ブログトップ

旅行・映画ライター前原利行の徒然日記

mahaera.exblog.jp

最新映画レビュー『婚約者の友人』誤解から生まれた愛を描く、オゾン監督最新作

婚約者の友人
2016年/フランス、ドイツ
監督:フランソワ・オゾン
出演:ピエール・ニネ、パウラ・ベーア
公開:シネスイッチ銀座にて公開中

10月公開作品で、一番のオススメ、というより、
個人的に一番心境的にハマったのが、本作だ。
原作となる戯曲を過去にルビッチが映画化したこともあったらしい。
舞台は第一次世界大戦後のドイツの地方都市。
婚約者フランツを戦争で亡くしたが、行くあてのないアンナを、
フランツの両親は自分の娘のようにして一緒に暮らしている。
ある日、フランツの墓参りをして泣いているフランス人のアドリアンを、
アンナは見かける。アドリアンを家に招いたフランツの両親に、
彼は戦前のパリに来たフランツと知り合い、友人だったという。
かつての敵国人ということで反感を持つ周囲だが、フランツの両親、
そしてアンナはアドリアンに好意を持っていく。
しかしアドリアンには秘密があった。。。

映画を見慣れている人であれば、途中でアドリアンの秘密は予想がつく。
なので、映画の中盤でそれを明かしてしまうのはよくわかる。
問題はそのあとの展開だ。原作では主人公はアドリアンだったのに、
映画ではアンナにそれを変えた理由が、そこにあるからだ。
アンナの抑えた愛情が愛おしく、そして優しさから嘘を選ぶ心、
彼女が最後に選ぶ道も、力強さとやるせなさも感じさせる、大人の味わいだ。
こう言う映画は、なかなか出会えない。
愛とは、誤解から始まるものだが、それも愛なのだと。
それでも前に進む、アンナの姿には心打たれる。
★★★☆
[PR]
by mahaera | 2017-10-26 20:29 | 映画のはなし | Comments(0)
<< Mamatos Live 20... トム・ペティの代表曲だと思うん... >>