ブログトップ

旅行・映画ライター前原利行の徒然日記

mahaera.exblog.jp

<   2018年 03月 ( 11 )   > この月の画像一覧

最新映画レビュー『シェイプ・オブ・ウォーター』 本年度、アカデミー作品賞受賞作




いうまでもなく、今年のアカデミー作品賞受賞作品
今まで、知る人ぞ知る、怪獣大好きデル・トロ監督が、
こうして評価されたことはうれしい。
97年の「ミミック」や2001年の「デビルズ・バックボーン」の頃は、ジャンル映画の監督で一生終わるのかなと思っていたが、
やはり作家性が花開いたのは2006年の「パンズ・ラビリンス」かな。
これが今の所の彼の最高傑作だ。

さて、公開からだいぶ経っているので、今更僕が書くことも少ないのだが、ちょっと映画のメインテーマからそれたところを。
主人公と対照的に描かれている、この映画の悪役、
マイケル・シャノン演じるストリックランドの描写が、
結構丹念に描かれていて、下手をすると主人公よりも感情移入しやすい。
単なる悪役ならば、冷酷な部分だけを描写すればいいが、
ストーリーには不要な彼の家庭も描かれている。
50年代の典型的な幸せなアメリカンの中流階級。
問題のない、明るい光が当たっている家庭で、
ストリックランドだけが異質だ。
彼は家庭では居場所がないように見える。
一方、研究所では、一見彼が支配者のようだ。
他のものを震え上がらせることができるが、
役職的にはそんなに上ではない。

ストリックランドが、新車を買いに行くシーンも印象的だ。
あのシーンがあるからこそ、彼の哀れな小物感がにじみ出る。
そして、上官である将軍に認められないことを訴える
「いつになったら、まとも(decent)な男として認めてくれるのか!」というセリフも、人間味が出ている。
相手を従えることでしか、関係が築けない、
マチズモに支配された哀れな男。
主人公と半魚人の愛の形と対照的だ。

そして、ラスト。ここで観客は、
物語の語り手が隣人のジャイルズであることに気づく
つまり映画は、全編を通して、これはジャイルズの語る話であることを、ここで再確認させらるのだ。
半魚人と結ばれるイライザの姿は、
ジャイルスが目撃したことではない。
つまりあれは想像とも取れる。
映画の手法で良くある「信じられない語り手」だ。
「パンズ・ラビリンス」はいい映画だが、
エンディングは悲しいもので、
観客に十分なカタルシスを与えることができなかった。
それを受けて、ハッピーな気持ちで劇場を出られるよう、
「語り手」にハッピーエンディングを語らせたと思うのは、うがった見方だろうか。


[PR]
by mahaera | 2018-03-31 12:45 | 映画のはなし | Comments(0)

以前、ブログに連載していた「子供に教える世界史」完成! 地味に販売しています(笑)



b0177242_23070231.png
印刷屋さんに発注していた「子供に教える世界史」が届いた。

これは息子の大学受験の際、「世界史」を1年半にわたって
息子に教えていたことを、覚書のようにしてFBやらブログにあげていたのがもと。
途中から書き始めたので、古代史ではなく、
いきなりルネサンスや産業革命ぐらいから始まっている
また、息子の受験終了とともに連載も終わりにしたので、
最後はキューバ危機のあたりで終わっていて、中途半端だけど。

ただ、皆さん、世界史がうろ覚えになるのは、
アヘン戦争以降の近代史や20世紀以降の現代史なので、
その辺りを再学習するにはいいかと、まとめてみた。

本にするにあたり2000字ほどの見開き完結に再構成して全64回
プラス番外編で「映画で学ぶ世界史」も9作品加えた。
総ページは144ページだが、ページ節約のため割と文字がびっしり。
文字量的には新書一冊ぐらいの読みでがあると思います。

装丁とレイアウトは、旅行人の蔵前仁一さんにしていただきました。
一人でしていたら、これほどカッコよくはならなかったと思う(笑)。
サイズはA5版。「地球の歩き方」と同じぐらいとイメージしていただければ。
定価は1200円ですが、現在、注文された方には送料無料でお送りします。

PDF版は800円です。だけど単なるPDFなので、ご了承ください。
まだ在庫は余裕ありますけど、増刷はしないので売り切れたらおしまい。
まあ、たくさん作って余るよりはいいかと(笑)
それ以降はPDFのみになりますね。

注文はメールなどの連絡先を教えて頂ければ、
購入方法のお知らせを送ります。
連絡先 mahaera@hotmail.com 前原利行  *maeharaでなくてmahaeraです。

サンプルページです。
それでは、よろしくお願いします。

b0177242_23070753.png

[PR]
by mahaera | 2018-03-25 23:13 | 世界史 | Comments(0)

最新映画レビュー『ペンタゴン・ペーパーズ 最高機密文書』スピルバーグの硬派な面が出た実話の映画化



あれ、スピルバーグは4月公開の「レディ・プレイヤー1」
あるのでは?と思った方もいるだろう。
早撮りで有名なスピルバーグだが、なんとその
「レディ・プレイヤー1」のポストプロダクション(撮影後のCGIや編集などの後作業)の期間を利用して、この映画を撮り終え、しかも先に公開してしまったのだ。
2017年3月に主要キャストへのオファーが行われ、5月に撮影開始、11月6日には完成して12月に公開という、
ハリウッド大作としては異例の早さ。
それだけ、スピルバーグには「今、作らねば」という
切迫感があったのだろう。

映画は1971年の実話が元。

1940年代から1960年代にかけて、ペンタゴンが政府に提出した
ベトナム政策に対する報告書の流出事件だ。
この文書はアメリカの4つの政権にわたる膨大なもので、
「アメリカはベトナムに干渉しても勝つことはできず、泥沼化する」という報告だった。
ところが政府はその調査報告を握りつぶし、
「兵力を増やせばベトナムで勝利する」と国民に嘘をつき、
多くのアメリカ国民をベトナムに送り込んだ。
それに憤った調査研究所の職員が文書を密かに持ち出し、
7000枚に及ぶコピーを撮ったのだ。

文書はまずニューヨークタイムズに持ち込まれ、
三ヶ月にわたる精査の結果、新聞で公開。
しかし、2日目にニクソン政権によって、
裁判所命令で掲載が差しとめられる。
国の機密事項の漏洩だと。
映画は、そのタイムズのスクープを
ワシントンポストが掴んだところから始まる。
編集主幹(トム・ハンクス)はその文書を入手するが、
タイムズは起訴されて掲載ができなくなっている。
掲載すればタイムズ同様に、政府に起訴される可能性が出てくる。
社内は、報道の自由を守るか、政府に忖度するか、意見が割れる。

もう一人の主人公がメリル・ストリープ扮する
ワシントンポストの社主だ。もともと主婦だった彼女は、
社主だった夫の自殺とより初めて会社経営をすることになるが、
周囲からは「お嬢様」と軽んじられて苦労する。
実際、歴代の大統領や、国防長官のマクナマラとは、
家族ぐるみの付き合いだった。
そして会社が株式公開をして家族経営のローカル新聞から
抜け出そうという矢先に、この事件が起きる。
そして彼女は掲載か自主規制かの決断を迫られることになる。

メリル・ストリープ、当たり前だが、演技がうまい。
彼女は一昨年のゴールデングローブ賞のスピーチで、
まだ大統領になる前のトランプが
身体障害者の記者の物真似をしたことを暗に非難。
するとトランプが、「ストリープは、過大評価されすぎの俳優」
とツイートで仕返した。
そんなことからも、本作がなぜ、今、作られ、
ストリープが主演を快諾したかは誰でも推測できるだろう。

政府が国民に知られたくないことを隠し、
真実を隠蔽するのは犯罪である。
また、報道に圧力をかけて自主規制させるのも犯罪だ。
そしてそれは民主主義の精神に反していると。
きっと映画を見ていて、あれ、これ日本の話じゃない?と、皆さんも思うだろう。
「民主主義」はチェック機能がないと、
きちんと動作しないシステムだ

そして所詮官僚には無理な話で、それはアメリカでも同じ。
一部の勇気あるものが権力の腐敗をリークし、
それを報道する機関がなければ、民主主義は「幻」となる。
ニクソンがその後、任期途中で退陣したことは、
皆さんはご存知だろう。
ニクソンは圧倒的な国民の支持率があったにもかかわらず、
その後対応がすべて裏目に出て、翌年「ウォーターゲート事件」が
致命傷となって、任期途中で辞めたアメリカ唯一の大統領となる。


[PR]
by mahaera | 2018-03-23 11:42 | 映画のはなし | Comments(0)

最新映画レビュー『ブラックパンサー』MCU作品としては申し分なし。そして現代世界への警鐘も



「ワカンダ! ワカンダ!」。

全米ではまさかの超特大ヒットとなり、来週には歴代興収で
『アベンジャーズ』や『最後のジェダイ』を抜き、
第4位に入る見込みだという。
息切れを見せず、エンタメの王道を送り続けているMCUシリーズ。
今回は、単体のヒーローもので、「ライオンキング」的なドラマ、
横尾忠則的なSFアフロフューチャーのデザイン、
そしてほぼ黒人キャストにもかかわらず
クローズドな観客設定になっていないエンタメ度は高い。
個人的には、かなり楽しめた。

監督は、『フルートベール駅で』『クリード』に続いての
長編3作目のライアン・クーグラー
『クリード』も良かったが、今回のような大作も仕切ることができ、今後の注目株だ。
さて、MCUは「キャプテンアメリカ」のようなシリアス路線、「ソー」の新作のようなコメディ路線があるが、
これはその中間か。
というのもエンタメでありながら、結構、
シリアスなメッセージが込められているのだ。

アフリカのワカンダ王国は、貴重な資源を持っているため
文明が発達しているが、それを他国に悟られないように
ほぼ鎖国をしている。
これが代々の国王ブラックパンサーだが、
それに挑戦状を叩きつける悪役キルモンガーは、
一国繁栄主義を否定し、世界で抑圧されている人々(黒人など)
を武力で解放しようとする。
そのやり方は暴力的だが、目的は自分の利益や金儲けではなく、
どうにもならない現状を打破したいという、
彼を否定できない部分がある。

裕福な国は、自分たちだけ幸せでいいのか。
一方で、その恩恵に預かれずに、
貧困や抑圧に苦しんでいる国もある。
その挑戦状を叩きつけられた国王を見ていて、
アメリカ人ならワカンダ王国がアメリカの写し鏡であることがわかるだろう。
最後のスピーチの
「困難な時、賢者は橋を作るが、愚か者は壁を作る」
「愚か者」は、トランプである事は明白だから。
★★★☆
[PR]
by mahaera | 2018-03-21 00:56 | 映画のはなし | Comments(0)

最新映画レビュー『ダウンサイズ』 前半はSFコメディ、後半は「幸福論」と物語の方向が変わる作品




2017年/アメリカ
監督:アレクサンダー・ペイン
出演:マット・デイモン、クリストフ・ヴァルツ、ホン・チャウ、クリステン・ウィグ、ウド・キア
配給:東和ピクチャーズ
公開:3月2日より全国

あまりヒットせず、シネコンではそろそろ打ち切りになっているようだが、元来これは拡大公開向きの作品ではない。
『アバウトシュミット』『ネブラスカ』
『ファミリーツリー』など、スパッと割り切れない、
非常に細やかな人の心(大抵登場人物でさえもモヤモヤしている)を描く、アレクサンダー・ペイン作品なんだから。
奇抜なコメディと思って見ていると、
話はどんどん違う方向へ行ってしまう。

ネブラスカで医学療法士をしているポールは、
今の稼ぎでは贅沢はできない。
しかしノルウェーで開発された技術で小さくなれば、
今の資産で優雅な生活が送れるという。
夫婦でその計画に参加するが、妻は途中で離脱。
ポールだけ小さくなってしまう。
小さい人たちだけ住む町でポールは暮らし始めるが、
人生は思わぬ方向に。。。

予告編だけ見ていると、小さくなってしまったことから起きる
コメディかと思うが、
コメディなのかは見ていてもよく分からない。
そこはかとない哀しみも漂い、途中から小さい人たちだけの話になるので、カルチャーギャップ的なシーンも少なくなる。
小さくなっても、貧富の差は相変わらずあるし、
小さくなっても相変わらず、
メキシコやアジア系移民が掃除などの下働きをしている。

むしろ「裕福になること」が幸せだと思っていたポールが、
ベトナム難民の女性と知り合うことにより、
自分が本当に目指していたものに気づいていくという話(幸福論)に変化していくのだ。
最後もまた唐突に話の方向性が変わり、
「これはそもそもどんな話だったっけ?」と混乱するだろう。
その時点で我々は映画が始まったところから、
もう主人公だけでなく、私たちも随分遠いところまできてしまったことに気づくのだ。

まあ、コメディSFぽい前半と、
幸福論を追求する後半とばらけてしまって、
作品として成功している映画とは言い難いのだが、
それもまた変な味わいになっており、捨てがたい。
★★☆


[PR]
by mahaera | 2018-03-20 01:05 | 映画のはなし | Comments(0)

2018.03.14 今回のインドの旅の最後の町は、ケララ州のコーチン(コチ)



b0177242_12474814.jpg
今回のインドの旅の最後はコーチン。
もともと貿易で栄えていた港をポルトガル人が占領、次にオランダ人、
そして最後にはイギリス人が拠点を築いた町。
ヴァスコ・ダ・ガマはこの地で病死し、最初に葬られた墓の跡もある。
この町も現在は、メトロを町なかに建設中。
今回行った南インドの主要都市、チェンナイ、ベンガルールもメトロ建設中だった。
インド、変わっていくなー。 
さて、インドの旅も今日で終わり。
順調なら、明日、帰国します!
[PR]
by mahaera | 2018-03-14 12:48 | 海外でのはなし | Comments(1)

最新映画レビュー『ビッグ・シック ぼくたちの大いなる目ざめ』



2017年/アメリカ

監督:マイケル・ショウォルター
出演:クメイル・ナンジアニ、ゾーイ・カザン、レイ・ロマノ、ホリー・ハンター
配給:ギャガ
公開:2月23日よりTOHOシネマズ日本橋ほかにて公開中

主人公はシカゴに住むパキスタンからの移民一家の息子。
アメリカに来て成功した親は、
息子に医者か弁護士を望んでいるが、
息子はコメディアンを目指して、昼間はUBERの運転手をしている。
その息子が、白人女性と恋に落ちるが、
一家は「白人女性なんて!」と大反対。
結婚相手は、パキスタン女性じゃないとと、息子を勘当。
一方で、彼女も主人公の煮え切らない態度に愛想を尽かし、
仲は破局に。
しかし、そのすぐ後、彼女は病気から昏睡状態になって
病院に入院してしまう。
眠り続ける彼女を看病しながら、
主人公は彼女こそ自分の大事な人だと気づく。 

ニューヨークを舞台にした映画では、タクシー運転手は
インド人かパキスタン人と決まっているが(笑)、
ここではUBERというのが今日的。
しかも貧しい移民ではなく、成功した移民一家の息子というのも、定型の役柄とは違う。
主人公は週末になると実家に帰って、家族で食事をするのだが、
そこでは描かれるのは、移民した第一世代とアメリカで育った第二世代との文化ギャップだ。
また、コメディでパキスタン系というと、
扱うには難しい宗教ネタだが、
本作ではそこを避けずに(みんなが知りたいところでもある)、
主人公にあえて彼の宗教観を語らせているのは、
勇気がいったろう。 
中盤、彼女が昏睡してからは、
主人公と駆けつけた彼女の両親とのやりとりが中心になるのだが、
この両親がそれぞれ欠点もあるが良い人たちで、
人間味を感じさせる演技が実に良い。
夫婦の感情のすれ違いとか、うまい。
ちなみに母親役はホリー・ハンターだ。 

実は、本作は実話の映画化で、
主人公はコメディアンである本人自身が演じている。
結末は、ハッピーエンドの『ラ・ラ・ランド』と言っておこう。
[PR]
by mahaera | 2018-03-13 12:47 | 映画のはなし | Comments(0)

ケララ州のアレッピーに来ました。船が運河や川を行き交うバックウォーターエリア


b0177242_02282953.jpg

コヴァラムビーチからトリヴァンドラムを経由して、
バックウォーターエリアのアレッピーへ。
この辺りは、東南アジア的な風景ばかりか、
湿気った空気もタイかインドネシア。

人もマイルドで親切。仕事じゃなきゃ、のんびりしたい。

b0177242_02295726.jpg


[PR]
by mahaera | 2018-03-13 02:31 | 海外でのはなし | Comments(0)

2018.3.10ケララのゴウァラムビーチ

b0177242_02051268.jpg
インド最南端のカニャークマリから、北西のケララ州に入り、アラビア海に面したコヴァーラムビーチへ。
小さなビーチに、欧米人の密集度が高い高い。
ビーチフロントにあるホテルやレストランは、高め。
しかしその裏の細い路地の奥には、昔のバリのクタのように安宿やら食堂、土産物屋がびっしり。
そして道に迷う(笑)。
実はインド20年目にして、初コヴァラム。
なので、こんなにパッカー向けの場所があるのを知らなかったなあ。
トリヴァンドラムには2回も行ってるのに。
ただし物価は観光地プライス。

1泊してまたトリヴァンドラムへ。
b0177242_02073935.jpg
b0177242_02083606.jpg


[PR]
by mahaera | 2018-03-12 02:09 | 海外でのはなし | Comments(0)

2018.3.9 インド最南端のカニャークマリに来ています

b0177242_10403216.jpg
現在、インド最南端のカニャークマリに来ています。

ここから東がインド洋、西がアラビア海、南は何もない大洋
そして北が広大なインド亜大陸。
ここから南には島もなく、南極までは海というのもクラクラします。

聖地の一つとあってか、とにかく観光客が多い。
そのせいか、物価もやや高め。

夕日を見るポイントで、携帯で恋人と話していたインド人が、
「ここは1リットルの水の値段で、500mlのボトルしか買えない」なんて訴えてました(笑)。
まあ、観光地は世界中そんなもの。

[PR]
by mahaera | 2018-03-09 10:47 | 海外でのはなし | Comments(2)