人気ブログランキング |
ブログトップ

旅行・映画ライター前原利行の徒然日記

mahaera.exblog.jp

タグ:ホラー ( 4 ) タグの人気記事

最新映画レビュー『ヘレディタリー/継承』 よくできたオカルトホラー。後味悪くてバンザイ!


都心では11月30日から公開していたが、なぜか海老名イオンシネマでは先週末から一週間限定公開。という訳で、一部で評判になった話題のホラー映画をようやく見る。
こうした映画は前知識なく見るのが一番いいのだが、簡単にストーリーを。主人公は、街から少し離れた一軒家に住むグラハム一家の中心ミニチュアアーティストのアニー。同居していたその母エレンが死んだ。アニーには夫と息子ピーターと娘チャーリーの家族がいる。エレンは秘密主義で、葬式にはアニーの知らないエレンの知り合いも多数来ていた。しかしそれをきっかけに家族には不思議な出来事が起こり始める。。。。
まだ序盤20分ぐらいのところだが、それ以上は書けません。そのあと、ある悲劇が一家を襲うのだが、その事件が見ていてひえーっとなって、あまりのショックで当事者も〇〇となって、が割と物語が始まって1/3ぐらいのところで起きる。そこからは、もうオカルトもあるが、家族の辛〜い感じになっていく。この辺り、演技力のある俳優と演出力でぐいぐいと持っていく。心理サスペンス的にうまい。
で、実はってそのあとは、エクソシストやオーメン的世界に入っていくのだが、オカルトの範疇に入っていくとちょい冷めしてしまった。いや、怖いんだけどね。やっぱり一番怖いのは、人間ではないかと。しかしかなり良くできた、上品なホラーだと思う。昨年は「クワイエット・プレイス」も、ちゃんとした俳優と演出でやれば上質なホラーがきちんとできるという感じだったし。劇場、緊張で本当にしーんとしてた。そしてとにかく、トニ・コレットの表情が怖すぎ。★★★☆
by mahaera | 2019-01-21 19:26 | 映画のはなし | Comments(0)

最新映画レビュー『クワイエット・プレイス』 よくできたスリラーで、演出もうまい。家族映画としても成立


監督:ジョン・クラシンスキー
出演:エミリー・ブラント、ジョン・クラシンスキー
公開中

人類が何者かの襲来により、ほとんど死滅している世界。
生き残った家族がスーパーで生活必需品を物色しているが、
一切音を立てない。
実は音に反応する何者かがいて、
少しでも音を立てたら襲ってくるのだ。
手話を使い、足音も立てずに暮らす一家。
しかし、妻エヴリンは、出産の時期を迎えていた。。。

アメリカで意外なヒットを飛ばしたホラー。
ホラーと言っても、心霊ものではなく、
「エイリアン」的なSFスリラーだ。
登場人物は夫婦とその二人の子供の家族のみで、
ストーリーは進行する。
設定はいたってシンプル。「音を立てたら即死」というルールがあり、「いかに音を立てずに暮らしていくか」が描かれるが、
その設定を動かすためにイレギュラーなできごとが主人公一家を次々に襲う。
しかし、音を立てない生活をずっと見ている観客もかなりのストレスだから(観客席も音を立てないように静まりかえっている)、危機が訪れると逆にそこから解放されたりもする。

よりによって主人公は出産間近だし、子供達のちょっとしたミスで音が出たり、誰かを救うために音を出して何者かをおびき寄せたりと、ハラハラドキドキの作り方がうまい。
そして、当然ながら劇伴の音楽はほぼないので、ホラー映画にありがちな、突然現れてジャーン!みたいな驚ろかしショックもない。
そのあたりは正統派というか、
上品にサスペンスを積み上げていく

その一方で、家族のドラマもきちんと描かれている
子供を守って育てていかないとならないという両親への重圧。
これもよくできていて、演技力のある俳優がやれば、きちんと説得力があるものだと感心。
監督と夫役のジョン・クラシンスキーはテレビ中心の活躍なので日本ではあまり馴染みがないが、本作でブレイクするだろう。
そして実生活でも結婚している妻役のエミリー・ブラントは、やはりうまい。
とくに感情を押し殺す役はうまいだけに、本作でも彼女の耐える演技はぴったり。
僕は父親のほうに感情移入してしまっていたが。
4人それぞれが、他の3人に対してどんな感情を持っているか、見ていてきちんとわかるのは、演出力のうまさだ。

ネタバレになるので、ストーリーがあまり書けないのが残念だが、『IT』と並び、一流スタッフがきちんと作った上品なホラーで、安っぽいところはまったくない。
残酷なシーンはあまりないので、
ふだんホラーを見ない人にもおすすめだ。
★★★☆

by mahaera | 2018-10-02 08:28 | 映画のはなし | Comments(0)

最新映画レビュー『カメラを止めるな』 この夏、1本ならこれしか選べない!

昨日、僕の周りの40代、50代女性ふたりから、
偶然にも「この映画観た?」と別々に聞かれた
映画ファンの中では話題になっていたが、
ふだん映画に興味のない女性すら興味を持つ映画、
ということで昨日行ってきました、TOHOシネマ日本橋。
というのも、新宿(一番大きい9番スクリーン)も日比谷も満席。
かろうじて日本橋で前から3列目(上映時には1列目まで入っていた)で、ここしか席が空いてなかった。
どんだけの大ヒット。今の段階では、
先日ほめたトムクル作品を抜く勢いの人気だ。

この映画、誰もが口をそろえて言うと思うが、
「とにかく、何も前知識なく、騙されたと思って見てくれ!」だ。
本当は、この先、読まなくてもいい。
というのも、まっさらで映画を見る喜びは、最初しかないから。
『アベンジャーズ/インフィニティウォー』を見た人ならわかるはず。
予告編すら、見ないほうがいい(すでに半分ネタバレしているから)。
ただ、ここには映画の面白さがつまっているし、
映画作りの熱意が伝わるし、
そしてドラマとしての感動もあるのは保証する。

本作に出演している俳優が、ほぼ全員無名なところもいい。
もともと映画学校のゼミのディスカッションから、
俳優に当て書きして行ったとのことで、
すべて無名ながらハマリ役。インディーズ映画だが、
途中でそれすら忘れてしまうほどの面白さ。
3幕構成で、後半は1幕目をなぞりながら違った意味をもたせる妙は、内田けんじ監督の『運命じゃない人』や、『桐島、部活やめるってよ』を前知識なく見た時の、多幸感と同じだ。

コピーにもある通り、前半37分は、ワンシーンワンショットのゾンビ映画だ。
廃屋でゾンビ映画を撮影している撮影スタッフに恐怖が襲いかかるという、もう何度も見た低予算映画風のスタートだ。
ところが、途中から、「あれ、今の失敗?」「今の間はなんだったんだろ」と引っかかるポイントが登場。
しかし、強引とも言えるスピード感で、それを思いつつも37分のゾンビ映画が終了する。
ここで、絶対に間違えて席を立たないように。
そこからドラマが始まる。

妥協まみれの現実の中で娘を思う愛情だけは人一倍という映画監督、
役に入り込みすぎる母、
映画作りの熱意が時には暴走してしまう娘という映画一家のほか、
現実にいそうな何も考えていないプロデューサー(三谷幸喜イズムのキャラ)、
繊細な俳優たち、すべて愛すべきキャラで、
ある意味『ラジオの時間』の映画版だが、それを超えるエネルギーがあると思う。
それはあちらがベテラン俳優たちを起用して余裕あるお芝居を見せてくれたのに対し(それが悪いわけではない)、こちらは100%感を感じさせるから。
とにかく次から次へと起きるトラブルに笑い、それをクリアする姿に感動する。
まちがいなく、今年、ベストテン級の作品。
★★★★

by mahaera | 2018-08-13 09:36 | 映画のはなし | Comments(0)

映画レビュー『ヴィジット』 突っ込みどころはあるが、シャマラン節がたまらない



M・ナイト・シャマランの新作『スプリット』が面白かったので、前作『ヴィジット』を借りて観る。
90分台と短いのも潔くて良い。いつものように突っ込みどころも満載だが、観客のミスリードもうまい。
だけど理屈っぽい人とか、根が真面目な人は
シャマラン作品は楽しめないかも。

主人公は15歳の映画好きの姉と13歳のラップ好きの弟の姉弟。
数年前に父親は他の女と出て行き、今は母子家庭。
働きずくめの母親を楽させようと、子供達だけで音信不通だった
祖父母の家に一週間お泊りに行くことに。
母親は若い頃に交際を反対されて家出して以来、
祖父母とは縁が切れている。
姉は今回の旅の一部始終をカメラに収め、映画作りをすることに。
テーマは自分の家族だ。
田舎の一軒家に住む祖父母はやさしく子供達を迎え、
何の問題もなく一週間が過ぎるはずだった。
ところが、次第に祖父母の奇怪な行動が目立つようになってくる。

「ブレアウィッチプロジェクト」から始まった、
ホラー映画では常套手段とも言えるPOV(主観ショット)映画。
本作では姉と弟が映画を撮っているという体なので、
2ショットの切り返しがある。
ということは、“すでに編集された映像”ということで、
そこに抵抗がある人がいるかもしれない。
また、普通に怖いとこでは映画的な効果音もある。
しかし、きちんとエンディングもあることで、
これは姉が「家族の再生」というテーマを持って編集した“作品”なのだ。

毎夜、家を徘徊する祖母、時々言動がおかしい祖父。
でも「老人だから」多少、ボケたり、物忘れしたり、
言動がおかしくてもしょうがないということが、
主人公たちや観客をミスリードしていく。
期待される“どんでん返し”は、さほどでもないが、
全体に丁寧に作られているので、ダレることはない。
ホラー映画にありがちな「この状況でそれはしないだろう」的な
突っ込みどころもあり(ワザとだと思う)、盛り上がる。
で、最後まで見ると、怖いシーンだけでなく、
ちゃんと家族の愛情の話になっていることがわかるだろう。
愛してくれた父親に捨てられたことから自信がなくなり、
カメラを通した映像で心情を表現しようとする姉。
生意気で最初に好きになれないキャラの弟も、
自分の失敗で父親がいなくなったと思い込んでいる繊細な面がある。
母親も両親が自分を愛していないのではないかと悩んでいる。
それを克服したのが結末なのだ。
弟君のラップは、うまいのかヘタなのかはわからないが(笑)。
★☆

by mahaera | 2017-12-15 12:54 | 映画のはなし | Comments(0)