ブログトップ

旅行・映画ライター前原利行の徒然日記

mahaera.exblog.jp

ゴジラはロックか

日本映画専門チャンネルのゴジラ特集をみた。
佐野史郎とみうらじゅんの対談で、
「ゴジラとロックは僕達の間では同義語ですけど、人にはわかりませんよね」
と二人が話していた。二人とも僕より35歳ぐらい上だと思うが、ふつうロックに熱を上げるよりゴジラに熱を上げる方が低い年齢なので、
彼らはロックを知った時に、ゴジラ的なものを感じたのだろう。
みうらじゅんは「ディランがロック」とも表明しているので、
「ゴジラ=ロック=ボブ・ディラン」と言うことになる。

前にも書いたが、僕がゴジラを初めて映画館で見たのは「南海の大決闘」。
みうらじゅんは、「南海の大決闘」までを映画館で見たが、「ゴジラの息子」は行かなかったといっている。
ゴジラが妙に人間臭くなってくるのが嫌だったからだ。
僕も「ゴジラ人間化」は子どもながらに、大人にバカにされているようで嫌だった。
新作のゴジラは人間ぽく、ときには愛嬌を振りまくが、テレビで放映しているゴジラは人類の敵。街を破壊しまくる。
子どもながらにそこにウルトラマンにはない、「反権力」を感じたのだろう。
ウルトラマンやウルトラセブンは、時には自分の使命に悩みながらも、人間を裏切ることはない。
そこに組織に属する会社員的な悲哀さえ感じたのだが、初期ゴジラは完全にアウトロー。
マカロニウエスタンの主人公ながら、ニヒルさもかねそなえていた。破壊するのに理由はない。
そこに権威的な建物があるからだ。
ゴジラの目的は人間抹殺ではなく、人間たちが作ったバビロンを破壊することだ。
人間はそれに対抗しようとするが、結局キングコングやモスラの力を借りなければ、ゴジラを追い払うことはできない。
ゴジラ映画を見て、人間ではなくゴジラに肩入れしていたのも、
子どもながらに大人世界が破壊されるのが、気分が良かったからだろう。

しかしキングギドラのような宇宙怪獣の襲来により、ゴジラも人間側に立っていく。
このあたりから、ゴジラ映画は急速に物足りなくなる。
反骨のロッカーが、観客のリクエストに応じ、手拍子をもとめたり、まあ媚を売るようになるのと似ている。
ライブ会場ではこちらもその場のノリで喜んだりするが、九段の坂を降りるころには、「あいつも歳とったなあ」と友達と話ている。
そんな感じだ。

うちの小学生の息子と風呂に入っていると(昭和ゴジラを全部通して見た後)、息子は「ゴジラも子どもができたから悪いことできなくなったんだよね」とぽつり。
昔は悪で慣らしたが、子どもができたら、その教育上、町を無闇に破壊するのはまずい。
ゴジラもそう思ったのか。
しかし、それはそれまでのオーディエンスにそっぽを向かれることでもあった。

ゴジラに大人社会への反逆を見出した子どもたちは、中学生になると、その代わりをロックに見つけた。
ロックとは音楽のジャンルと言うだけでなく、概念でもある。最初はキッスやクイーン、エアロスミス、ディープ・パープルがロックの代表だと思っていたが、それは見かけからロックに入っていったからで、のちに僕もボブ・ディランに傾倒する。でも、聞きはじめたころは「ディランがロック」とは気付いていなかった。「よくわからないもの」「アメリカの吉田拓郎」だった。

ロックは職業ではない。
ミック・ジャガーだって、「職業は?」と聞かれ、「ロックです」とは言わないだろう。
ボブ・ディランは初来日の時、「あなたはフォークの神様と言われていますが、どう思いますか?」と記者に聞かれ、「俺は人間で、ただのシンガーだ」と答えた。
ロックは「生き方」であり、スタイルだ。だが、人それぞれにロックがあり、それぞれのロックを持っている。
GLAYはロックか? じゃあIZAMは? 長渕剛も?

ロックは職業ではない。
本人にしてみればずっと同じことをやっているつもりでも、ロックがいつの間にかなくなっているかもしれない。
しかしそんなことは人に言われたくないだろう。
「もう、お前はロックじゃない!」
「じゃあ、お前はロックか!」
という不毛の会話が浮かぶ。

しかし良き家庭人となった昭和ゴジラは、幸せだったのかもしれない。
愛されつつ、引退していったのだから。
そしてロック魂を帯びたゴジラは、平成の温い世の中に再び活を入れにやってくる。
その時、活を入れられるのは、良き家庭人となったかつてのロック少年たちだった。。
[PR]
# by mahaera | 2008-12-07 16:02 | 映画のはなし | Comments(0)

来週はライブが2つあります

昨夜、ダブル・シャッフル・ブルース・バンドのライブ前、最後のリハ。
うろ覚えの2曲以外は、ほぼ一発でOK。
まあ、10月にやった時と選曲を替えているわけでもないので、
忘れてなけりゃ問題はないのだけれど。
恐いのは曲は覚えているけど、keyがいつもとっさに思い出せない。
やっぱり紙に書いておこうかなあ。
僕以外のメンバーは、みなベテランなんで、合わせていれば心配ないんですが。
ちなみにこれがこのバンドのラストステージです(たぶん)

12月12日(金)19:30 ライブ・バーZZ(最寄り駅は御成門または内幸町)

その翌々日、今度は「おださが」で、地元のバンドのライブです。
こちらは全曲オリジナル。ジャンルは、まあロックでしょうか。
明日はそのライブ前最後のリハ。
とライブ続きです。
10年もほとんどライブしてなかったのに、続く時は続くという。。

まあ、来年は前半は取材が続く予定なので、
しばらくはそんなに音楽活動できないとは思います。
来週のライブ2連発で、一段落という感じでしょうか。
まあ、終わったら終わったでまたやりたくなるかもしれませんが、
ベースを弾くのはたまにでもいいかも。
もともと、「ベース弾いてりゃ楽しい」って感じでもないので。
[PR]
# by mahaera | 2008-12-06 16:03 | 日常のはなし | Comments(0)

昭和ゴジラ・シリーズ

昭和30年代生まれの他の男子同様、子供のころ、僕はゴジラにハマっていた。
時は怪獣ブーム。テレビではウルトラマンやウルトラセブンが、怪獣を倒して活躍していたが、
映画館ではヒーローの代わりに怪獣たちが主役で暴れ回っていた。
子どもながらにマイナー好きな僕は大映のガメラを応援していたが、
やはり質・量ともに東宝のゴジラ・シリーズが勝っていることは、小学生でもわかっていた。

今回、ケーブルの日本映画専門チャンネルで、ゴジラ一挙放送というのをやっていて、子どもと一緒に何本か見直してみた。
ゴジラこの一本となれば、大人になった僕は初代ゴジラ登場の『ゴジラ(昭和29年)』をあげるが、当時の僕のお気に入りは、歴代の怪獣たちがほぼ勢ぞろいする『怪獣総進撃』だった。
リアルタイムで劇場で見たゴジラ映画は、たぶん『ゴジラ、エビラ、モスラ南海の大決闘』だったが、怪獣登場シーンが少なくて、いまひとつ。
その次に見たのが『ゴジラの息子』で、着ぐるみとは異なるカマキラスとクモンガの「吊りぐるみ」に胸ときめいたが、「ミニラ」という、女子どもに迎合するキャラが不愉快だった。自分も子どもだったが。

『怪獣総進撃』は、「単に怪獣たちがたくさん出てくる」というだけでなく、SFチックでスピーディなドラマ展開も好き。当時、ドラマが入った朝日ソノラマのソノシートを買い、セリフを丸暗記するほど聞いた。音楽がかっこ良く、いまもあのテーマを聞くと、胸ときめく。

ゴジラ・シリーズに幻滅したのは次の『ゴジラ、ミニラ、ガバラ、オール怪獣大進撃』。今までのフィルム使いまわしに、子どもながら映画業界の衰退を感じた。また「夢オチ」という禁じ手を、ゴジラでも使われた失望感。これもソノシートを買ったが、もはや『怪獣総進撃』ほどの興奮がなかった。僕も小学2年生に突入していた。

もはやゴジラともおさらばか、と思いながらも見にいった最後の作品は1971年の『ゴジラ対ヘドラ』。しかし予想に反して、この作品のインパクトは大きかった。これはもはやゴジラ映画ではなかった。「かえせ!地球」の主題歌、ゴーゴークラブを襲うヘドラ、ヘドロの中で泣く赤ちゃん、死んでいく雀荘のサラリーマンたち、光化学スモッグで倒れる子どもたち。夢の世界のゴジラが現実世界に降りてきたようなリアルな恐怖が、子供心に大きなインパクトを与え、いくつかのシーンはトラウマのように、大人になって鮮烈な映像となって思い出された。

たぶん、もう大人の世界をかいま見るような歳になっていたのだろう。
その時、僕は小学五年生。
その翌年、ガイガンなる怪獣がゴジラと対戦したが、もう映画館には行かなかった。テレビで胸ときめかせ、興奮して見るのは怪獣映画ではなく、『大脱走』とか『荒野の七人』。
ソノシートの代わりに、テープレコーダーで映画を録音し、マックイーンやブロンソンのセリフを僕は覚えていた。
ヒーローはゴジラやウルトラマンではなく、映画スターになっていたのだ。

そして最近、『ゴジラ対ガイガン』『ゴジラ対メガロ』『ゴジラ対メカゴジラ』などを見たが、完全に人間の味方になっているゴジラにはまったく魅力がなくなっていた。
荒ぶるロッカーが、歳とともにディナーショーが活動の主体になってしまったかのようなドサまわりぶり。
映画のスケール間も、まるでテレビのスペクトルマン並み。
でもこれは僕が大人になってしまったからか。いや、違うと思う。

来週からケーブルでは、平成ゴジラ特集をやる。
全部見たことがあるが、また見てみよう。
[PR]
# by mahaera | 2008-11-30 16:04 | 映画のはなし | Comments(0)

ムンバイの同時多発テロに思う その1

今朝のニュースを見る限り、ムンバイのトライデント・ホテルではまだテロリストが人質をとって立てこもる状況が続き、事態は収束していない。
新聞記事によれば、ムンバイでテロリストが襲ったという場所は10か所。
テロリストの数は20人ほどで、立て籠ったタージ・マハル・ホテルとトライデント・ホテル以外は、「襲撃して移動」という感じだったのだろう。

タージ・マハル・ホテルが襲撃されたのは夜9時半。
日本人が亡くなったトライデント・ホテルが襲撃されたのは翌2時。
この間、4時間以上もテロリストはムンバイ市内を移動し、暴れ回っていた。
インド政府の対応は早いか遅いかわからないが、テロリスト側はできる限り、市内の施設を襲撃するつもりだったのだろうか。

みなさんもご存じのようにインド人の大半はヒンドゥー教徒だ。
しかし13%を占めるイスラム教徒も大きな存在だ。
全体の中では少数派とはいえ、その人口は日本の人口と同じぐらい。
地域によっては、イスラム教徒の割合がぐっと多くなるところもある。

イギリスがインドを植民地化する以前、北インドの多くは何百年にも渡ってイスラム系の王朝が支配していた。ムガール帝国がその代表的なものだ。
インドを代表する建築タージマハルも、そのムガール帝国時代の廟だ。この時代、インド社会にゆっくりとイスラムが浸透し、
あるものはヒンドゥーからイスラムに改宗した。
イスラムは原則的には「神の前の平等」を説いているので、カースト制度を嫌った、低いカースト層のものが多くイスラムに入信したという。
また、当時のイスラム王朝に仕えるため、入信した者もいたろう。
しかし、当時はとくに「宗教紛争」はなかったようだ。
王朝や王国同士の戦いも、宗教同士の戦いではなく、戦争の際には双方にそれぞれの宗教を信じる領主たちが参戦していた。

ヒンドゥーとイスラムの戦いが、表面に現れ、激化したのは、インド独立の時だ。
インドと東西パキスタンに分かれて独立する際、それぞれの国に住む少数派の信者が、国を出ざるを得なかった。このとき、住民同士による無益な殺し合いが続いた。
次は197080年代、インドをヒンドゥー至上主義が席巻し、
イスラム教徒とだけでなく、シク教徒などを含め、激しい対立を生んだ。
寺院やモスクの爆破事件が相次いだ。ムンバイでも住民同士の激しい争いが続いた(映画『ボンベイ』で描かれている)。

僕がインドを初めて訪れた1990年代半ばのインドでは、こうした対立はひとまず落ち着いてきたころだった。インド人自体が、激しい対立の高揚から冷め、「しらふ」に戻りつつあるようだった。カシミールではまだパキスタンとの対立が続いていたが、ちょうどインド人の関心が「経済」へと大きく転換しようとしていたころだったと思う。
ヒンドゥー教徒とイスラム教徒は、仲良くなったわけではないが、
お互いに干渉しなくなった。対立やテロを繰り返しても、何も生まなかったし、それにより社会も変わらなかったからだ。

(続く)
[PR]
# by mahaera | 2008-11-28 16:06 | 海外でのはなし | Comments(0)

ムンバイの同時多発テロに思う その2

この10年でインドは大きな経済発展をした。
新聞でもテレビでもそう書かれている。もちろん、ほぼ毎年インドを訪れていれば、僕だってそれを肌で感じる。
金持ちと貧乏人しかいなかった社会に、中産階級と呼べる人たちが、年を追って増えていると。
テロ組織に入るのは経済格差が原因という人もいる。
もちろんそれも理由の一つだろう。
でも、インドでは昔から経済格差はあり、全体的に言えばイスラム教徒の方が低所得者が多いのだろうが、ヒンドゥーだって貧乏な人はいる。
社会に不満な人は、どんな社会にだっている。
そんな人の不満のはけ口が「テロ」という手段になっているような気がする。インドのイスラム教徒たちに、直接聞いたわけではないが、1億人におよぶイスラム教徒がインドからの独立を望んでいるわけではないだろう。

インドは世界最大の民主主義国家だ。
それがうまく機能しているかは別にして、いちおう「選挙」によって選ばれた政治家が国を運営している点では、日本と同じだ。
いくら閉塞感があるとはいえ、そうした政策をとる政府を選んでいるのは国民なのだ。
しかしテロは絶えない。
今回のテロによってインド国内のイスラム教徒たちは「スカッ」とするだろうか。きっとしないだろう。

9.11のニューヨークで起きた同時多発テロの時、僕はインドのバナーラスにいた。インド人たちはみな不安気にテレビを見ていて、崩壊したツインタワーの映像を見ながら、「あの中には多くのインド人がいる」と僕に言った。

アフガンに援助に行ったインド人たちがタリバーンに殺された時、
インド人たちは「俺たちは中立なのに。奴らは狂っている」と憤っていた。

イラクで日本人の若者3人が誘拐された時、僕は南インドにいた。
そのニュースは現地でも新聞の一面を飾り、「大変だな」と現地のインド人が僕を慰めてくれた。(日本へ帰国した時、バッシングされていることを知り、驚いた。インド人は同情し、同国人はバッシングかと)

今回の同時多発テロをニュースで見ながら、
僕にはそんな思いがよぎっていった。
[PR]
# by mahaera | 2008-11-28 16:05 | 海外でのはなし | Comments(0)

バンコク新国際空港(スワンナプーム空港)閉鎖 まいったなあ

仕事柄、タイには年1回は行っている。
今年は4月と9月に2回タイに行った。

9月にタイに行った時に、現地のマスコミ専攻の大学生にインタビューを受けた。「タイの政情不安を日本人はどうみているか」と。

ほとんどの日本人は、タイの内政を知らないし興味はない。
それに政治対立といっても、テロのような過激な行動にはあまり出ない。
そもそもタイ人が暴力を嫌う。死者を出すような行為をしたら、そっぽを向かれ、支持を得ることは難しい。だから、まあ平和的と言うか、それほど過激ではないので、ニュースになることも少ない。それにタイで対立する派閥も、「保守VSリベラル」というわかりやすい構図でもないため、感情移入しにくい。

僕が答えたのは
「多くの日本人は残念ながら関心はない。ただし観光にはイメージダウンだろう。
僕個人の考えとしては、たとえ現政権が腐敗していても、
選挙で選ばれた政府なら、選挙で白黒つけるのが民主主義。
一度クーデターを起こして選挙をしたのに、
やはり前の政権が返り咲いたのは、クーデターを支持した側にも問題があるから。
選挙の結果を不法な手段で阻止しようとするのは、選挙の否定と同じだ」

今回、バンコクのスワンナプーム空港が反政府側によって占拠され、
閉鎖になっている状況をタイ人の多くはやり過ぎだと思っているだろう。
スワンナプーム空港は、たしかにタクシン派(現政権側)の肝いりで作り、いろいろ批判も浴びた。しかしここを閉鎖すれば、観光業をはじめ、タイの産業は大打撃を受ける。人々の仕事にも直結しているのだ。

日本人の感覚だと、現政権が保守で、それに反対するのがリベラル派というイメージだが、タイではそうでもなく、むしろ反対しているほうが保守(旧支配層的なポジションの連合体)なのだ。北部に基盤を持つタクシン派は、低所得者層や農民に受ける政策で、根強い人気を持つ。

この9月、チェンマイのトレッキングの会社の人と話した時、
「チェンマイ周辺には、トレッキングで楽しめる少数民族の村がほとんどなく、この仕事もそろそろ終わり」と彼が言っていた。
タクシン政権になり「どの村にも電気を通す」という政策で、
山の上の少数民族の小さな村にも発電機が置かれるようになった。
半日歩いて苦労していった先の村で、電気が通っていれば、
トレッキング客はがっかりする。
しかし村人にとっては、電気が通り、道路もできることは大歓迎。
実際、北部の山道はここ数年でかなり良くなった。

だから、どっち側がいいかなんて、部外者の僕には言えない。
ただし、「選挙の結果を否定」するのはやり過ぎだと思う。
今回の「空港占拠」は、過激に走って国民の支持を得られなくなった、
反政府側の「最後のあがき」のようにも見える。

個人的には早く収束して、タイに観光客が戻ってほしい。
僕の仕事も上がったりだが(笑)、タイの旅を通して知り合った
多くの観光に関わる人たちの困った顔が浮かぶからだ。
[PR]
# by mahaera | 2008-11-27 16:09 | 海外でのはなし | Comments(0)

タージマハルホテル炎上 ムンバイのテロ

タイが問題と書いたら、今度はインドで深刻な事件が起きてしまった。
現在ニュースで流れているが、場所はムンバイ。
今年の3月にも訪れ、一週間ほど滞在したエリアだ。

ムンバイへ行った方ならわかると思うが、今回事件の舞台のひとつとなったタージマハルホテル周辺は、ムンバイ有数の観光地で、安宿から高級まで多くのホテルがある。バックパッカーには便利なところで、20ドル程度の宿や外国人向けのレストラン、近くには博物館や名所のインド門もあり、ムンバイへ観光でやってくるものなら、必ず訪れるエリアだ。

初めてムンバイへ行ったのは5年ほど前。
インドには何度も行っていたが、なぜかこの町を訪れることはそれまでなかった。その時は取材だったので、ホテルは依頼先が手配してくれたが、その時に泊まったのが、今回テロの標的となったタージマハルホテルだった。

このホテルはムンバイのランドマークともいうべき建物だ。
このホテルを作ったのはインド最大の財閥ターターのご先祖。
19世紀末、資本家として成功していたターターだが、外国人の友人とあるホテルへ食事に出かけたところ、「ここは外国人専用でインド人はお断り」と言われる。
この屈辱を機に、ターターは世界に通用する、インド資本のホテルを建てようと決意。1903年にこのホテルは完成した。やがてこのホテルはインド民族主義のシンボルとして、しばしば引用されるようになる。

襲撃を受けたもうひとつの場所「レオポルド・カフェ」は、タージマハルホテルの裏側150mぐらいの所にある、外国人がよく利用しているレストランでだ。
このカフェは旅行者のたまり場で、ガイドブックには必ず載っている。
たぶんムンバイを訪れた旅行者なら一度は足を運んでいるだろう。
僕もここで何度も食事をしたりビールを飲んだりしており、この春にも行ったばかりだった。
そこにもテロリストは押し入り、イギリス人とアメリカ人を探していたようだ。テレビでは血に染まった床が映し出されていた。

ムンバイはインド最大の都市。
日本で言えば今回のテロは、帝国ホテルを襲い、銀座で銃撃戦を起こすようなものだ。インド政府がうまく収集しなければ、インドへ旅行したい人は減り、観光業はぐっと冷え込むだろう。
そして犠牲者の中に外国人はいるが、ほとんどはインド人だ。
無差別テロは誰でも憎むべきものだが、とくに僕のように観光に関わる仕事をしているものだと、怒りさえ覚える。
「観光」あるいは「旅行」は、他の国や地域の人々と、利害関係なく接することができる大切な場だ。旅先で多くの人々と出会うことで、その人も多くを知り、他の者に寛容になれる。
そんな手段だが、テロはそれを一気に潰す。そして関係ない人が殺される。たまたまそこを歩いていただけのような人たちが。

僕自身、この1月にまた取材でインドへ行く予定だったが、今回の事件の結果次第では仕事自体がなくなるかもしれない。でも、それでインドに行くのを止めようという雰囲気になれば、それこそテロリストの思う壷だ。
[PR]
# by mahaera | 2008-11-27 16:07 | 映画のはなし | Comments(0)