。

僕は高校卒業後、映画から離れ、興味は音楽、バンド活動へ流れてしまいました。
バンドもその後、海外旅行に興味が移り、全然やっていなかったのですが、やっと今年、10年ぶりにライブ活動に半分復帰したしだいです。
映画もまた撮ってみたいと思うのですが、これはなかなか大変ですね。
僕が作ったものは、ほとんど完成してないし(笑)
[PR]
# by mahaera | 2008-10-04 10:05 | 映画のはなし | Comments(0)

ラヨーンに移動しました

本当はバンコクにもう一泊の予定だったのですが、カオサン周辺にいるのが嫌になり、昼間仕事を済ませたあと、そのまま夕方バスに乗ってラヨーンへと移動しました。
ラヨーンはバンコクからだと南、パタヤの東南にあり、バンコクからだとバスで三時間ほどの町。近くには手近なビーチのサメット島もあります。

部屋でネットができるワイファイ環境が整っているホテルにしようと、町からは2kmほど離れている中の上ぐらいのホテル、ラヨーンシティーホテルにへ。
着いたのが夜だったせいか、それとも安い部屋は長期滞在者が押さえているせいか、高い部屋しか空いておらず、しかしいまさら他を探すのも面倒なので、そのままチェックイン。
ま、高いといっても1300バーツ、4000円ぐらいなんですが、昨日まで泊まっていた宿の3倍です。
さすが高い部屋だけあってバスタブ付です(笑)
今回のタイ旅行で、初めてバスタブに浸かりました。
まあ、安いところに泊まれと言われているわけではないんですが、
何となく貧乏性なんで。。

ロビーやホテル周辺には、仕事着を着た日本人がたくさん。
どうやらここは近くに駐在している日本人御用達のホテルのようです。
テレビももちろんNHKが見られます。
ホテルの裏手には、居酒屋が二軒あり、
外から見たらカウンターも満席のようでした。
あまりにも新橋の居酒屋のようなので、入るのはやめました。
ネクタイ締めた日本人たちの中に、ジーンズにTシャツ姿だとちょっと。。
近くのタイ人向けのレストランにひとりで入りました。
いつもと変わりません。

せっかく高い部屋に泊まっているので、さっさと部屋に戻り、
くつろいでネットをしてます。
やっぱりつなぎ放題だと気が楽ですね。
一泊だけというのが、だんだん残念になってきました(笑)
[PR]
# by mahaera | 2008-10-01 10:11 | 海外でのはなし | Comments(0)

旅先で読んだ本 今回のタイ旅で

旅に出るたびに、いつも文庫本を10冊ぐらい持っていきます。
たいていブックオフで105円で買ったやつ(笑)
なるべく分厚く、読みでがありそうなものがよく、500ページぐらいのが最適です。読むのはたいていバス移動や空港での乗り継ぎで、部屋ではほとんど読みません。最近はパソコン持ち歩いているので。

一回の旅で10冊だとしたら、年間30~40冊。日本では通勤があまりないので、仕事以外の本は月にせいぜい2~3冊しか読まないので、そんなに多くはないですね。
旅に持っていくのはたいてい小説です。小説は仕事で読まないから。
前はほとんどが海外小説だったけど、最近は日本のものも読みます。
一時期はスティーブン・キングやエルロイなども読んでましたが、今回のチョイスは。。

松本清張「日本の黒い霧」
… 子どものころ、マガジンか何かでこれのマンガ版を読みました。記憶に残っているのが「下山事件」。当時、国鉄総裁だった下山が轢死死体で発見され、自殺と見られるが、実は米軍関係者に謀殺されたというもの。この事件現場が実家から近く、事件に親しみを感じたのかもしれない。今回、ちゃんと読もうと文庫を持ってきたのだが、買うとき間違えて(上)を二冊持ってきてしまった。さあ、(下)を読もうとした時、気づいて愕然。一冊はランパーンのリバーサイドゲストハウス、同じもう一冊はスコタイで会った人にあげました。

「象と逃げた男」
…アメリカで実際にあった話。象の芸をしていた男が、象二頭を売るも、相手が象を虐待していたのを知り、連れ戻す。しかし裁判で負けたので、そのまま象を連れて五年間逃避行をするという話。多くの人の証言を拾ったノンフィクション。誰が正しいわけでもなく、現実は映画のようにはいかない。ほろ苦い結末。

桐野夏生「柔らかな頬」
… この人の本を読むのは「OUT」に続き二作目。相変わらず、「痛い」女性が主人公。北海道の漁村から逃げるように家出した女性が、東京で結婚後、心の隙間を埋めるように浮気。しかし浮気相手に誘われた別荘で五歳の娘が失踪する…。この事件が発端になり、関係した多くの人々の生活が崩れていく。なぜ娘はいなくなったのか。推理ものにいきたくなるところを、あえてそこには深入りせず、多くの可能性を提示する。変わったドラマだが、読んでいて心がどんどん荒れていくような、救いのない世界。しかし物語に引き込んでいく力はさすが。映画化されているようだけど、そちらは未見。

あと何冊かあるけど、そちらは時間があったらまた書きます。
[PR]
# by mahaera | 2008-10-01 10:08 | 読書の部屋 | Comments(0)

サメット島から

午後3時ごろ、サメット島に着きました。
昼までは天気が悪かったんですが、チェックインしたころから急に晴れました。
遅いご飯を食べて、落ち着いてからだと、もう島を回るほど余裕がないので、
ブレイクをとることにし、ビールを飲んで海に入りました。

この島に来るのは、今年二度目。
バンコクから4-5時間の距離なので、タイ人の若者がとても多いところです。
島なので何かと物価は高いですが、それは日本と同じ。

帰国も近づき、最後にやっとリゾート気分です。

それでもまだやることはのこってますが。。
[PR]
# by mahaera | 2008-10-01 10:07 | 海外でのはなし | Comments(0)