人気ブログランキング |
ブログトップ

旅行・映画ライター前原利行の徒然日記

mahaera.exblog.jp

2019年 04月 05日 ( 1 )

「子供のための世界史」関連本紹介10(古代オリエント)その7「NHK ルーブル美術館 (1) 」「古代オリエントの世界」「古代エジプト文明 世界史の源流」

b0177242_11083487.jpg

NHK ルーブル美術館 (1) 大型本

1985/5 日本放送出版協会
青柳 正規(著)

古い本だが、ルーブル美術館の収蔵品の写真、特に古代エジプトとオリエントセクションをまとめて紹介しているのは貴重。歴史書を読んでいいても、こうした写真や図もないとイメージしにくい。ルーブルは特にエジプト関係が充実していて、パラパラとめくって眺めているだけでも、なかなか楽しい。★★★


古代オリエントの世界 (MUSAEA JAPONICA 8)

山川出版社(2009/8/1)
古代オリエント博物館 (編)

池袋にある古代オリエント博物館の収蔵品を主に、歴史別、テーマ別に発掘品の写真を並べて解説。悪くはないが、中身がやや薄いかな。物足りない感じはあるかも。★★


b0177242_11084359.jpg
代エジプト文明 世界史の源流(講談社選書メチエ) (2012/4/11)
大城 道則 (著)

エジプト新王国を主とした歴史解説本。要所要所のテーマを章立てて説明。割と読みやすいが、古代エジプト史をさらっと知りたい人には不向きかも。★★


by mahaera | 2019-04-05 11:10 | 子供に教える世界史・古代編 | Comments(0)