人気ブログランキング |
ブログトップ

旅行・映画ライター前原利行の徒然日記

mahaera.exblog.jp

2019年 04月 15日 ( 1 )

「子供のための世界史」関連本紹介11(古代オリエント)その8 「〈2〉古代ギリシアとアジアの文明」「(3)古代インドの文明と社会」

b0177242_10150426.jpg

「図説 世界の歴史〈2〉古代ギリシアとアジアの文明 2003/2/1
.M. Roberts (原著), 月森 左知 (翻訳)

古代インド(インダス文明から)、古代中国、古代ギリシア、ヘレニズムに至るまでの歴史本。豊富な写真と図版が売りのシリーズで、文章量はほどほどなので、初心者には読みやすいか。ただし、インドや中国の記述が少なくて物足りないと感じる人もいるかも。それでも教科書の副読本にはいいだろう。古本屋なら300円ぐらいでよく出回っている。★★★


世界の歴史(3)古代インドの文明と社会1997/2 中央公論社
山崎 元一 (著)

紀元前2500年ぐらいからインダス文明、古代王朝と、イスラム教が侵入して王朝を立てるまでの、3000年ほどのインドの歴史をまとめた通史。390ページとボリュームもあるので、ざっくり知りたい人には読み通すのが大変だろうが、このくらいあると読む方としてはうれしい。インダス文明が滅亡してから、釈迦などが登場するまでの1000年は考古学的な資料が乏しく、後代の文献からの推測で述べるしかないのは仕方がないのだろうなあ。★★★


by mahaera | 2019-04-15 10:16 | 子供に教える世界史・古代編 | Comments(0)