人気ブログランキング |
ブログトップ

旅行・映画ライター前原利行の徒然日記

mahaera.exblog.jp

2009年 09月 14日 ( 1 )

タイ ライブ紀行 パーイのライブスポット

チェンマイからミニバスで約三時間の山あいに、パーイという小さな町がある。
町なかにはとくに見どころはないのだが、ここは北タイでもバックパッカーに大人気の場所だ。
町の規模には不釣合いなくらい、外国人がいる。
ゲストハウス、外国人向けのレストランや旅行会社の数もかなりある。

いちおう少数民族の村へ行くトレッキングやエレファントライドのツアーもあるのだが、
そんなのは一度参加すれば十分。それなのに海なしになんでこの町に?

まあ、その理由はともかく(笑)、何日もいればやはりやることはなくなる。
そこで、バーやタイマッサージの店がやたら多い。
ここ数年で急に発展したツーリストスポットなので、店はみな新しく、こじゃれている。
五年前に出来た店は、すでに古臭いといった感じだ。


さて、食事をすませ、フットマッサージを受けてリラックスし、一杯飲んでから、ライブバー探しに出かけた。
だいたいどこも演奏が始まるのは10時ごろなのだ。
場所は昼間見当をつけておいたエリア。ドラムやマイクスタンドがセットしてある店だ。

バスターミナルから南東に6~7分歩いた、サッカーグラウンドの前、川に架かる橋のあたりのT字路のあたりにそんな店が数軒並んでいた。
ふらふらと店の前を歩いて、どれにしようかと考える。
バンドじゃなく、3軒続けてタイ人男性の弾き語り、やっているのは洋楽カバーのようだった。
四軒目で女性ボーカル。見てみると白人女性のボーカルと白人男性のギタリスト、それにタイ人のドラマー。
ここにしよう。
僕が席についたとき、歌っていたのは「ジョリーン」。オリビア・ニュートン・ジョンのカバーかな。
もっともオリビアのバージョンもカントリーのカバーだった。
知っている曲はそれだけで、その後は知らない曲が続くが、歌もギターもうまく、聴き惚れてしまった。
声質はシェリル・クロウとかノラ・ジョーンズ風、曲はカントリーとジャズ、ポップスの間ぐらい。
その手のジャンルはジョニ・ミッチェルとかリッキー・リー・ジョーンズとかぐらいしか思いつかないのだけれど。
女性ボーカルは40代、男性ギタリストは50代と思われ、ベテランの風格。
ミストーンなく、アコースチックギターを弾きまくるが、そんなジャズジャズもしてなく、適度にジャズフィーリングが入るのが気持ちいい。
夫婦かカップルなんだろうか。それともここで出会ってグループを作ったんだろうか。
でも、それもありそうだななどと40分ぐらいの間に、ジントニックを2杯注文。
一杯60B(約170円)とお得な値段設定。もちろんタイだからミュージックチャージなし。
投げ銭はいれましたが。

店の名はpai@pai。
この2人、いつも出ているかどうかわからないけど、演奏と歌はプロと同じです。
チャンスがあったらどうぞ。ライブは21:30~のようです。
b0177242_2046331.jpg
b0177242_20465659.jpg

by mahaera | 2009-09-14 20:47 | 海外でのはなし | Comments(0)