人気ブログランキング |
ブログトップ

旅行・映画ライター前原利行の徒然日記

mahaera.exblog.jp

<   2008年 07月 ( 10 )   > この月の画像一覧

カラジッチが捕まった!

1週間ほど前、新聞の海外欄にセルビアの戦犯カラジッチが捕まったとのニュースが出ていた。

僕がカラジッチのことを知ったのは最近。
昨年末に公開されたドキュメンタリー映画『カルラのリスト』を見たためだ。

この映画について詳しくは以下のページに僕が書いたレビューが掲載されているので、よければ参照して下さい。
http://www.ryokojin.co.jp/tabicine/carlaslist.html

ドキュメンタリーの主人公は、国際刑事法廷の検事カルラで、
ボスニアの内戦で民族浄化を行った首謀者たちを追っている。
ふつうドラマだと、何かのカタルシスを迎えてエンディングになるのだが、実際はそうもいかない。
ドキュメンタリーの最中に何人かは捕まるものの、大物のカラジッチは
捕まらないまま映画は終わり、欲求不満が残ってしまうのだ。
しかしそれが現実だ。

カラジッチが指導した民族浄化の中で、
最大のものが「スレブニツァの虐殺」だ。
セルビア人勢力がイスラム教徒が住むスレブニツァを包囲し、
家族から男性8000人を引き離して殺りくした。
いまだに遺体がどこにあるか分からないものも多く、
夫や息子を殺された家族にとって、
カラッジッチが捕まらない限り、心は休まらない。
しかしカラジッチはセルビアでは「英雄」という一面もあり、
シンパも多く捕まえることは困難だった。

今年の初夏、このカラジッチがモデルの戦犯を追う映画が
日本で公開された。
リチャード・ギア主演だが、社会派エンタテインメントとして
こういう映画が作られるのは、アメリカならではだろう。
たぶんボスニアの虐殺なんて知らなかった人が、
たくさん見にくるのだから。

その映画『ハンティングパーティ』では、
(詳細は以下の僕のレビューを参照のこと)http://www.ryokojin.co.jp/tabicine/huntingparty.html
ハリウッド映画なので、ラストでカラジッチは罪の報いを受ける。

しかし現実では、先週までカラジッチはのうのうと暮らしていた。
しかも町中に住み、人前に普通に出ていたのだ。
懸賞金500万ドルがかかっていても、捕まらなかったのは、
セルビア政府がひそかに保護していたからだろう。
今回EU加盟の条件に、匿っている戦犯を突き出せと圧力を受けたため、
しぶしぶ差し出したのだろう。

ボスニア紛争は、それまでジェノサイド(大量虐殺)は遅れている国(カンボジアやアフリカ)でしか起きないと思っていた先進国の人たちに、いつでもどこでも起きるということを知らしめた。
人間は簡単に、隣人を殺し始めるのだ。
ある日、隣の家族がナタをもって襲ってくるという恐怖は、
ゾンビ映画ではなく、現実世界の話なのだ。

さて、カラジッチは捕まったが、おそらく裁判は何年もかかるだろう。
「戦争だったからしょうがない」という意見も出るだろう。
裁判が長引くたびに、遺族はため息をつき、
先に亡くなる者も出るだろう。
しかし正当な判決が出るまで、残されたものは心が落ち着かない。
「カルラのリスト」に出ていた、死んだ息子の母親たち、夫を殺された妻たちの姿が、新聞記事を読んでよぎった。
by mahaera | 2008-07-31 23:01 | 海外でのはなし | Comments(0)

スクール・オブ・ロック・バンド

BARスクール・オブ・ロックの面々で作っているバンドのライブが決まりました。8/2、場所はおださがのライブハウスです。

曲はコピーばかりですが、昔のロックがお好きな方、きて下さい。
どんなのをしているかというと、

今夜は帰さない、ハロー・ゼア(チープトリック)
ウォーク・ディス・ウェイ(エアロスミス)
スペース・トラッキン(ディープ・パープル)
リヴィング・ラヴィング・メイド(レッド・ツェッペリン)
ヘイ・ブルドッグ(ザ・ビートルズ)
ステッピン・ストーン(モンキーズ)

乞うご期待!
by mahaera | 2008-07-30 23:09 | ぼくの音楽・バンド活動 | Comments(0)

いよいよライブ近づく!

前にも書きましたが、今住んでいるところでバンドやってます。
そのライブが週末の8/2に小田急相模原であります。
昨日はそれに向けてのリハがスタジオでありましたが、
この暑い中、いくら冷房が効いているとはいえ、3回ほど通しでやると、
ぐったりと疲れました。
やっているのが、ロックだからということもありますが、
やはり体力でしょうか。

ライブハウスでやるのは、本当に久しぶりで
緊張というより楽しみです。
歳を取ると緊張しなくなるのはなんででしょう。
他のメンバー(やはり40代)が言ってましたが、
「音出しても出さなくても、まちがってもそうじやなくても30分たったら終わる」
そんな心持ちになって来たからですかねえ。

まだまだ曲の構成を覚えているか不安がありますが、
なんとかなるでしょう。
ぜひ見に来て下さい。

場所は国立病院近くのライブハウス、T-ROCKS。
8/2(土)18:50に演奏スタートです。
チケットは僕に連絡するか、BARスクール・オブ・ロックでも売っています
by mahaera | 2008-07-28 23:02 | 日常のはなし | Comments(0)

今年の虫取りは終了(かな?)

先日、知り合いのご家族と一緒に昆虫採集に行きました。
我が家の息子と妻は今週末から一か月ほど実家へ戻るので、
この夏の甲虫採集はもうおしまい。
すでにカブやクワはいるし、逆にもらい手探しです。
というのも、クワガタはともかく、カブトムシの成虫の寿命は23週間
といったところなので、息子が戻ってくる前に死んでしまうからです。
もらい手がないカブは逃がそうと思っています。

さて、我が家の今シーズンの甲虫採集は終わりなので、
これから採りたいというご家族に採集スポットを教えました。
ここに行けば、7割ぐらいの確率で採れるというポイントです。
子供からすれば、もらうよりも自力で採集したいもの。
だから自分の手で採らしてあげたかったのです。

向こうのご家族は小学4年生と2年生の男の子がいる家庭。
お兄ちゃんはのんびり、弟の方がワイルドというのは、
どこの家庭でもそうなのでしょうか。
案内する側としては、二人とも公平にゲットしてほしいのですが、
何しろ自然のものなので行ってみないと分かりません。

第一ポイントでは、カブのオスが1匹おり、失望させずに済みました。
しかしすばしこい弟くんがアニキを差し置いて捕まえたので、
お兄ちゃんは不満そう。面目が立たないのかな。
場所を代えての第二ポイントでは、お兄ちゃんは僕のそばにぴったり。
なんとかして弟に目にもの見せてやろうと意欲満々。
しかしそこは目立つ場所なので、すでに採集された後。
意気消沈する兄のため、なんとかして見つけてやろうと、
ふだんはあまりしない土堀りをしました。
この季節だと、蛹からかえって、土の中でじっとしているカブトの成虫がいるんです。

カに刺されながらも、
何とかカブトのオスとメスを一匹ずつ掘り出しました。
本当は自然に土から出てきて欲しいので、ちょっと荒技です。
お兄ちゃんを呼び、土の上にいるカブを捕まえさせました。

日本だと「子供の虫取り」は珍しくはないんですが、
世界的に見ると、ほとんど「遊びとしての虫取り文化」はありません。
まして甲虫採集に子供たちが熱を上げるなんて、
他の国の人が知ったら驚きです。
by mahaera | 2008-07-24 23:03 | ムシや自然のはなし | Comments(0)

ノコギリクワガタとセミ

とうとうセミが鳴き出した。
といっても、まだたまに聞こえるといった程度だが、セミの声を聞くと
「ああ、夏だ」という気分が倍増する。
それにしても今年は遅いんじゃないかな。
年々ズレているのかもしれない。
だって去年は、相模原公園では11月まで鳴いていてびっくりした。

最近一番楽しいのは仕事ではなく、昆虫採集。
たぶん今は子どもよりも楽しんでいるかも。
樹液スポットに行き、目指すムシがいた時は気分が晴れやかになる。
今年は目標のカブトムシはもう数を捕まえたので、
今はクワガタ、それも立派なアゴを持ったノコギリクワガタをもう少し欲しい。
相模原公園へ行くと、鳥に食べられたばかりのノコたちのパーツが散乱している。
中には、体が無くなっても、上半身だけでうごめいているノコもいる。
ムシってしぶといなあ、と思うのは、頭と胸の部分が残っていれば、
胴体がなくても半日くらいは生きているということ。
朝の樹液ポイントとか行くと、体の下半分がなくなったカブトとかが
うごめいていて、人間ならゾンビのよう。

さて、本日の収穫はノコギリクワガタ1匹。昨日はコクワ4匹でした。
by mahaera | 2008-07-19 23:05 | ムシや自然のはなし | Comments(0)

邦画を最近よく観ています コメディ編

邦画を最近よく観ています。
といってもレンタルDVDでなんだけど。

面白かった作品をいくつか紹介しましょう。今回はコメディ編です。
★でお勧め度をあらわしています。

『運命じゃない人』
女性にふられたばかりのまじめ会社員、その友人の探偵、たまたま出会った傷心娘、ヤクザ…。一晩の話が、視点を変えて何度リピートされ、その度に一度見たシーンに別の意味を発見するという、よく考えられたコメディ。有名俳優は出ていないけど、アイデア勝負で成功した作品。
ちょっとテレビっぽいけど、浮かれ過ぎてもいず、大いに楽しめました。
★★★★

『キサラギ』
B級グラビアアイドルの一周忌に集まった、ファン5人。彼等はかつてハンドル名で、掲示板でやりとりしていた仲だったが、会うのは今回が初めてだった。そこで、アイドルの死は自殺ではなく、殺人ではなかった可、しかも犯人は5人の中にいるという推理劇が始まる。
これもアイデアは面白く、また脚本もよくできていると思うのだけれど、
まるでテレビのお笑いを観ているような、ボケとツッコミ調の台詞のやり取りは、こちらが置いてけぼりになる。映画というよりはテレビなのだ。
そして観ていて気恥ずかしい演出が、脚本を殺している。
何打か、最近のお笑いと一緒で、ノレない人をとことん排除するような、
排他的な感じがするのが残念。でもよくできてはいるんだけどね。
★★★

『THE有頂天ホテル』
僕と同じ歳で、エッセイなどを読んでいると、ずいぶんと共感できる三谷幸喜によるオールスターコメディ。話の展開がスピーディで、また場面転換もいい感じであり、少しも飽きさせない、よくできたコメディ。大晦日のホテルを舞台に、支配人やホテルマン、芸人や汚職政治家、娼婦などが入り乱れての話を、よく交通整理したと感心。オダギリジョーや唐沢寿明ら二枚目には、あえで不細工になるヅラを用意したり、伊東四郎の「面白い顔」だけで場をさらったりと、役者もいい。
ただ、この人の作品は他もそうだが、手放しで面白がれない部分もある。
具体的にどうとも言えないのだが、鼻につくと言うか、
「さあ笑って下さい」的な作り込みが、時々しらけてしまうのだ。
あとは役者への演技のつけ方が舞台的というか、映画的な広がりもないのが残念。つまりあえて映画というメディアでしなくてもいいような気がしてくる。場面転換とか舞台でやっている絵が浮かんできてしまうのだ。
それでも楽しめたので★★★★

『リアリズムの宿』
昨年、『天然コケッコー』と『松が根乱射事件』で2本をキネ旬ベストテンに送り込んだ山下監督。彼がブレイクした『リンダリンダリンダ』の前に撮った作品で、原作はつげ義春の漫画。ロケは鳥取。
あまりよく知らないもの同士が、温泉宿に泊まることになる、その気まずさの空気感を見事に出していて笑えます。これは前にあげた『THE有頂天ホテル』とは別の方法だけど、不器用な人間たちを上から見るのでなく、よりそって見ているような暖かい気分にさせてくれます。俳優たちの演技も、はしゃいで笑わせるテレビのお笑いとは別次元の、映画ならではの間が生きています。僕は最初に見た時よりも、今回の方が楽しめました。
そろそろレンタルビデオ店からなくなるかもしれないので、
見つけたら借りましょう。そして同性の友人と見ましょう。
★★★★★
by mahaera | 2008-07-19 23:04 | 映画のはなし | Comments(0)

おださがのラーメン屋 その1豚骨系

おださがのラーメン屋と言えば、やはり「町田家」なのでしょうか。
濃厚でこってりとした豚骨の味は、「さあ、食うぞ!」と食べる気満々の時は、とてもおいしいです。
上に層を作る脂、太麺、おいしいチャーシュー、のり。
最初に食べた時は、しばらくたってもお腹が空きませんでした。
しかしこの町田家のラーメン、体調が良くない時に食べると、
トゥーマッチで、最後まで食べるのが辛くなります。

ここ12年は近くにある「富士家」の方が良く行きます。
「町田家」のラーメンをライトにしたような味で、
「こく」には欠けますが、390円という値段では、文句を付ける方が間違っていますね。
ただし、「ラーメン」以外の品はふつうの値段で、安くはないです。
だから「ラーメン」以外はここで食べたことがありません。

行幸道路、二宮神社向かいに新しくオープンしたラーメン屋に先日行って来ました。
やはり濃厚でこってりとした豚骨系で、ラーメン700円といい値段です。
味は僕には「濃すぎてちょっと」ですね。脂というより塩分が強すぎるような。若い人にはいいのかなあ。

僕の経験からいうと、一口目でおいしいと思ったスープは、
最後まで行かないうちに、もういいやとなることが多いです。
むしろ最初は物足りなくても、食べ終わる頃においしいく感じるスープが、ちょうどいいのかなと。
もう若くはないので(笑)、あまり濃厚なラーメンはやめておいた方が、
健康にはいいのでしょうね。
by mahaera | 2008-07-15 23:06 | 小田急相模原のはなし | Comments(0)

カブトムシ採集


先週、ようやく今年初カブトムシを採集しました。
場所は相模原公園近くの雑木林。
昨年も行ったところなのですが、人気がない道で、
女性ひとりだとかなり入りにくいところ。
それでも道になっているのですが。。。

一本の木の樹液に6匹のカブトが群がっている姿は壮観でした。
子供の頃にこんな姿が見られたら、すごくうれしかっただろうなあと思いました。
その後もそこへ行っているのですが、そんな収穫はなく、
今日はメスカブを2匹見つけたのですが、
子供と後で行ったらもういませんでした。
(できれば子供に捕まえさせてあげたかったので)

みなさんは子供の頃にカブトムシを採った思い出はありますか?
by mahaera | 2008-07-11 23:08 | ムシや自然のはなし | Comments(0)

THE WHO来日


とうとうThe Who初の来日単独公演が決まりました。
前回はRock Odessey 2004の初来日。これはイベントです。
この時はなんで行かなかったのか、あまりロックに関心がなかったのか、
イベントのこともよく知りませんでした。

で、The Whoです。
ファンというほど、彼らの音楽を聴いているわけでなく、
映画『TOMMY』で知っていたくらいですが(変な映画でした)、
ドキュメンタリー『The Kids are Alright』でぶちのめされました。
「これがROCKだ!」という内容で、未見の方がいたらぜひ見ることをおすすめします。
ラストの「無法の世界」のライブシーンは、まちがいなくロックベストパフォーマンスのひとつ。
このバントのウィークポイントは、他のメンバーがすごすぎて、
ボーカルの影が薄いことでしょうか。
ベストアルバムはやはり「フーズ・ネクスト」ですね。

そんなThe Whoもメンバーのうち半分のドラムとベースがすでに亡くなり
今はギターのピート・タウンゼントとボーカルのロジャー・ダルトリーのみ。
でも来てくれるだけでもうれしいですね。
チケット買うかどうか迷っていますが(笑)
by mahaera | 2008-07-11 23:07 | ぼくの音楽・バンド活動 | Comments(0)

アヒルと鴨のコインロッカー

ブログで書こうと思っていたけど、忙しくて書きそびれていた映画です。
仕事柄映画はよく見るのですが、邦画はあまり見ません。
でもこの映画は、大好きなボブ・ディランの「風に吹かれて」がテーマ曲というので、レンタルで借りてみました。

舞台は東北の大学がある町。主人公は大学入学のためにやってきた学生。そこで同じアパートの若者に、本屋を襲撃して「広辞苑」を奪おうと持ちかけられます。断りきれなくて、つい協力してしまうのですが、そこから過去の悲しい話にさかのぼっていくのですが、なかなか面白い青春ものでした。

そのなかで、ブータン人がキーワードになっていくのですが、
見た目日本人と変わらない「ブータン人」というのが微妙で、
この物語をうまく支えています。

欠点は、途中で驚く展開になるのですが、それが早すぎ、
そのあとが長く感じられることです。

それでも、胸にせつない余韻が残る佳作でしょう。
ディランの歌ももちろんいいです。
by mahaera | 2008-07-07 23:10 | 映画のはなし | Comments(0)