ブログトップ

旅行・映画ライター前原利行の徒然日記

mahaera.exblog.jp

誕生パーティーat Wai Wai

報告が遅れましたが、6月12日の
僕の誕生パーティーat Wai Waiに来てくれたみなさん、
ありがとうございました。
10人以上集まり、とても楽しかったです。
また、一緒にお祝いした、6/5生まれの高橋さん、
6/10生まれのカオリンさんも、おめでとうございます。
そして、すてきな料理をサービスしてくれた
Wai WaiのLoreinさん、心から感謝しています!
 ちなみに56歳です(笑)
[PR]
# by mahaera | 2017-06-18 09:46 | 日常のはなし | Comments(1)

最新映画レビュー『LOGAN/ローガン』 シリーズ最終章はまさかの傑作!

20年近く、“ウルヴァリン”を演じてきたヒュー・ジャックマン。
その最終作となる「LOGAN」は、まさかの傑作だった。
ダメな作品もあるが、それで全作品を見続けてきたファンにとっては、最高の贈り物だ。

不死の体を持ったおかげで、愛するものの死を見すぎた
ローガン(ウルヴァリン)。
アルツハイマーを患い、自分の力を制御できなくなった
チャールズ(プロフェッサーX)の面倒を見ながら、自殺を夢見ている。
そんな彼が抱え込むことになったのは、
彼の遺伝子を組み込まれて誕生した少女。
逃避行を続ける3人の姿は“家族”に見えてくる。
Xメンシリーズ、最高のバイオレンス映画(首が飛びまくる)だが、
それも「人を殺したものは、一生それから逃れることができない」
という映画「シェーン」のセリフを生かすため。

最後は、もう涙目になってしまったよ。
娘を持つ男親には、「インターステラー」に続く
号泣映画であることはまちがいない。命が受け継がれるためには、
人と同じようにローガンも死なねばならないのだ。
[PR]
# by mahaera | 2017-06-07 09:27 | 映画のはなし | Comments(0)

最新映画レビュー『はじまりへの旅』 母親の死をきっかけに、旅に出る一家のロードムービー

はじまりへの旅
Captain Fantastic
2016年/アメリカ

監督:マット・ロス
出演:ヴィゴ・モーテンセン、フランク・ランジェラ、ジョージ・マッケイ
配給:アンプラグド
公式HP /hajimari-tabi.jp/
公開:4月1日より公開中



俳優としては脇役が多く、僕も印象にないマット・ロスだが、
この小品で監督として注目を浴びている。
また、主演のヴィゴ・モーテンセンは、
本作でアカデミー主演男優賞にノミネートされた。

アメリカ北西部の山の中、父親ベンと7歳から18歳の6人の子供たちが自給自足の生活を送っている。
高い教育とサバイバル技術を身につけさせ、
ある意味純粋培養させられたような子供たち。
しかし心を病んで故郷に帰っていた妻が自ら命を絶ったことを
知り、ベンと子供たちは葬儀が行われる
ニューメキシコまで2300キロの旅に出る。
そしてそれは、子供たちにとっては、
初めて見る外の世界だった。。

日本ではふつうの人が子供を学校に通わせずに
義務教育を受けさせることは違法だが、
アメリカでは自宅で義務教育を行うホームスクーリングは合法だ。
なので、宗教や思想上の理由で、
そうしているファミリーもいるという。
本作では、子供たちにとっては家の周りの自然が「世界」で、
身の回りにいる唯一の大人である父親が「神」に近い存在になる。父親は絶対的な存在だ。
ただし、本作のヴィゴ・モーテンセンは、
独裁ではあるものの強権的ではなく、超リベラル。
とはいえ、人間がエデンの園を出て行ったように、
子供達も自我を持てば、
いつしかその楽園から出て行く
ことになる。
そのきっかけが「母の死」で、外界を知ってしまった
子供達がどうするか、そして“汚れた世界”から子供たちを
“守ってきた”父親が、いかにして自分も折り合いをつけていくというロードムービーだ。

娯楽エンタテインメントというよりは、
オフビートコメディといった感じだが、
映画全体に流れる、失われていく時への感傷は、
70年代ニューシネマ的感覚。
アカデミー賞やゴールデングローブ賞など各賞の主演男優賞に
ノミネートされたヴィゴの演技は秀悦。
随所にかかるサウンドトラック音楽もよく、
ディラン作の「アイ・シャル・ビー・リリースト」や、
ガンズ作の「スイート・チャイルド・オブ・マイン」が、
カバーにより意外なところで流れる。
★★★
[PR]
# by mahaera | 2017-04-25 09:21 | 映画のはなし | Comments(0)

最新映画レビュー『HARDCORE ハードコア』    全編1人称カメラによる、体験型?アクション映画

HARDCORE ハードコア

2016年/ロシア、アメリカ

監督:イリヤ・ナイシュラー
出演:シャールト・コプリー、ダニーラ・コズロフスキー、ヘイリー・ベネット、ティム・ロス
配給:クロックワークス
公開:4月1日より新宿バルト9 にて公開中


ビデオゲームはしないので詳しくはわからないが、
画面前方に銃を持った自分の手が映り込み、
現れた敵を次々と撃ち倒していくものがある。
簡単に言えば、そんな画面だけで構成された、
全編主観映像という、映画としてはある意味、
実験的ともいえるアクション映画だ。

そうした主観映像で構成された映画は今までにもなくはないが、
全編にわたってというのは少ない。
というのも、長編映画として成立させるにはかなり難しいからだ。
主人公の顔や表情が映らない、つまり主人公を客観的に移さないと、逆に観客は感情移入しにくい。
小説なら、モノローグや主人公が思っていることを書けるが、
映画ではペラペラ喋らせるわけにもいかない。
そこで主人公の代わりに、次々と現れる登場人物たちが、
物語の説明をして進行させ、あるいは主人公の気持ちを代弁するのだが、それもやりすぎると鬱陶しい。
本作は、そうしたハードルを越えるために、
さまざまな工夫をしているのがよくわかる。

“私”が目を覚ますとそこは研究室。
目の前にいた女性は私が「ヘンリー」であると言い、
さらに彼女は自分の妻のエステルであると言う。
研究者でもあるエステルは、事故で左側の手足を失った私に
機械の手足を装着さる。
“私”は記憶と声を失っているので、自分が何者であるか、
そして自分の意思を声で伝えることができない。
そこに、エイカンという超能力を持つ男たちに率いられた
傭兵たちが乱入し、研究者たちを惨殺。
なんとかモスクワの町に脱出した私とエステルだが、
エイカンの追っ手にエステルをさらわれてしまう。

「主人公がどんなキャラクターであるかを主観映像では
説明しにくい」ということを前述したが、
ここでは「記憶喪失」そして「声が出ない」という設定を
最初に織り込むことによって不自然さを解消し、
さらに巻き込まれ型アクションにすることで、
映画内時間と実際の時間をうまくシンクロさせる設定を
作り出している。
主観映像だと、基本的にカットの切り返しがないから、
基本的には連続した映像(長回し)になるからだ。

主観映像だけでアクションを構成するのは、
動きの制約があって大変だと思うのだが、
そこは近年の技術の進歩により、手ぶれ補正がきいていて、
思ったほど画面酔いはしない。
全編で使われているのは、動画撮影で大人気の
アクションカメラGoPro(ゴープロ)だ。
最初から最後までアクションが連続するので、
観客がそれに麻痺してきて飽きることを避ける為の工夫があり、
ガンアクション以外にも、壁を登ったりするアクロバティックなパルクールアクション、ナイフによる接近戦、車に飛び移るカーチェイスなど、趣向を凝らしている(戦車まで出てくる!)。
それでも最後の方になるとちょっと疲れてくるし、
内容に深みはないが、自主上映的な親近感と悪趣味なアクションコメディのテイストがうまくマッチしているかな。
★★★
[PR]
# by mahaera | 2017-04-19 11:22 | 映画のはなし | Comments(0)

最新映画レビュー『サラエヴォの銃声』 欧州、そしてボスニアの過去と現在を85分間のドラマで語る意欲作

サラエヴォの銃声
Death in Sarajevo

2014年/フランス、ボスニア・ヘルツェゴビナ

監督:ダニス・タノヴィッチ
出演:ジャック・ウェバー、スネジャナ・ヴィドヴィッチ、イズディン・バイロヴィッチ
配給:ビターズエンド
公開:3月25日より新宿シネマカリテにて上映中
公式URL:www.bitters.co.jp/tanovic/sarajevo.html


長編監督デビュー作『ノーマンズ・ランド』で、
いきなりアカデミー賞外国語映画賞を受賞した、
ボスニア出身の監督ダニス・タノヴィッチ
2月に日本公開された『汚れたミルク』はパキスタンを
舞台にしていたが、今回は故郷のボスニアが舞台。
1914年に起きたサラエヴォ事件と、
1990年代に起きたボスニア内戦の問題をクロスさせながら、
続く民族間の緊張、そしてヨーロッパとは何かを問う意欲作だ。

サラエヴォ事件から100年後の2014年。
その記念式典に出席するため、老舗のホテル
「ヨーロッパ」にVIPが到着する。
同じ頃、ホテルの屋上では、暗殺者プリンツィプについての番組の撮影が行われており、女性ジャーナリストがインタビューをしていた。そこへプリンツィプという名前の男が現れる。
ホテルの裏側では、従業員が給料の未払いに抗議するストライキを計画していたが、支配人はそれを阻止しようと画策する。
VIPは部屋に閉じこもり、演説の練習に余念がない。
さまざまな人々の思惑が交差し、
事態は予期せぬ方向へと進んでいく。

同じ国に住みながらお互いに殺しあう内戦を起こし、
今も近親憎悪にも近い憎しみを抱くという
ボシュニャク人、セルビア人、クロアチア人。
ひとつの国のこの三民族の争いはまた、
ヨーロッパ全体の象徴でもある

本作の舞台となるホテルの名前が「ヨーロッパ」であることからしても、それは明白だ。
そこには、さまざまな思惑で生きている人たちで構成されている。
負債に苦しむホテル。資金繰りに厳しい支配人は従業員たちのストを中止させようと、地下の怪しげなクラブの男たちに依頼する。
暗殺者と同じ名前の男はセルビア至上主義者であり、
過去の暗殺を正当化しようとするが、彼もまた行き場のない現実から
逃避するために、攻撃できる誰かを求めている

それでは何の解決にもならないという女性リポーター。
100年前も、30年前も、人々の社会への不満は変わらない。
ただはけ口を求めているだけなのだと。

映画と実際の事件が行われた場所は奇妙にシンクロし、
不思議な感覚を感じさせる。
たとえば事件に関してのインタビューが行われている
ホテルの屋上からは、サラエヴォ事件が起きたラテン橋が見え、
今にも背後で事件が起きるのではという
過去と現在が同居する感覚にとらわれる。
そして映画のロケが行われたホテル“ヨーロッパ”は、
あの“有名な”ホリディ・インだ。
サラエヴォが包囲された1990年代半ば、
ここに世界中からジャーナリストが集まり、
その模様が世界に報道された。
ボスニアの内戦を象徴する場所でもあるのだ。

そして、本作は映画内時間と実際の時間をシンクロさせている。
つまり映画の実時間の85分間に起きた出来事だけで、
ボスニアの歴史、ひいてはヨーロッパの抱える問題までを
一気に提示するのだ。

サスペンスも盛り込んでいるので、
退屈せずに興味は最後まで持続するはず。
ただし、鑑賞前に「サラエヴォ事件」「ボスニア内戦」が
どういうものであったかぐらいは、簡単に調べておこう。
第66回ベルリン映画祭で銀熊賞受賞
★★★
[PR]
# by mahaera | 2017-04-17 14:46 | 映画のはなし | Comments(0)

最新映画レビュー『レゴバットマン ザ・ムービー』 オリジナルのシリアスさをとことん茶化し、大成功

レゴバットマン ザ・ムービー

2017年/アメリカ

監督:クリス・マッケイ
声の出演:ウィル・アーネット、ザック・ガリフィアナキス、マイケル・セラ、ロザリオ・ドーソン、レイフ・ファインズ
配給:ワーナー・ブラザース映画
公開:4月1日より全国で公開中


『レゴバットマン ザ・ムービー』は、
そのままバットマンの世界をレゴでコミカルに再現したもの。
オリジナルのダークでシリアスな内容を全編にわたって茶化し、
ギャグにしてはいるものの、子供が対象なので
最後には前向きなメッセージが送られる。
こうして書くと、いかにも子供向けのように思われるだろうが
クオリティは高く、最初のうちは映画版よりも
面白いんじゃないの?と
思ってしまったほど。
少なくともいくつかの映画版よりはね。

ゴッサムシティをジョーカーの陰謀から救ったレゴバットマン。
いつものように人々の歓声を浴びながら、バットケイブに戻る。
しかし家にいるのは執事のアルフレッドだけ。
彼は団体行動が苦手だが、
名声や賞賛が大好きな目立ちたがり屋という、
「困ったちゃん」だったのだ。
そんな彼が孤児のロビンを引き取ることになり、
生活のペースが乱されてしまう。
おまけにバットマンに
“最強の敵”として認められなかったジョーカーが、
何とか自分を認めさせようと、
ファントムゾーンから過去の悪役たちを連れてくる。

ギャグやパロディも上品でスマートで、気の利いたものが多いし、
元のDCコミックスは知らなくても、バットマンの映画
(ティム・バートンらの旧シリーズを含む)を全部見ていれば、
余計に面白さが通じるはず。

子供にはバットマンとロビンとの擬似親子関係の話が、
「自分がヒーローの子供だったら」と想像する楽しい話だし、
親の年齢の人たちには子供を得ることによって
自身も精神的に成長する話として共感できるはず。
人に関心がなく、人への思いやりがなかったバットマンが、
共感や友情、愛を学んでいくストーリーと、ごくまっとうなテーマなのだ。

あとは出てくる悪役キャラが、背景まで含めると本当に多く、
これは映画好きな人ほど楽しめるかなあ。
ロード・オブ・ザ・リングのサウロンや、
ハリー・ポッターのボルデモート、
ジュラシックパークのラプトルまで出てくるんだから!
というわけで、意外や意外、結構楽しめました。
★★★☆
[PR]
# by mahaera | 2017-04-13 10:13 | 映画のはなし | Comments(0)

最新映画レビュー『パッセンジャー』 重い興味深いテーマを含むが、鑑賞後はライト級になってしまい残念

パッセンジャー
Passengers

2016年/アメリカ

監督:モルテン・ティルドゥム
出演:ジェニファー・ローレンス、クリス・プラット
配給:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
公開:3月24日より全国で公開中


『ラ・ラ・ランド』同様、今をときめく旬のふたりの俳優の共演。
演技力で言えば若手ではNo.1クラスのジェニファー・ローレンス、゜そして“演技”ではなく醸し出す雰囲気が人を好きにさせる現代のハリソンフォードとも言えるクリス・プラット
そのふたりのカップルによるSFエンタテインメント映画だ。

大まかなストーリーは、予告編を見ればわかる。
未来の宇宙で、5000人の乗客をのせた移民船が
120年の旅を続けていた。
船内の人間はすべて冬眠装置に入っていたが、
運命のいたずらでエンジニアのジムは90年早く目覚めてしまう。
すべてが整っている船内では、生きていくことができる。
ただし、彼は死ぬまでひとりだ。
生きる目的を失ったジムだが、もうひとりの乗客の女性オーロラが目覚めたことで、生きがいを見出していく。
やはり最初は絶望的になったオーロラだが、ジムと愛し合うよう
になり、やがて彼女も生きる希望を見出していく。
しかしそんなふたりを乗せた宇宙船に、大きなトラブルが…。

SFエンタテインメント大作らしく、ブレードが回転して重力を生む斬新なルックの宇宙船や、船内施設のデザインはすばらしい
ショッピングモールに、ただひとりしかいないような空虚感は、
大きなセットを作らないと生まれない。
そして『2001年宇宙の旅』や『シャイニング』のオマージュが。

実はこの映画、映画のテーマに関わる大きな仕掛けが
中盤に施されており
、それは予告編などでは巧妙に隠されている。
また、それは事前に知らないほうがよく、
ネタバレ厳禁な作品でもある。
なのでここでも書けないのだが、
それは超ヘビーな倫理観にまつわるできごとだ。
もちろん映画的なクライマックスは、トラブルが起きて、
ドッカンドッカン爆発してのラストなんだが、
ドラマ的には中盤が、どひゃーとなる
ジェニファー・ローレンスの演技うますぎで、新ためてこの人、
若手No.1女優だと思う。
これじゃ映画評にならんが、しょうがない。
映画のテーについて書いたら、ネタバレになっちゃうから。

別なことで言えば、宇宙船は人が暮らす世界のメタファーであり、
そこで目覚めたただひとりジムは、人間であり、“アダム”である。
人は何のために生きるのか。
ただ生きて死ぬのではなく、人間には生きる目的が必要だ。
イブのいないエデンの園は、ジムにとっては楽園ではない
神の牢獄だ。
目覚めたオーロラは、そのジムにとってのイブとなる。
「オーロラ」という名のように、この映画の背景には
「眠りの森の美女」がある。
“眠り”についたオーロラをキスで目覚めさす王子のイメージや、
ドラゴンが吐く火を盾で防ぎながら倒すというイメージが、
クライマックスでも登場する。
真の愛を得るためには、自己犠牲的な行いが必要なのだ。

ということで、内容的にはかなりヘビーであり、
重い命題も含まれているのだが、
残念ながら手放しで絶賛できない出来でもある
というのもこの映画、大金をかけた大作であるから、
エンタテインメントとしてヒットが必要。
なので、観客にそっぽを向かれないようにと気をつかったのか、
終盤のクライマックスに向けてヘビーな命題は隅に置かれていき、
アクションを盛り込み、いつものドッカンドッカン。
で、何となく、観客が気持ち良くスクリーンを後にできるように、わかりやすいエピローグまでつけてしまった。
それによって、逆にというか、印象が薄くなってまったのだ。
まあでも、ビターな味わいにしたら名作になったかもしれないが、
それじゃお金をかけたインディペント映画みたくなっちゃうかも。そっちのほうがみたかったけどね。
つまり旬の若手2大スターを使う大作ながら、
『ラ・ラ・ランド』と反対の方に行ってしまったわけで、
その点が裏目に出てしまったともいえる。
いいところまで行っていたのに、最終的にはどこかで見た
“いつもの映画”に着地してしまった。

とはいえ、宇宙船のセットは大画面で見る価値は十分あるし、
ここでネタバレになるので書けなかった重要な“あること”について、
映画を見終わった後は友人や恋人と話し合って盛り上がれることは間違いないだろう。
監督はノルウェー出身で、初の英語作品『イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密』でいきなりアカデミー監督賞にノミネートされた新鋭のモルテン・ティルドゥム
★★★☆
[PR]
# by mahaera | 2017-04-09 11:37 | 映画のはなし | Comments(0)