ブログトップ

旅行・映画ライター前原利行の徒然日記

mahaera.exblog.jp

最新映画レビュー『スリー・ビルボード』 優しさは怒りの炎を消す、「許し」になるのか



本年のゴールデングローブ賞作品賞ほか、
アカデミー作品賞にもノミネート
主演は『ファーゴ』などのフランシス・マクドーマンド

ミズーリ州の田舎町で十代の女性がレイプされて
焼死体で見つかるという事件が起きた。
それから7か月たち、一向に捜査が進展しないことに
業を煮やした母親ミルドレッドは警察に不信感を抱き、
町はずれに見捨てられたようになっている
3つの立て看板(スリー・ビルボード)に、
警察署長を名指しで非難する広告を載せる。
警察署長を慕う町の人たち、そして粗暴だが署長を敬愛している警官のディクソンは、ミルドレッドの行動に憤慨し、やがて両者は対立。事態は思わぬ方向へと進んで行く。

観客の心を不穏にさせる、先の読めない展開だ。
映画はまず、母親ミルドレッドを中心に展開。
娘を亡くした悲しみや苛立ちに同情し、署長が悪いのか、
何か陰謀があるのかと思って見ている。
しかし今度は署長(ウディ・ハレルソン)を中心に話が進むパートが来ると、署長にも事情があり、人徳者であり、人々に敬愛されていることもよくわかってくる。
つまり、ミルドレッドの怒りの矛先は見当違いだと。
そしてちっょと頭が足りなく、人種偏見に満ちて粗暴な警官のディクソン(サム・ロックウェルの忘れられない当たり役)
彼は映画の前半では、完全に憎まれ役なのだが、
彼が後半、意外な展開を見せるのも驚きだ。
とにかく、先入観なく見ていくのがいいかと思う。

ただし、勧善懲悪や、スッキリとした答えを映画に求める人には
全く向いていない。
『マンチェスター・バイ・ザ・シー』が好きな人はOK
基本的にこの映画では、すべてにおいて白黒はつけない。
現実世界と同じで、人間は複雑であり、
見る人によってその人の印象も違う。
いい人だと思っていたら、どす黒い部分もあったり、
ダメな奴の中にも善はある。
そして誰にも、ちょっとした思いやりや優しさの心はあり、
それを怒りの炎で消してはならない。
そんなわけでオレンジジュースのシーンは、名場面

最後を救われないと思うか、かすかな希望と見るかは、
人によって異なるだろう。
現実でも、同じ場面でも人によって受け止め方は違うのと同じだ。
タイトルの「スリー・ビルボード」とは、
本作品の3人の主要人物のことでもある。
看板には、誰も気にも留めないが裏側もあるのだ
おすすめ。


[PR]
by mahaera | 2018-02-16 11:41 | 映画のはなし | Comments(1)
Commented by SSS at 2018-02-16 21:09 x
撃】平昌五輪開幕まであとわずか。平昌にあるメインプレスセンター(MPC)には、世界中から続々と報道陣が集結している。MPCにはカメラマンの仕事エリアや記者の作業エリア、はたまたカフェや土産物店まであるが、その前には謎のオブジェが…。一体、これは何なのか? 男性の肉体をかたどったようだが、遠目からだと“アレ”そのものに見えなくもない。近くにいたボランティアスタッフに聞いてみても、口を揃えて「モルゲッソヨ(知らないです)」。ちなみにこのオブジェの前は、各国の報道陣の集合場所となっている。 
<< 最新映画レビュー『悪女』 やり... スピルバーグ落穂拾い・その1 ... >>