ブログトップ

旅行・映画ライター前原利行の徒然日記

mahaera.exblog.jp

タグ:インド ( 19 ) タグの人気記事

子供に教える世界史[古代編]インダス文明とその周辺(前2600〜前1800年)その2 トランス・エラム文明

b0177242_16464328.jpg
(画像)ざっくりと位置関係だけ書いてみました。実際は山とかあって、地図で見るより大変なんだけど。


トランス・エラム文明の成立
前2700年ごろ、メソポタミアの都市キシュの王が現在のイランにあった都スーサに侵攻し、略奪を行う。
取引先の国の都を略奪するというのは、
今の基準ではどうかと思うが、
当時は略奪も交易も力のバランス次第だったのだ。
これにより原エラム文明は衰退し、
イラン高原の中心都市は現在のケルマーン州にあった
アラッタに移る(異論あり。後述)。
アフガニスタンからの「ラピスラズリの道」はアラッタからスーサを経由して、メソポタミアに続いてた。
このイランの文明圏を最近は「古エラム時代」または「トランス・エラム文明」と呼ぶようになってきた。
この文明の特徴は、自国で産するものは少なく、
アフガニスタンとメソポタミアの中継貿易で栄えていたこと。
もしくは加工商品を作り、それを輸出していたことだ。

これがインダス文明の設立に関わっていたという説が、
最近では有力なようだ。
つまりスーサから東のアラッタに都が移ったこと、
メヘルガル文化が衰退し突然インダス文明が起こったこと
リンクしているというのだ。
原エラム文明の中心スーサはメソポタミアに近く、
鉱石や貴金属の輸出の代わりに多くの食料を得ていた。
しかしそれよりもずっと東のアラッタに移ったことにより、
穀物の運搬はより困難になる。
そこでトランス・エラム文明の担い手の食料需要に対し、
メヘルガル文化を築いた人々がインダス川流域に降りてきて、
農業を始めたというのだ。
そして同時期、メソポタミアに銅を供給していたペルシャ湾岸にも都市が生まれていく(後述)。
つまりインダス文明はイラン高原のニーズによって生まれた、あるいはトランス・エラム文明の人々が始めたという説もあるのだ(確定はしていない)。


[アラッタ国は中央アジアにあった?]
1990年以降提唱されている学説に、
メソポタミア文明とインダス文明の間には、
トランス・エラム文明以外にも中央アジアに
「バクトリア・マルギアナ複合(BMAC)」という文化があったというものがある。
これによると、メソポタミアと交易をしていたアラッタ国は現在のイランのケルマーン州ではなく、もっと北方のトルクメニスタンにあるアルティン・デペにあったという。
時代的には前2200〜前1500年とインダス文明と重なるころで、大麦・小麦などの灌漑農業を行い、
金属器や土器が発掘されている。
また、アルティン・デペからインダス文明の印章が発掘されていることから、交易があったことは確かなようだ。(続く)


[PR]
by mahaera | 2018-12-17 16:51 | 子供に教える世界史・古代編 | Comments(0)

流水りんこ×前原利行 トークイベント◆たびカフェKichijoji Vol.12 「インド怪奇ばなし」

b0177242_10322965.jpg
本イベントは満席になりました。ありがとうございました!

吉祥寺の井の頭公園近くという場所で、その道の達人による海外を歩いた生の情報やエピソードが聞けるトークイベント「たびカフェ」。
会場となるクワランカ・カフェさんが1月でクローズされるということなので、この場所で行うのは今回が最後になるかもしれません。

今回、のお題は「インド怪奇ばなし」。。。
メインスピーカーにお呼びするのは、インド人との国際結婚や子供たちの成長を描いた『インド夫婦茶碗』などで知られる、漫画家の流水りんこさんです。
りんこさんは流水凛子名義でホラー系漫画も描かれています。
そこで今回は、インドの旅の怖い話、インド人家族の中だからわかるインド人が考える怖い話などを、話していただきたいと思っています。
といっても、ユーレイとか妖怪話だけでなく、ちょっと不思議な話とか、怖かった体験などを深刻にならない程度で、雑談風に話していこうと思うのですが(笑)。

トークイベント終了後は、いつものようにその場で雑談会もしますので、そちらもどうぞ。年末の押し迫った時期ですが、ぜひ、遊びに来て下さいね!

●流水りんこ(漫画家)
インド通には、国際結婚と子供達の成長を描いた『インド夫婦茶碗』(ぶんか社)、バックパッカー旅での体験を描いた『インドな日々』(朝日ソノラマ)などで知られる漫画家。また、流水凛子名義ではホラー系漫画も多数執筆。旦那様のサッシーさんが経営する南インド料理店「ケララバワン」には、マンガを読んで訪れるファンも多いという。好きなものはブリティッシュロック。とくに元ピンク・フロイドのロジャー・ウォーターズの熱烈大ファン。近著には『流水りんこのアーユルヴェーダはすごいぞ~!』(主婦と生活社)、『流水さんの百物語 』(ぶんか社)などがある。

●前原利行(旅行ライター)旅行会社勤務後、旅行ライターに転身。現在は「地球の歩き方」シリーズなどのガイドブックや、紀行文、旅行のウエブサイトなどのライティングや編集に関わっている。

■日時:12月29日(土)19:30~21:00(開場19:00)
■参加費:チャージ1000円+ドリンク代(600円)※フードもあり
■会場:クワランカ・カフェ(吉祥寺)
■申込:満席になりました
■問合せ先:クワランカ・カフェ(月、火曜定休)
 TEL 080-5658-3476  http://qwalunca.com

[PR]
by mahaera | 2018-12-13 10:33 | 仕事のはなし | Comments(0)

最新映画レビュー『パッドマン 5億人の女性を救った男』インドで大ヒットした実話をベースにした感動作


2018年/インド
監督:R. パールキ
出演:アクシャイ・クマール、ソーナム・カプール、ラーディカー・アープテー、アミターブ・バッチャン
配給:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
公開:127日よりTOHOシネマズシャンテほかにて公開中

■ストーリー

北インドの小さな町マヘシュワール。
母親と2人の妹、そして結婚したばかりの愛する妻と暮しているラクシュミは、ある日、妻が生理中に清潔とは言えない古布を使っているのを見て驚く。
妻のためにと薬局で生理用ナプキンを買うラクシュミだが、高価な品を自分ひとりで使うわけにはいかないと妻に断られてしまう。
そこでラクシュミは生理用ナプキンを手作りするが、うまくいかない。
女子大でアンケート調査をしようとしたり、自分で試着したりと試行錯誤するが、そんなラクシュミの行為は田舎町で波紋を呼び、恥じた妻は実家に帰ってしまう。
失意の中、あきらめきれないラクシュミは都会に出て研究を続け、ついに低コストでできるナプキン製作の試作機を開発。
デリーからやってきた女性パリーという協力者を得て、発明コンペにその試作機を出品する。

■レビュー

仕事柄インドには毎年のように行くが、
私が男性なのでインド人女性が置かれている立場はわからない。
正直、本作でも初めて知ることが多かった。
映画で描かれるのは今から十数年前のインド。
インドでは当時(今も?)、高い生理用ナプキンを買うお金がなく、不衛生な古布を洗って使い、そこから感染症になる女性も少なくなかったという。
また、生理中の女性は「穢れ」とみなされ、生理期間中は家の中で眠ることも許されないという習慣が映画の中に出てくる(ベランダのイスで寝る)。
これは保守的な農村部だからなのかわからないが、
それも含め「生理」を話題にすることも避ける姿は、
やはり「穢れ」とする習慣があるからだろう。
そんな中で、ひとり大のオッサンが手作りナプキンに奔走する姿は、田舎町でなくとも “ヘンタイ”にしか見えない
まあ、映画では誤解を招くように誇張しているというのもあるが、
女子大の入り口で女子大生に手作りナプキンを配ってアンケートを取ろうとしたり、
初潮を迎えた近所の女の子のところに夜こっそり行ってナプキンを手渡ししたり、
テストのため動物の血で濡らしたナプキンを自分で装着して自転車に乗ったり(わざわざ白いズボンで)と、その後の“大惨事”を予想してハラハラしてしまう。
いや、周りから見たら“変質者”でしょ(笑)。

また、いたるところでインド人の宗教観が問題となるのも、日本人の意表をつく。
「聖なるナルマダ川を動物の血で穢した」と。そこが問題か。

そんなラクシュミの協力者になるのが、都会(デリー)の裕福なシク教徒の娘だ。
教育をきちんと受けて進歩的な考えというところで、
“恥”の文化で育った田舎育ちのラクシュミの妻と対照的に描かれている。
試行錯誤を続けながら、ラクシュミがあきらめずに続けるのは、妻への愛だけでなく(妻には実家に帰られしまうのだから)、ラクシュミの物作りの職人気質に火がついたからだろう。

ラスト近く、ニューヨークの国連に招かれたラクシュミのスピーチは感動的
つたない英語で、わかりやすく自分の考えを述べるが、
素朴でストレートな主張だからこそ、人々に響くのだ。
そしてこの映画が、インドの人々に向けた志の高い啓蒙映画でもあることに気づくだろう。
★★★☆


■映画の背景

・主人公のモデルとなったアルナーチャラム・ムルガンダ氏は、南インドのコインバートル出身。映画ではデリーの発明コンテストとなっているが、実際の場所はチェンナイだった。

・映画では、主人公が暮らしているのはマディヤ・プラデーシュ州のインドール近郊のマヘシュワールに変更されている。マヘシュワールは聖なる川ナルマダ川に面した田舎町で、映画でもフォートに面したガートが重要な場所として何度も登場する。また、ここはインドールを都としたホールカル家が、18世紀の女性当主アヒリヤー・バーイーの治世の期間、遷都されていた町でもある。映画にはそのフォート前が出てくる。

・マヘシュワールから都会に出た主人公が行くのは、おそらくインドール。デリーから公演に来たパリーが主人公と出会うのもおそらくここ。しかし映画では、パリーの宿泊ホテルはマヘシュワールに近いマンドゥのマルワ・リゾートとなっている(乗っているタクシーにも名前が書かれている)
(旅行人のWEBサイト「旅行人シネマ倶楽部」に寄稿したものを転載しました)

[PR]
by mahaera | 2018-12-07 02:43 | 映画のはなし | Comments(0)

「テキトーだってインドに行ける!」 無事終了しました。ありがとうございます。


b0177242_09212060.jpg
「テキトーだってインドに行ける!」
先週でしたが
トークイベント、おかげさまで大盛況で終了しました。
海老名に来てくれた皆さん、ありがとうございました! 
そして蔵前仁一さん、遠くまで来ていただいてありかどうございました。
ナチュリーさんのスタッフの方々もありがとうございました。
カレー、おいしかったです(笑)

[PR]
by mahaera | 2018-08-01 09:22 | 小田急相模原のはなし | Comments(0)

蔵前仁一 インドトークイベント「テキトーだって、インドを旅できる」のお知らせ

いよいよ明日です! 当日急に来られるようになった方、
空きはあるので、お待ちしております!

b0177242_10221823.jpg
「ゴーゴー・インド」の蔵前さんが海老名にやって来ます! 
えー、いつも宣伝ですみませんが、こんなトークイベントを
私が住んでいる小田急エリアでやります。
旅行作家・蔵前仁一をお招きし、海老名にできたデッキにある
インド料理レストラン「ナチュリー」にて、カレーを食べながら
蔵前さんのお話を聞くというトークイベントです。
私は、一応、司会進行役です(笑)。

■日時:7月22日(日)18:30~20:45
(開場18:15、食事は18:30から、トークは19:00からです)

■参加費:2500円(カレー1種、ナン、1ドリンク付き)

 ベジ/チャナ・マサラ(ヒヨコ豆のカレー)、またはノン・ベジ/パンジャブ風チキン・ティッカ・マサラ
で、チラシには書いていませんが、全員プレゼントとして、インド料理レストランのサムラートが販売している「ナン」をつける予定です。できたらカレーも(交渉中)。

メールは、mahaera@hotmail.comまで。

 お名前、人数、連絡先、ベジかノンベジか を明記願いします。


[PR]
by mahaera | 2018-07-22 10:24 | 小田急相模原のはなし | Comments(0)

映画レビュー『バーフバリ伝説誕生』 GW中、DVDで見る

みなさま、GW後半、いかがお過ごしでしょうか?
こちら特に予定も入れず、粛々と家仕事。
せめて、レンタルDVDを借りて2時間の娯楽を自分へのサービスに。
昨夜観たのは、2時間半のインド映画『バーフバリ伝説誕生』。
大ヒット作の、前編の方。
近年は洗練されたとはいえ、そこはインド映画。
ハリウッド映画では見ないような演出やCGの使い方に、はまってしまう。
半分だけ見て寝ようかなー、と思っていたけど、最後まで見切ってしまい、夜中の3時半に、「バーフバリ!バーフバリ!」と大声で叫びたい気分で眠れず(笑)
仕事中なんで、要点をかいつまんで書くと以下のとおり。
ということで、早く続きが見たい!

・最初はラジニ似のこいつが主人公?と思ったが、後半に向けてどんどん格好よくなっていく
・主人公を襲う女剣士をミュージカルの音楽に乗りながら、次々と服を脱がせて化粧までさせてしまう、ありえないけど楽しいシーン。タマンナー、美人すぎ。
・悪人は最初から悪人
・見せ場となるシーンは、何度もリピートさせるしつこさがハマる
・途中で大胆に主人公の話に切り替わり、そのまま前編が終わってしまう。しかも「おい、ここで?」
・悪人が主人公に首切られてしまうところ、不謹慎にも笑ってしまう
・主人公はマッチョだが、母親思い
・カッタッパはいったい何歳?
ということで「バーフバリ!バーフバリ!」が頭の中で渦巻く中、昨夜は寝ました(笑)

[PR]
by mahaera | 2018-05-06 17:10 | 映画のはなし | Comments(0)

最新映画レビュー『ダンガル きっと、つよくなる』 安定したクオリティで、楽しんで感動も!



2016年


監督 ニテーシュ・シュワーリー
出演 アーミル・カーン
公開 2018年4月6日より、全国公開中

■ストーリー
レスリングで、国のチャンピオンにまで上り詰めたマハヴィル。
引退した彼の夢は、自分の息子に金メダルを取らすことだった。
しかし生まれてきたのは女の子たちばかり。
夢を諦めかけたマハヴィルだが、ある日、娘のギータとバビータが
近所の男の子たちを喧嘩で負かしたことから、新たな希望が生まれる。
二人への特訓が始まった。
厳しい訓練に反抗する二人だが、やがて父親の深い愛情を知り、
また勝利の喜びも知り、前へ向かって進み出す。
数年後、国内の名だたる大会に出場している2人の姿があった。
やがてギータは国の代表選手に選ばれるが、
父とは次第に疎遠になっていく。。。

■レビュー

すでに観た方もいらっしゃるでしょう。
地元の映画館では今週いっぱいなので、急いで行ってきた。
ストーリーは単純。
もと国の代表レスラーだった父が、自分が取れなかった
金メダルの夢を子供に託そうとするが、生まれてきたのは女の子たちばかり。
そこで、父はスパルタ教育で娘たちを強くし、
一流選手に育て上げるという話で、しかも実話を元にしている。

最初は馬鹿にしていた村人たちも、
娘たちが勝ち進みだすと賞賛のまなざしに変わり、
反抗していた娘たちも勝利の喜びと父の深い愛情を知り、
前に向かって進み出す。

インド映画でおなじみのミュージカルシーンはないが、
時折挟み込まれる歌が、ストーリーを補完(覚えやすい曲ばかり)。
成長した長女が都会に出て、親離れしていくところは、
こっちは完全にオヤジの気持ちで、時に涙腺決壊。
「頑張れば夢は叶う」という超ポジティブストーリーも、
2時間半の夢を観客に見せてくれる、
映画館の暗闇のマジックを最大限に生かしている。
後ろを振り返ったら、スクリーンを見つめている
観客の顔がみな、幸せそうだったもの。

人権問題に関心を示しているアーミル・カーンだが、
本作はインドの女性が置かれている社会環境にも問題提起をしている。
成長しても、そのまま結婚して家庭に入り、
家事労働するしかない一生を強いられているインドの女性たち。
本作は、自分で自分の道を切り開くことが、
インドの女性たちにとっても夢ではないという、
メッセージも込められているのだ。

映画館を出た時は、頭の中では主題歌の
「ダンガル!ダンガル!」がぐるぐると回っていた。
★★★☆

PS.
映画とは関係ないところで気づいたのは、
2010年のデリーで行われたコモンウェルス大会がハイライトになるのだが、インドにおいてはオリンピックよりも重要な大会ということ。
確かにあの時、インド人、大騒ぎしていたし。
あと、インド国歌を初めてちゃんと聞いたこと。
それとインドでは、官僚は怠け者で仕事をしないとみんなが思っていることだなあ。
[PR]
by mahaera | 2018-04-26 11:24 | 映画のはなし | Comments(0)

2018.03.14 今回のインドの旅の最後の町は、ケララ州のコーチン(コチ)



b0177242_12474814.jpg
今回のインドの旅の最後はコーチン。
もともと貿易で栄えていた港をポルトガル人が占領、次にオランダ人、
そして最後にはイギリス人が拠点を築いた町。
ヴァスコ・ダ・ガマはこの地で病死し、最初に葬られた墓の跡もある。
この町も現在は、メトロを町なかに建設中。
今回行った南インドの主要都市、チェンナイ、ベンガルールもメトロ建設中だった。
インド、変わっていくなー。 
さて、インドの旅も今日で終わり。
順調なら、明日、帰国します!
[PR]
by mahaera | 2018-03-14 12:48 | 海外でのはなし | Comments(1)

ケララ州のアレッピーに来ました。船が運河や川を行き交うバックウォーターエリア


b0177242_02282953.jpg

コヴァラムビーチからトリヴァンドラムを経由して、
バックウォーターエリアのアレッピーへ。
この辺りは、東南アジア的な風景ばかりか、
湿気った空気もタイかインドネシア。

人もマイルドで親切。仕事じゃなきゃ、のんびりしたい。

b0177242_02295726.jpg


[PR]
by mahaera | 2018-03-13 02:31 | 海外でのはなし | Comments(0)

2018.3.9 インド最南端のカニャークマリに来ています

b0177242_10403216.jpg
現在、インド最南端のカニャークマリに来ています。

ここから東がインド洋、西がアラビア海、南は何もない大洋
そして北が広大なインド亜大陸。
ここから南には島もなく、南極までは海というのもクラクラします。

聖地の一つとあってか、とにかく観光客が多い。
そのせいか、物価もやや高め。

夕日を見るポイントで、携帯で恋人と話していたインド人が、
「ここは1リットルの水の値段で、500mlのボトルしか買えない」なんて訴えてました(笑)。
まあ、観光地は世界中そんなもの。

[PR]
by mahaera | 2018-03-09 10:47 | 海外でのはなし | Comments(2)