人気ブログランキング |
ブログトップ

旅行・映画ライター前原利行の徒然日記

mahaera.exblog.jp

2016.08.15ボゴール着。日本は終戦記念日だが、ここインドネシアでは

b0177242_23404738.jpg


日本は今日は終戦記念日だが、インドネシアでは明後日の8月17日が独立記念日なので、ここ一週間、小、中学生が行進の練習をしている姿を各地で見続けてきた。

8月15日、インドネシアの日本軍はほぼ無償で終戦を迎えた。それにより、インドネシア独立派は早急に独立宣言をする必要に迫られ、8月17日に独立を発表。そのあとは、当然ながらオランダ軍が上陸してくるはずなので、独立派は日本軍に武器の提供を求めた。

で、ネトウヨに限らないが、皆さん良く誤解しているのは、「日本軍はインドネシアの独立に協力した」という美談。多分テレビとかでやっている、インドネシア独立軍に加わった日本兵の話とかを見て、日本軍が組織的にしたと思っているのだろうが、それは間違い。軍隊というのは、会社も同じだが、縦が絶対の組織だ。敗戦と同時に日本軍は、連合軍の管理下に置かれた、ということは日本軍の管轄のトップが連合軍になったので、インドネシアで終戦を迎えた日本軍は、連合軍の命令に服従しなければならない立場だった。

終戦は8月だが、イギリス軍がジャカルタに上陸したのは9月、オランダ軍は10月で、日本軍は敗戦後も2か月以上にわたって広いインドネシアで治安を維持しなければならなかった。その隙をついて、各地で独立派が日本軍の武器を奪取しようと襲った。日本軍としては、連合軍が来るまで治安を維持しなければならない。そこで、各地で衝突が起きる。独立派としては、ここで武器を手に入れておかないと、弾圧されるのは目に見えている。おまけに日本軍は、武器の使用を禁止していた。日本軍は、連合軍と独立軍(インドネシア共和国軍)の板挟みになって、早くこの問題を手放したかった。連合軍の方も最初に来たイギリス軍は、オランダ領のインドネシアの独立問題に首を突っ込みたくなかったというのが本音だ。

10月に連合軍が進駐してくると、武器の引き渡しを求める独立派により各地で日本兵が殺される事件が起き、100名あまりが無抵抗のまま殺されてしまう。日本兵は、応戦してはならぬと厳命を受けていたからだ。

そうした中、10月12日に最大の武力衝突がスマランで起きた。インドネシア人による日本人や外国の民間人2000名の拉致を受けて、日本軍治安部隊が独立派と武力衝突した。5日間による戦いで、インドネシア側が1000人以上の死者、日本側は30人あまりが戦死、監禁中の一般人150人あまりが殺された。武器を持っている日本軍にかなうわけはなかった。しかし、こんな戦いに意味があったのだろうか。最終的には敗戦後、インドネシアの日本軍は、復員までに戦死・病死を含み1000人あまりが死んでいる。

日本軍が保有していた武器のうち、最終的に独立派に渡ったのは、2/3ぐらいだと言われている。日本兵からしたら、日本では終戦を迎えているのに、インドネシアでは準戦闘状態がさらに数ヶ月続いた、いや、それまで戦闘状態ではなかったのが、終戦により始まってしまったのだ。本音としては、武器をさっさと渡して引き上げたかったのだろう。できれば、連合軍よりインドネシア独立派に渡したかったのかもしれないが、軍隊という組織ではそれは命令違反なのだ。ということで、日本軍がインドネシア独立軍に協力した、ということはない。むしろ逆なのだ。

では独立軍に参加した日本兵はというと、脱走したり、復員命令に従わなかった日本兵だ。つまり、軍という組織からアウトした、脱走兵だ。なので彼らがしたことの評価は、本来ならばウヨクの人たちからすれば非難されるべきものなのだが、逆になんだか、「日本人は素晴らしい!」と手柄にしちゃっているのが、気持ち悪い。軍の命令に背いたんだから、愛国心をむしろ捨ててるんだから。そのぐらいの覚悟で、日本を捨てて、離脱したはず。むしろウヨクの方々が、愚直に命令に従って戦いたくもない独立派と戦って死んだ日本兵や、またはインドネシア人を殺したりした事件があったことを無視するのが、不自然。

別にどちらも、歴史の中で起きたコインの裏と表なのだが、片方ばかり日が当たり、それを自分の手柄にする風潮が嫌いだ。インドネシア人の手柄を奪うのもね。
by mahaera | 2016-08-15 23:42 | 海外でのはなし | Comments(0)
<< 最新映画レビュー 『ソング・オ... 2016.08.13 バンドン... >>