ブログトップ

旅行・映画ライター前原利行の徒然日記

mahaera.exblog.jp

最新映画レビュー『ジュラシックワールド/炎の王国』 安心だがサプライズはない。見ても見なくてもOK


b0177242_13553413.jpg
前作『ジュラシックワールド』が、シリーズ1作目の『ジュラシックパーク』のリメイクだとしたら、本作は2作目の『ジュラシックパーク/ロストワールド』のリメイクといっていい。
ストーリーは違うのに、なぜか印象も既視感が残る。

前作の登場人物たちがまた島に戻るというパターン、2作目ということで恐竜の数を増やし物量で勝負、そしてハンター達が恐竜を捕まえ、本土に運び、それが逃げて大パニックという流れ。
いくらハラハラとしても、その後の展開の予想がついてしまうからだ(主人公たちは死なない、子供は助かる。悪者は最後に食われる)。

「ロストワールド」同様、本作も二部構成。
主人公達が島から調教したラプトルを助け出そうとする前半、本土に連れ帰った恐竜が暴れて人を襲っていく後半。
ストーリーはあるのだが、アトラクション的に多くの種類の恐竜を暴れさすための方便のようで、主人公たちは逃げ惑うが死なない。
そして“悪い方”に入れられたチームの人命は恐竜よりも軽いのは「ロストワールド」譲りで、人がバクバク食われていっても、恐竜たちの命を奪えない。
という倫理観は、相変わらずひっかかかる。
いや、恐竜を助けるためにオリとか開けて、それで人が何十人食われてもいいこととは、ちょっと思えないんだけど。

この新シリーズ二作目で方向性がよりハッキリしてきたのは、恐竜はクローン生物だということ。
新種の恐竜をどんどん作ったり、クローン人間も作れるという方向に持って行っているのだ。で、3作目も決まっているようで、きっと本土で野生化した恐竜達が暴れるのだろうなあ。

しかし毎度、「クローン作るなら草食恐竜だけにしろよ」と思うのだが。懲りない人々だ(笑)★★☆
[PR]
by mahaera | 2018-07-15 13:57 | 映画のはなし | Comments(0)
<< 「しーたか60記念祭」下北沢G... 最新映画レビュー『オンリー・ザ... >>