ブログトップ

旅行・映画ライター前原利行の徒然日記

mahaera.exblog.jp

最新映画レビュー『サバービコン 仮面を被った街』 コーエン兄弟節は楽しめるが演出が消化不良



舞台は1950年末のアメリカの郊外の街、サバービコン。
都会から逃れてきた白人ばかりの郊外住宅地だが、
そこに黒人一家が引っ越してくる。
住民たちは、あからさまな嫌がらせや反対運動を始めるが、
それは背景。
その隣の家に住むロッジ一家にある日強盗が入り、
ロッジ(マット・デイモン)の妻(ジュリアン・ムーア)が命を落とす。
犯人が捕まらないまま時が経つが、ロッジの息子ニッキーは、
その理由を知り、命を狙われることに。。。

少年が命を狙われ、周囲は悪人ばかり、どうやって助かるかという、ヒッチコック風スリラーが話の骨格だが、
脚本のコーエン兄弟にかかると、
悪党どもは残虐だがお互いを信用せず、
つまらないことから自滅していく愚か者たちばかり。
ブラックコメディとも言えるのだが、
死人もバタバタ出ていくので、笑ってばかりとも言えない。
名作『ファーゴ』に近い雰囲気とも言える。

ただし監督は社会派のジョージ・クルーニー。
いつの間にか6作目の監督作品だが、見た目は立派な家族も、
一皮むけば、、、と、人種問題も入れ込んだりしているのだが、
どうもそれがうまく噛み合っていない。
社会派がとってつけたようにしか感じられないのが、
もったいない。言いたいことはわかるんだが、
ここは素直に少年の目から見たスリラーにしたほうがよかったかも。
隣の家の黒人一家の受難エピソードが、
映画を見ていてノイズになってしまうのだ。

一人二役のジュリアン・ムーアの、普通だけどどこかおかしい演技は、「キングスマン/ゴールデンサークル」に通じ、その異常さを楽しめた。
★★☆

[PR]
by mahaera | 2018-05-10 10:11 | 映画のはなし | Comments(0)
<< 最新映画レビュー『レディ・プレ... 映画レビュー『バーフバリ伝説誕... >>