ブログトップ

旅行・映画ライター前原利行の徒然日記

mahaera.exblog.jp

再結成ユニコーンのライブDVD 『蘇る勤労』 を観る

年末年始はいつも観るテレビ番組ががないので、
余裕があるときに観るような作品をダラダラと観ている。

去年、おととしは確か『ロード・オブ・ザリング』を毎日観るとか、『LOST』を観るとか。
はたまた名作だが大作で観ない映画とか。

で、ユニコーン関連の映像をまとめて観た。
意外かもしれないが、ユニコーンは大好きで、
『服部』以降の曲なら知ってるし、
一度、横浜アリーナにも観に行ったことがある。
ヒストリーものは何回か見たことがあるが、
妻が見ていないというので一緒に観賞。

タイミングよく、気分が盛り上がったところで、新年に結成後のライブDVD『蘇る勤労』を見ることができた。
昨年、何度もテレビに出ていたのでわかってはいるが、
やっぱり老けたねえ(笑)
オープニングは新アルバムからの曲で、まったりした民生曲が2曲続く。
その後は、ナツカシ『おかしな2人』
かつてはピョンピョン飛び跳ねてステージを駆け巡っていた民生だが、
今では「歩く」以上のアクションなし(笑)

そのあと、ベースのEBIのコーナー。何だかEBIずいぶんと楽しそうだぞ
ドラムの西川君のコーナー『ロック幸せ』、西川もずいぶん楽しそうだぞ
解散前は、民生と阿部がバンドを引っ張っていき、
EBIは淡々と役割をこなしていく感じだったが、今のEBIは心底楽しそう。

そして中盤のハイライト『PTA~光のネットワーク~』
新年早々、大いに笑わせてくれました。
この曲、ユニコーンでもおそらく一番売れなかった企画アルバム
『おどる亀ヤプシ』の一曲で、
聴けばわかるが当時流行っていたTMネットワークのパロディ
しかも、どのTMの曲よりもTMらしく、また出来もTMよりも良かったりする名曲だ。
ここでもEBIが冒頭からハジけ、子どもの役のセリフを楽しそうに言っている。
歌が始まると、観客にお尻を向けたカメラにかじりついている
阿部のアップがプロジェクターに。
それもTMがやっていたような…、でも今のファンにはわからないかもね。
でも大笑い。
途中、ステージからEBIが消える。そうえばドラムの西川もいない。
ブレイクのあと、ラッパーに扮した西川とEBIにスポットライトが当たり、
この『PTA』をラップで歌う。さすがドラマー、異常にリズム感がいい(笑)
とことんやる、ユニコーン。
笑って笑って、感心した。ここから次の『WAO!』あたりが、
このライブのピーク


アンコールの『人生は上々だ』。阿部のコーナーだが、長すぎてウトウト。
ラスト曲の『すばらしい日々』も夢うつつ。

しかし、みな楽しそうでいい。
同時期のバンド、再結成してもみなパッとしなかったけど、
ユニコーンはもとからあまり流行りとか関係なかったし。
全員ボーカルで、しかもキャラが被らないっていうのは、バンドの理想でもある。

後藤くん、ありがとう。
[PR]
by mahaera | 2010-01-10 16:24 | 音楽CD、ライブ、映画紹介 | Comments(1)
Commented by アル中 at 2010-01-14 16:05 x
どういたしまして
当日観に行ってましたが、阿部のコーナーはその場で早送りしたかったです。
昨日、アバター行ってきました。とにかく目が疲れた。目の弱い人には3D鑑賞は2時間が限界かな・・
<< 新作映画評 『パーフェクト・ゲ... ジェームズ・キャメロン監督 『... >>