人気ブログランキング |
ブログトップ

旅行・映画ライター前原利行の徒然日記

mahaera.exblog.jp

<   2012年 09月 ( 16 )   > この月の画像一覧

最新映画レビュー『ディクテーター 身元不明でニューヨーク』 アラブの独裁者がNYでスーパーの店員に?

ディクテーター 身元不明でニューヨーク

2012年/アメリカ

監督:ラリー・チャールズ
出演:サシャ・バロン・コーエン、アンナ・ファリス、サー・ベン・キングスレー、ジョン・C・ライリー
配給:パラマウント
公開:9月7日より公開中


いつも奇抜なキャラに扮しているサシャ・バロン・コーエン。
自身はユダヤ人だが、映画ではそれを逆手にとり、
ユダヤ人を差別する役も多い。
彼のギャグは差別・偏見をネタにしたブラックなものと
超下品な下ネタからなり、好き嫌いが分かれる。
僕も、前に見た『ポラット』は笑えないシーンも多く、
ちょっと引いてしまった。
この新作では、リビアの故カダフィ大佐をほうふつさせる
独裁者を演じている(当然、反米、反ユダヤ)。

北アフリカにあるワディヤ共和国は、
オイルマネーを背景に反米の独裁者アラジーン将軍が支配している。
反対するものは容赦なく粛清だ。
やりたい放題のアラジーンだが、核兵器開発を疑う国際社会から
締め付けが厳しくなっていた側近に説得され、国連で釈明するために
ニューヨークにやって来たアラジーンだが、
謎の集団に拉致されてしまう。そのとき自慢のヒゲをそられ、
誰も彼をアラジーンとは気づかなくなってしまう。
途方に暮れたアラジーンだが、博愛主義の活動家ゾーイと恋に落ち、
自然派志向のスーパーで働くことに。。

北朝鮮、イラン、イラクといった国々の典型的な独裁者のイメージ
を演じながらも、単に独裁者が悪いというわけではなく、
バロン・コーエンはそれを支援する国や企業も笑い飛ばす。
チャップリンは『独裁者』でヒトラーを批判したが、
現代では、独裁者はさただの操りピエロ。
支援しているのは、中国や多国籍企業なのだ。

今回は、こちらが引いてしまうようなシーンは少ないが、
その代わり「毒」が薄れたような気もする。
ラスト、国連の席で彼が演説するのは、
もちろんチャップリン作品を意識してのことだが、
感動させようというのがちょっと見えてしまうのだ。

設定は面白いものの、1アイデアの感じもし、
もっと面白いものになったはずなのだが、
という感は否めない。

(★★☆)
by mahaera | 2012-09-10 18:35 | 映画のはなし | Comments(0)

来週引っ越します。西荻からおださがへ

前々から決まっていましたが、引越しをすることになりました。
先週、先々週は物件を探したり、契約したり、引越し屋を頼んだり、
ばたばたとい忙しかったけど、いざいろんなことが決まりだすと、
前へ前へと物事が進行していき、
迷っていて何も決まらなかったころに比べると、
仕事を進めているのと同じで、終わりが見えているから、
てきぱき進んでいく。

前回の引越しのときのブログを読むと、
ゴミや荷造りのことばかりで、
1年ちょっと前にたくさん捨てたから、今回はあまり捨てるものは
ないのかと思ってしまう。
ただ部屋は
3LDK→2LDK→1DK
と引越しのたびに狭くなっていく。
家賃はあがったり下がったりだが。
ちなみに1DKに家族三人で住むわけではない。
ひとり暮らしになるので、前回の引越しで消滅した
僕の部屋が復活することになる
まあ、ひとり暮らしだからすべて僕の部屋だけど(笑)

引越し先は、古巣の小田急相模原。おださがだ。
ただし今回は、線路の向こうの座間側。
本当は相模原市側に引っ越したかったのだが、物件を探すと
やっぱり座間側のほうが多いんだよね。

それにともない、携帯も買った。
いまどき、携帯もっていない人もいないだろうが、
僕はずっと持たずにきたので、これが初携帯だ。
i phoneにしたので、普通の携帯を知らずに
(海外では使っていたが)いきなりスマホということになる。
しばらくは固定電話はやめて、これだけにしようと思う。

引越し日は13日、そしてそのあとはいつものタイ取材が待っている。
by mahaera | 2012-09-09 10:18 | 日常のはなし | Comments(0)

最新映画レビュー『イラン式料理本』 キッチンからイラン社会の“今”が浮かび上がってくる

イラン式料理本
Iranian Cookbook
2010年/イラン

監督・脚本・製作:モハマド・シルワーニ
出演:配給:アニープラネット
公開:9月15日より岩波ホール
上映時間:72分
公式HP:www.iranshiki.com


基本的には、キッチンに据え置かれたカメラの前で、
女性たちが話をしながらただ料理を作るだけのドキュメンタリー
しかも登場するのも、すべて監督の家族や知り合いばかり
観る前はそれで面白いのかと思っていたが、
そんな予想はいいほうに裏切られた。
それが実に面白いのだ。

イランの家庭は日本に比べるとふた世代ぐらい前のような感じで、
男子は決して厨房に入らない。
「女性は家庭を守り、料理を作るのが当たり前」と思っているようで、
食事のときには男性はただ食べる人に徹している。
監督もキッチンのことについては
ほとんど何も知らない状態で撮影に挑んだようだ。
登場する女性たちは、ラマダン中の豪華料理を作る母、
母の友人、伯母、義母、妹、友達の母親、そして妻の7人。
まず驚くのが、イランでは料理を作る時間がとても長いこと。
たとえばラマダン中の夕食は、日中食べられない分だけ豪華で、
昼から作り始めて7時間ほどかかるし、
それは別にしても5時間近くかかる家庭もある。
主婦歴何十年というベテランに比べて、
監督の妹や妻といった若い世代は、もともと料理に興味ないし、
作るにも手際が悪いという点では、現代の日本の若い女性と
大して変わらないようだ。
インテリっぽい監督の妻は、家事については基本的に
文句タラタラで、夫が友人を連れてきた時に食事を用意するの
は面倒で、夫の友人に料理をほめられても
「それは缶詰」と答えたりしたなどと、
「なぜ女ばかり」とウンザリとした様子。
大学へ行きながら小さなふたりの子供の面倒をみて、
夫が帰ってくるまでに夕飯を作っている監督の妹は
料理の手際が悪いし、夫にやはり不満タラタラだ。
それに比べて生き生きとしているのがベテラン主婦たちだ。
いちばん笑ったのが、義母のキッチンの場面。
若いころは姑に散々いじめられた上、
夫はちっとも助けてくれなかったと言いながら、
料理の途中で入ってきた夫を手伝わせ、
義母にチクリチクリと昔の恨みを皮肉交じりに言う姿は
まさに貫禄で、長い年月が彼女を変えたのだろう。

こうした家庭から見たイラン社会、男女のありよう、
そして世代間の違いを見ていると、
なんだか私たちの家庭とそう変わらない感じがしてくる。
キッチンで使っている道具も、大して変わらない。
そんなわけで、エンドクレジットに出てくる、
しょっぱい現在(夫婦の離婚)も含め、
「家族や夫婦の関係は世界中どこでも大変なんだなあ」
と感じてしまった次第だ。短いドキュメンタリーながらも、
その後ろに見えてくるものは大きい。
(★★★☆)

■関連情報
本作は2011年の山形国際ドキュメンタリー映画祭で
市民賞とコミュニティシネマ賞の2部門を受賞した。
しかしながら、国際的に評価されているモハマド・シルワーニ監督の作品は、
一本もイランでは上映されていない。こ
の『イラン式料理本』も上映が禁止されている。
そればかりか、彼は山形の受賞スピーチで、
「私は身の危険を感じているので、
今後一切ドキュメンタリーは撮りません」と宣言する羽目になった。
このイランのキッチンを撮ったドキュメンタリーのどこが政治的なのかは、
よほど心の捻じ曲がった人以外は気にしないだろう。
つまりイラン政府は、「海外で活動する芸術家」は
すべて「反政府的」としているのだろう。
イランの状況は、年々どんどん悪くなっているようだ。
中国といい、すぐれた芸術家は海外へ流出するしかないのだろうか。

雑誌「旅行人」のウエブサイト「旅シネ」に寄稿したものを転載しました。
by mahaera | 2012-09-08 10:17 | 映画のはなし | Comments(0)

本日9月8日、立川でThe Buddiesのライブです

本日8日土曜日、久しぶりにブルースバンドThe Buddiesのライブです。

これはG & Voのバディさんを中心に、
ブルースやブルースロックを演奏するバンドです。
僕はキーボードで参加しています。

メンバーは
バディ Vo & Guitar
ちょっち Vo & Guitar
ひげじい Drums
Chie Vo & Bass
前原 Keyborad

立川Crazy Jam
http://www.crazyjam.com/


14:30 OPEN
15:00 Start

The Buddiesの出番は四番目のラストです。
18:00-18:45 The Buddies

チャージ1000円+ドリンク500円です。

〒190-0011 
東京都立川市高松町2-26-3  
インディビレッジ地下1F (立川通り沿い 「立川税務署」信号角)


よろしく
by mahaera | 2012-09-08 10:01 | ぼくの音楽・バンド活動 | Comments(0)

最新映画レビュー『THE GRAY 凍える太陽』 極寒の地からの生還をかけたR・ニーソン主演のアクション

THE GRAY 凍える太陽

2011年/アメリカ

監督:ジョン・カーナハン
出演:リーアム・ニーソン
配給:ショウゲート
公開:丸の内ピカデリーほかにて公開中


かつては人間ドラマへの出演が多かったが、『96時間』のヒット以降、
『アンノウン』、『特攻野郎AチームTHE MOVIE』など、
最近はアクション俳優に開眼したかのような
暴れっぷりのリーアム・ニーソン
僕にとっては『シンドラーのリスト』より『スターウォーズ』の
クワイ・ガン・ジンなので、その大柄な体を使ってどんどん暴れて欲しい
ところなのだが、もういい歳だろっ、という感じだ(笑)

ならず者たちが集まるアラスカの石油採掘現場。
そこで働くオットウェイは、作業員たちを野獣から守るために
雇われた射撃の名手だ。しかし彼は過去を悔やみ、現実に絶望していた。
ある日、オットウェイを乗せた飛行機が雪原に墜落。
オットウェイは生き残った男たちと共に脱出をはかるが、
オオカミの群れが次々に襲いかかり、
仲間たちはひとりひとりと命を落としていく。

リーアム・ニーソンの今回の役どころは、人生に絶望し、
自殺も考えている射撃手だ。映画のタイトルの「グレイ(灰色)」は、
太陽が顔を出さない冬のアラスカの天気というだけではなく、
彼の心象風景でもある。
射撃手だが、銃がない、という設定で、
苛酷な環境の中で多くの死を見つめるうち、
絶望していた男が生きる活力を取り戻していくというドラマだ。

生き残った男たちが寒さだけでなく、オオカミと闘わなくてはならない
というのは、物語を飽きなくするために必要なのだろうが、
オオカミがとことん人間を襲ってくるのが
逆にリアリティがないような気がする。
あとは、こういった作品は、「いったい誰が助かるのか」
というところで、興味をひきつけ、最後にほっとさせて
緊張感を開放するのだが、そのあたりは考えていないようで、
観終わったあと、おいおい、という気分になった。
最後まで映画に付き合ったんだから、
いい気分にさせてくれよ。ホラー映画じゃないんだからさ。
エンディングクレジットあとの映像も、蛇足じゃない?
(★★)
by mahaera | 2012-09-06 11:13 | 映画のはなし | Comments(0)

ガスタウンのライブの画像をアップします

先日のガスタウンのライブの画像をいただいたのでアップします。

まだ録音を聴いていないので、できはわかりませんが、
まあまあだったかと思います。

b0177242_0401334.jpg


曲目は
1 かんかん照り
2 史上最大のロックスター
3 恋は君のもの
4 冷たい雨が今日も
5  大人になるってこと
6 エルモア
7 重荷
8 バックパッカーブルース

でした。

b0177242_0421846.jpg


次のライブは10月下旬の予定です。

よろしく。

b0177242_043308.jpg

by mahaera | 2012-09-01 00:44 | ぼくの音楽・バンド活動 | Comments(0)