ブログトップ

旅行・映画ライター前原利行の徒然日記

mahaera.exblog.jp

最新映画レビュー『蜘蛛の巣を払う女』 キャスト、スタッフを一新したシリーズ最新作だが、、


ダニエル・クレイグとルーニ・マーラの共演で2011年に映画化されたデビッド・フィンチャー監督の『ドラゴン・タトゥーの女』の続編だが、原作の2部、3部は飛ばして、作者のクレイグ・ラーソン死後に他の作家によって書かれた4部を映画化したのが本作。
この8年間に何があったかわからないが、3部作映画化の話はなくなり(ダニエル・クレイグは3部作に出る契約をしていた)、前作のキャストは誰も出演しない別映画になってしまった。
原作は未読だが、映画のテイストは大きくアクション映画寄りに変更されている。
たとえていうなら、リスベットのキャラは、トム・クルーズが演じそうな主人公のようだ。
その分、雑誌「ミレニアム」編集長のミカエルの役割はかなり縮小している(単なる脇役)。

天才ハッカーのリスベットが依頼された仕事は、世界の防衛システムにアクセスできるプログラムを持ち出した科学者からだった。
不正使用される前にそれを取り戻して破棄したいというのだ。
データを盗み出したリスベットだが、何者かに襲われデータは盗まれ、科学者も殺されてしまう。
その裏には、生き別れになった妹カミラの組織がかかわっていた。。
007のようなストーリーだが、原作者が亡くなっているため、新たに諸事情で書き下ろされた新シリーズは派手になっているのだろう。
リスベットと悪者が取り合うのは、重要なものであれば何でもよく、映画の技法でいう「マクガフィン」だ。
ある意味、前作「ドラゴン・タトゥーの女」が、話が2系統に分かれていてわかりにくく、映画向きではなかったのを、マクガフィンのと奪い合いという直線的にし、アクション重視にしたのは映画的には見せ場を作りやすい。
しかし、そのために、「別にこれ、ドラゴンタトゥーの女でなくても」と感じてしまうのも仕方がない。
リスベット役のクレア・フォイはがんばってはいるものの、リスベットのある種の不気味さはなくなっている。つまらなくはないが、新鮮味の薄い出来に。

★★☆


by mahaera | 2019-01-12 10:47 | 映画のはなし | Comments(0)
<< 名盤レビュー/ジョニ・ミッチェ... 名盤レビュー/ジョニ・ミッチェ... >>