ブログトップ

旅行・映画ライター前原利行の徒然日記

mahaera.exblog.jp

子供に教える世界史[古代編] 先史時代/2.農耕と牧畜の開始(前1万3000〜前6000年)その4

b0177242_11140086.jpg
(写真)1990年代のニューギニア高地に行った時。真ん中のダニ族の男性に目が行くが、その後ろは開墾された畑。捕獲できる動物が少ないため、ニューギニアでは早くから農耕が発達したのかもしれない。現在は、ブタや鶏などの家畜も飼っている。


オセアニアの農耕


意外かもしれないが、西アジアに次いで農耕が始まったのは、

前9000〜7000年のニューギニアだ。
この地にはイネ科の穀類はなかったので、

栽培されたのはバナナとタロイモだった。
「クックの初期農業遺跡」では、

栽培のために掘った穴の跡や石器が発見されている。
このように早くから農耕が始まったニューギニアだが、

なぜか他の地域のような文明の発展はしなかった。
前2000年頃にイヌ、ブタやニワトリがアジアから伝わり、

家畜を飼うようになったが、数千年後の20世紀に至るまで

国家もなく、人口も増えず、彼らの生活は新石器時代のままだった。
世界に6000あるという言語のうち、1000がニューギニアにある

というほど、小集団のまま孤立していたからだ。

隣のオーストラリアでは、アボリジニが暮らしていたが、
お隣のニューギニアと海によって隔てられていたとはいえ、

結局、ヨーロッパ人が来るまで農耕や牧畜を行うことはなかった
栽培可能な植物や家畜化可能な動物が、

いなかったのが原因という。
農耕に重要なイネ科の植物もほとんど野生種がなかった。
ウナギの養殖を試みた跡はあるという。
あと数千年あれば、カンガルーやウォンバットを家畜化して、
より肉が取れる個体にすることができたのかもしれないが、
ブタやヤギ、ウシに比べると、容易ではなかったろう。


東アジアの農耕


中国はどうだろう。今も中国の農耕の始まりは、

西アジアから伝わったものか、それとも独自に発展したかははっきりしない。
しかし、少なくとも前8000年には

長江流域で米が栽培されていたことは確かなようだ。
1990年代までは稲作の起源は「雲南省からアッサム地方」にかけてとされていたが、2010年代以降の教科書では長江が発祥と変更されている。
これは長江流域の発掘が進み、かつての黄河文明よりも古い遺跡が発掘されるなど新発見が続いているためだ。今後この地方を中心に新説が生まれる可能性がある。

前6500年には北部で雑穀の栽培が始まり、
前6000年にはイネの栽培は黄河流域に、
そしてさらに日本に伝わった形跡もある。
このころにはイネは改良されて栽培品種化し、
ジャポニカ米とインディカ米に分化していたことがわかっている。

またブタの家畜化もこのころに行われている。

しかし日本では農耕はまだ数千年も、受け入れられなかった。

その理由としては、当時の縄文人の主食は木の実だったからという。
今の私たちの感覚からすると、木の実が主食で生きていけるのかという感じだが、氷期が終わった後の日本は照葉樹林で覆われていた。
現在の杉などの針葉樹林が山を覆うイメージは、
のちの植林によるものだ。
クルミ、クリ、トチノミ、ドングリなどの木の実が主食で(縄文人の食料の全体の約50%)、ドングリはアクを抜いて粉状にしておかゆや団子にして食べていたらしい。
芋類を入れると、縄文人の食料の全体の2/3は植物で賄っており、安定して採取できたので農耕をする必要がなかったようだ。(続く)

南北アメリカでの農耕の始まり(前8000年)


旧大陸だと、もしかしたら西アジアの農耕が各地に伝播した

と考えられなくなもないが、新大陸だと「独自に」と

言い切っていいだろう。行き来はなかったからだ。

そう思うと、この時期、世界各地で人類が一斉に農耕と牧畜を

始めたという説のほうが、説得力があるような気がする。


北米では前8000年頃には、メキシコのオアハカでカボチャやヒョウタンが栽培されていており、これはアメリカ大陸最古の栽培例として知られている。
アメリカで最初に栽培された植物は、トウモロコシではなくカボチャだったというのはちょっと意外だ。
ペルーでも同じ頃にカボチャを栽培していたという遺跡が発見されている。
トウモロコシの原種はまだまだ小さく、
その粒はまだ稲とそう変わらない大きさだった。

動物の家畜化は旧大陸に比べると遅れ、
ペルーで前5000年にテンジクネズミ(クイ)
前3500年にリャマ、前1500年にアルパカが
ようやく家畜化された。
新大陸が旧大陸に比べて農耕や牧畜にハンディがあったのは、

野生の穀類などがなく、こともある。
アジアから伝わった野生のウマは、
家畜化される以前の前1万3000年前に絶滅していた。

b0177242_11192962.jpg
(写真)アメリカ大陸で最初に家畜化されたのは、クイだった。

テンジクネズミ、あるいはモルモットとして知られている。

現在でも食用として飼われており、ペルーでは立派な地方料理だ。


[PR]
by mahaera | 2018-06-08 11:21 | 子供に教える世界史・古代編 | Comments(0)
<< 子供に教える世界史[古代編] ... 最新映画レビュー『ランペイジ ... >>